バルサキット開発着手

 🔨 03W クラス  (W=Weight) 重さの意・・・。
● 03Wクラスとは、(0,3㎏=300g)・・・全備重量が300グラム前後の機体の事です。その範囲は280g~320g・・・、搭載メカは2ch限定です。世の中・・・きつ過ぎる二段上反角(ポリへドラル翼)の軽量ハンドランチ・グライダーが当たり前になってしまい、本来のグライダーの形状を忘れているモデラーさんが多く見られます。

● 片翼の上反角がたったの度ですかァ?・・・安定悪そう・・・。そうでしょうか・・・。全長900mm・翼長1800mmのグライダーの上反角が度・・・。翼型(ラムロット改・最大翼厚%)・・・標高5メートル程度の土手スロープ、風速1メートル(微風域)でも普通に飛行出来る・・・しかも・・・走る!。従来のフリフリ・ヒラヒラの軽量ハンドランチ・グライダーとは一線を画す・・・、実機グライダーらしく、優雅なソアリングを身近で・・・それも水平飛行は眼前をパスしていく・・・。こういう楽しさが有ってもいい時期に成って来たとも言えます。

● キット内容は、主要な材料を(1,5mm・2,0mm・3,0mm)に限定します。他に機首のコーンブロック・翼端ブロックはパーツとして入るでしょう。バルサシート自体を冶具として機能させ、組めるモデラーさん向きのキットになるでしょう。入門して来る初心者さんには、組めるモデラーさんが指導してあげて下さい。昭和40年代の飛行場には沢山いた(ほっとけクラス)のモデラーさんみたいに・・・。

● 機種は近代第二次大戦の戦前・戦中・戦後に存在した実機ソアラーを、飛ばし易くしたセミスケール機です。そのまま素直にキットを作れば、本来の性能は充分持っています。飽き足らないモデラーさんは、性能を落とす様な無茶な改造をしなければ、実機に近いフォルムに出来る基本構造を最初から設定してあります。

● 昭和の有名なメーカーとして大戦スケール機のバルサキットを多く販売していた生田無線・・・丸鷹・・・は、多くのスケールモデラーを魅了しキットを更にドレスアップするモデラーや、キットで得た知識を元に自作の花道を突っ走るモデラーさんまで育てました。グライダーの世界においても、一条さんのガルモデルから販売された多くのグライダーキットは、言わばほっとけクラス以上のモデラーの製作技術を向上させたメーカーだったとも言えるでしょう。

● ネット掲示板のネタにと・・・ガルモデルのグライダーをオークションで安く落札して自慢げに紹介しても、ARFから入門したモデラーさんは、一条さんの手書きの原寸図が読めないから完成しません。結局・・・ネットに溢れる他人の画像を上手く加工して、製作過程をちょくちょくお仲間掲示板にアップする羽目になります。現在・・・此れに該当するモデラーさんは、ガルモデルキットの最大の難関と言われた胴体側板の工作の仕方を此方で閲覧されてから、オークションで落とした難攻不落のガルモデルのキットと対決して下さい。

 🔨 07W クラス (全備重量・650~750グラムの機体)

● バルサキットを計画中・・・と記載しただけなのに、発売はいつ?に始まり・・・機種は何?・・・。皆さん・・・世の中にバルサキットは星の数ほど有るのに・・・。メールがどっとやって来ました。出来れば・・・最初は・・・アーりーさんで!・・・???。此方の予定では、ハンドランチサイズから・・・って思っていたんですが、モデラーさんの多くが(EBシリーズ)を欲しがっていたとは・・・、困惑の誤算でしたよ。

● アーリーバードは、後部胴体がトラス構造なので、組み立ては簡単そうに見えますしテールヘビーに成り難い反面、バルサキットを組めるモデラーとトラス胴体を組み慣れた自作モデラーには簡単でも・・・初心者には大変な難関作業に成ります。ここをどうやってクリアするかが、あーりーさんをキット化する課題でしたので、今まで保留にしてあったのですが・・・。今回発売に向けて此方を先にバルサキット化します。

● 予定価格の上限を(¥10000)として、何処までコストのダウンを・・・。とは、聞こえが良く・・・期待過多になっても困るので、予定価格をオーバーしない様に努力しましょう。何せ・・・大手メーカーみたいに数千機分製作してコストダウンなんて出来ませんので、数十機単位での販売を目指しています。大手メーカーには無い特色をふんだんに使ってキットを作ってみましょう。

● 胴体側板の後部トラス構造を冶具を使って組み立てますが、多分・・・自作する時の手助けに成る様な組み立て方法ですから、キットを購入するか否か・・・ご自分でお考え下さい。ただ・・・手切りでは組めない精度のレベルなので、レーザーカットのデメリットをなるべく露見させない工作精度と組み立て方法となるでしょう。

● 本機(Early-Bird)には、初期型・大観峰仕様(ケストレル165)・平尾台仕様(ケストレル180)・東北福島仕様(フライキャッチャー165)の三種類がありますが、この原型機を元にして新型(Early-Bird Ⅳ型)を設計します。正確に組み立てる楽しさと削る楽しさの両方を一度に味わえるバルサキットになりますよ。

● このアーリーバードには、製作上の世界共通ルールが存在しています。機体番号が続き番号に成っている点です。生地完成セットでもバルキットでも、同じ機体番号がありません。機体を購入されるとキットの箱には機体番号が記載されていますが、同じ機体番号がキットには入っています。

● 機体が完成したら機体の完成画像と飛行画像を当工房に送って下さい。機体番号で顧客登録いたします。予定では機体番号(03-863~・・・)からのスタートに成ります。キットを再販する毎に、この機体番号は続きます。お近くのお仲間さん同士で飛行隊を結成されて楽しんで下さい。これが大観峰飛行隊(D・S・Q)のルールです。上級者は初級者のモデラーさんに指導をしてあげて下さい。これが大観峰でのルールでしたので・・・。

● 本機発売の予定は、来年三月の初旬です。もっと早くなるかもしれません。発売は(じげもんドットコム)地元南島原市・口之津町・ネット世界の栄町商店街から発送します。まだ・・・人口が13000人位いた時代の地元の一番繁栄していた商店街でしたが、時代の流れで・・・寂れているのが現状です。今の人口は約半分・・・。野良猫・飼い猫・化け猫が放し飼いの我が町ですので、猫好きさん遊びに来て下さい。(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)