Always 空野式・機体構造の正しい考察

 ● 空野彦吉さんの作られる機体構造は独特です。しかし、其れは・・・ラジコン飛行機の基本構造に慣れ親しんだモデラーさんが、そう感じているだけで実機の構造と然程変わらないので、実機の内部構造体を知っているモデラーには何の違和感もありません。

 ● 空野さんの機体構造の製作方法が、飛行場で話題に成るのは昔も今も同じです。ただ・・・殆どのモデラーさんが、ラジコン技術掲載の製作記事の内容を誤った認識で知識としてもっておられる様ですね。「上半分の胴体と下半分の胴体を別々に作ってから、最後に合体させればええんやろう?。簡単やんか!胴枠は単純にまん丸やし!・・・。」ってな具合の回答が殆ど・・・。

 ● ただですねえ・・・。この回答してるのは、平成のインターネット普及後のモデラーさんにとても多いです。揃いも揃って、同じ回答・・・そして、同じ間違い・・・よって、同じ失敗・・・。最終的には、空野さんの機体は欠陥機!とまで言い切る始末・・・。こういうモデラーさんがネットの神と崇められると・・・、新しくラジコン飛行機に目覚めた初心者さんは、疑う事無く、この神の言う事を鵜呑みにしてしまう・・・。恐ろしいなあ・・・。ネットの世界って・・・。

 ● 手持ちの古~い製作記事が見つかったので、抜粋して掲載します。「上下別組み胴体?・・・。ワシ!何処にもそげな事、書いとらんぞおお!。」っと空野さん・・・憤慨しとりましたよ。文章読まなかったネットブログの教祖様!・・・似非神様のままだったら何れ信者は離れて行きますよ。ネットブログの教祖で居たかったら、正しい知識を身に付けましょう。と!言うよりも、空野さん自身が書かれた記事を丸暗記した方が良いと思います。理解しようがしまいが・・・とにかく、丸暗記して信者さんにお説教して下さいね。

● 何故、主翼の翼端エルロンを固定にするのか?・・・。何故、強い後退翼・・・大きいテーパー比なのに捻じり下げが必要無いのか?・・・。空野さんの解説は、実に解り易い・・・。ネットブログの教祖様!・・・勘違いのままの知識を正すのは勇気が要りますなあ・・・。せっかくの大勢の掲示板の信者さん達・・・失うかもしれません。でも・・・正しい教えを信者に伝授するのも、教祖の務めですよ。普通に飛行機が飛ばせる人なら、普通に理解できると思いますよ。この記事はミレニアム西暦2000年です。

● さて・・・「胴体は上下別々に作って、最後に合体・・・。」・・・出来ますかねえ?教祖様!。エンジンはサイドマウント・・・。完成胴体を上から被せるって、羽目殺しの胴体を上から被せて、エンジンマウントを確実に接着出来るんでしょうか・・・。胴枠は確実に半円同士で接着できますかね?確実に強度を持たせた状態で・・・。教祖様の御説通りなら、メカハッチは合体後に上部胴体のプランクを破って作るんですか?。スチレンペーパーじゃないから難しいでしょうなあ・・・。特に信者さんの中に居る多くの初心者さんには・・・。

● 正確には、定盤の上で胴体の下半分を作ります。この時、主翼も一緒に作ってしまいます。エンジンマウントは、バルサのカウリングと一体型・・・。主翼はメインスパー無しのバルサフルプランク構造です。当時の工作ならば、左右の主翼は、中央翼リブ同士を直接エポキシ接着で合体してます。そんなベタ付けで持つ訳が無いから、教祖様ならグラスを巻いて・・・って信者さんに説かれるでしょうなあ・・・。でもね・・・必要無いですよ・・・。

● 下側の組み上がった胴体に、一体に仕上がった主翼を埋め込む!・・・が正解です。胴体の外皮バルサと胴枠でガッチリと主翼を固定するので、グラス補強は必要ありませんよ。作図しておいた各胴枠の上半分を其々下半分の胴枠に接着します。主翼上面は、下面同様に胴枠は主翼のカーブに合わせて削り取ってから接着します。

● ラジコンメカを搭載する部分のプランクはせずに、それ以外の胴枠上をプランクするんですが、この時に図面上で求められたリンケージの配管位置に必要な孔を開けてパイプ等を通してからプランクした方が確実です。ただ・・・空野さんは、直径3mm程の長いピアノ線の先に、千枚通しのキリの先を溶接して穴開け工具を自作されたようですよ。プランク材も胴枠材も全てバルサ材だから、簡単に穴開け出来る専門工具とも言えますなあ(笑)・・・。

● 主翼の翼端エルロンを固定して、フラップとエレベータをミキシングする相反エルロンのリンケージです。左側の二つ並んだサーボが、フラッペロンとエレボンのミキシング機構です。動きは教祖様にも理解できる筈ですよ。ただし・・・現在は西暦2000年当時よりも更にサーボが小型に成ってますので、動翼一面に一個のサーボ・・・って考えるのが普通ですが、水平尾翼の専用サーボ搭載しても・・・確実に重量だけが増えてあまり意味が無い気も・・・。

● リンケージは確かに簡単ですが、サーボ二個分増えるのは、重量増加だけではありませんよ・・・。消費する電力も増える。空野さんの1970年代の一号機は、スライドサーボ仕様のアナログミキシングでしたが、そらもう!・・・此れよりもっとメカニカル!。消費電力だけでも馬鹿に成らず、燃料タンクは小型で対応。数分飛ばせばエンジンストップだから、強制的に着陸です。よって電池切れのノーコンも回避・・・。

● ならば画像のリンケージの方が確実ですよ。リンケージがアナログっぽいですが、サーボは二つで充分ですし、ミキシングも一種類で良いし・・・。
 
● 空野さんは一つの機種に対してスケールサイズの違う機体を多く製作されました。左は1/14,3・09エンジン仕様機です。製作記事の例題機ですね。右側は1/12,5・45エンジン搭載機です。スケール的には僅かに大きく成っただけですが・・・そのハイパー振りは・・・VHSテープの古い動画ですが・・・まるで実機の様・・・。ローパスからの急上昇!そのまま垂直上昇ロール・・・。

● 翼端エルロンを固定して、フラッペロンとエレボンを連動するコントロール方式・・・。私は、スロープ機で多用してますが・・・、YF22・ライトニングⅡが・・・異次元飛行してますよ。ただし・・・風速10m以上の大観峰サイト限定ですけど(笑)。

● 飛行機画像を見てテーパー比の大きい主翼なのに、捻じり下げの要らない理由をもう一回記載します。主翼のフラップが下がった状態でエルロンがニュートラルで固定されているという事は、言わば捻じり下げを付けた主翼の状態と同じだっていう事です。よって着陸する時に、エンジンを絞りフラップを下げると機首が上を向きます。エレベータと連動してますからね。もし!フルエルロンなら、翼弦の短い翼端側も同時にフラップが下がるのでテーパー比の大きい主翼は翼端側の気流の剥離が早いので、翼端失速を起こしてしまいます。よって、着陸中にロール軸に傾いて気流が剥離しているので失速してますから、抵抗板の効果が期待出来ません。

● しかし、翼端エルロンがニュートラルで固定されている状態ならば、機首上げ状態でも気流は剥離しておりませんので、まだ失速状態には達していません。よって揚力は残っています。ただし・・・ニュートラルで固定してあるので動きません。だったら横安定が悪く成りますよね・・・。フラッペロンの作動だけでは反応が鈍い・・・。そこで、相反エルロンの出番です。フラッペロンにミキシングされたエレベータが、左右のフラップに連動してエレボンの動きをします。フラップの横安定の反応の鈍さを、左右の水平尾翼が交互に上下して補う機構・・・其れが相反エルロンなんですよ。

● この相反エルロンなんですが、スパンが短く主翼後縁の動翼面積が小さい近代のジェット戦闘機では当たり前の機能です。音速飛行時は、小さい動翼でも充分反応は良いですが、着陸で減速するとスパンが短い程左右の安定は悪くなりますよ。模型のラプター・・・着陸でぐらついてナイフエッジ状態で地面に接地!・・・。ノーズを叩いてバラバラに・・・。操縦が下手くそだから・・・じゃ無いですよ・・・。飛行機の特性ですからね。そういう経験のあるモデラーさんは、翼端エルロンを固定してフラッペロンとエレボン仕様に変更してみましょう。プロペラ仕様でもDF仕様でも、横安定が格段に良く成ります。

● この翼端エルロンを固定した実機戦闘機の例題として、F-4EJファントムが挙げられます。ファントムの動翼は、主翼の内翼に集中し、外翼には付いていません。ファントムの歴史は大変古く、ベトナム戦争では実戦使用された事から、その20年前には既に研究開発されていたと思われます。実機戦闘機が量産されて部隊配属される前には、量産型試作戦闘機が耐用年数テストを十年以上行っています。よって、この相反エルロンのコントロール方法は、大戦後もしくはそれ以前から既に研究されていた技術だと推測できます。

● ファントムは陸上離着陸の戦闘機だと認識されたモデラーが殆どだと思いますが、現実には空母搭載の艦載機として開発されました。自衛隊のF-4EJを見ても解る様に、機体の後部にはアレスチングフックが搭載されています。此れは空母に着艦する時に、ワイヤーに引っ掛ける為です。ただ・・・別の使用目的もありますよ。陸上滑走路に着陸する際に、フットブレーキが故障している時、もしくはドラッグシュートが開かない時に、オーバーランが考えられます。そういう場合に備えて、滑走路の端っこには緊急用のヒットバリヤーが空母と同じ様に備えてあります。私の勤務していた築城基地は、滑走路の東側が海に面していたので、東側のオーバーランは海ポチャ・・・、西側のオーバーランは、国道10号線を塞ぐ可能性の事故・・・。どちらも大惨事ですので、対策は空母並みに充実していました。

● ファントムの相反エルロン機能ですが、主翼の場合は翼弦の割には広いフラップと、そのヒンジ付近に後縁が来る翼上面のみ作動するスポイラーが装備され、左右のフラップとスポイラーが交互に動いてエルロンと同じ動きと成っています。此れに下半角付きのフライングスタビライザーがエレボンの動きを行い、相反エルロンとなります。艦載機ならば外翼にエルロンを付けた方が安定は良さそうなんですが・・・外翼の厚みは10センチ強しか無いですし、艦載機のリフトに載せる為には外翼を折らなければなりません。翼弦の広過ぎるフラップは、艦載機にとっては有利かもしれませんね。

● 艦載機の着艦は、陸上滑走路での着陸とはエンジンの推力の使い方が違います。もし、着艦用のワイヤーにフックが掛からなかった場合は、フルパワーで加速して離陸しなければなりません。よって、何時でも加速できる推力を維持したまま、スピードブレーキで無理やり抵抗を付け着陸進入して来ます。よって、幅の広いフラップと反応の早い空戦フラップ機能は、艦載機にとっては必要な機能と言えます。

● この実機の機能をいち早く模型機に採用する空野彦吉さんは、素晴らしいと思いますよ!ネットブログの教祖様!。動力付きの模型機ならば、殆どの機体がこの相反エルロンは使えるとは思いますが、大手メーカーの初心者対応機種に搭載しても、あまり効果はありません。むしろ・・・搭載すると、本来の自律安定能力を邪魔する機能とも言えますので、何でもかんでも相反エルロン搭載・・・は止めた方が良いですよ。初心者対応のパイロットジュニアに搭載してもねえ・・・元々が自律安定性抜群の機体ですからね。意味はありません。ただ・・・こういう改造をしたがるモデラーさんは、初心者さんに多いです。ブログの目玉!閲覧者には興味津々の機能ですからねえ~・・・。もし、ジュニアで相反エルロン機能を意地でも搭載したいのなら・・・自律安定性能を取っ払う改造をジュニアに施さなければ、相反エルロンの効果は期待出来ません。よって・・・初心者には飛ばせない飛行物体に成るかなあ。

● 最後に・・・自衛官時代のエピソードを一つ・・・。在隊中に、整備員の移動訓練で岩国の海兵隊基地へ出向しました。日本国内に在るんだけど、基地の中はアメリカです。海軍仕様のスカルマークのファントムがゴロゴロ駐機してます。お!海兵隊のファントムが着陸して来ました!。ありゃ?何だ?・・・空中戦でもしてきたのかあ?。腹下のパネルがぶらんぶらんしてます。格納庫に入ったので見に行きました。・・・そして、驚いたあああああ!。自衛隊のファントムと同じ場所のアクセスパネルなんですが、たしか・・・ビス15本で固定されてるパネルが、一本だけでかろうじてぶら下がってます。腹の下を見廻して更に驚いた!。他のパネルも、数本のビスしか締まってませんでした。実戦使用のファントムの現実を垣間見た思いです。

● 仕事終わりにちょこっと運動・・・。基地の外周をジョギングします。海軍は時計回り・・・駐在自衛官を含む移動訓練の要員は、反時計廻り・・・。その理由を駐在の上官に尋ねたら・・・にんまりしながら「走ってみれば解るぞ!良い事有るから・・・。」と言いました。三千メートル級の滑走路を含む基地なので、築城と広さは変わりません。ざっと!基地一周10キロあります。滑走路側の外周は海岸沿い・・・向こうからアメリカ兵が走って来ました。良く見ると女性兵士・・・。上官の言ってた良い事の意味・・・良く解りました。金髪のグラマー美女二人が、此方に向かって陽気に右手を挙げてます・・・。上官がハイタッチ!私も釣られてハイタッチ!。まあ男性兵士も女性兵士も陽気にハイタッチ!・・・。実は上官の良い事って別に有って・・・。金髪のグラマーな女性兵士・・・。グラマーだから・・・胸も・・・〇〇い!。二十代前半の私には・・・実物のグラマーさんは・・・強烈でしたよ(にま~・・・)。思い出すだけでも、にまあああああ!。

● 宿舎は別々だけど、食堂は共通・・・。此処でも驚いた・・・。まあ・・・強烈な料理の内容に・・・。ぶ厚いステーキ・どデカいハンバーガー・・・、フライドポテトなんか、ファミリーマートのフライドポテト・ラージサイズの10倍は有る・・・。こんなの毎日喰ってるアメリカ軍は・・・凄い!って思いながら、体格サイズだけは米兵並みの私は、全部食べましたけど・・・。

● 売店が・・・また・・・凄い!。雑誌が・・・プレイボーイは無修正・・・。アイスクリームはバケツみたいな容器だし、それでも一番小さいサイズで、コンビニ売りのレディボーデン位あるし・・・一つ買って宿舎で食べたら想わず仰天!。何だ・この甘さはあ?。まるでショートケーキのクリームみたいに甘ったるい・・・。半分も喰えませんでした。という事は、クッキーもチョコレートも・・・同じ。チョコレートの甘さの表現で一番近いのは・・・コンビニでも売ってるスニッカーかなあ・・・。当時はまだスニッカーの国内販売はありませんでしたけど・・・とにかく甘過ぎた・・・。国内で売られてるアメリカ生まれのスニッカー・・・て言ってるけど、甘さの度合いは、本国モノより抑えられてます。もう、40年近く前のお話・・・。フライドポテトは大好きだから、アメリカンサイズでも喰えますが・・・、バケツみたいなアイスクリームは、二度と御免ですなあ・・・。