● 業界人のボヤキ    別名、編集後記とも・・・言う・・・。

● 当工房に有るラジコン技術誌・・・40年分・・・。今から8年ほど前の事・・・。ラジコン技術誌の当時の編集長(H氏)が、今のラジコン技術は面白く無いとボヤいてました。何処も彼処もARFだらけ・・・。完成品の最終組み立て・メカ済み・調整込みの飛ばし方ばっかりで構成された記事内容を、毎月毎月編集して販売する虚しさに遣り甲斐を見出せなくなる自分が怖い・・・と言ってました。

● 編集長と私は同世代・・・。学年ならば編集長が一学年上です。同じ様な模型歴を持っていました。掲載するモデラーオリジナルの製作記事は、どれも昭和の偉人達の記事・・・。21世紀らしい新しい考察を持った新人類を期待していたけど、中々そう簡単には現れてくれないのが悲しいそうです。

● 40年分の雑誌を年度毎に積んで・・・飼い猫にゃん太のピアさんにどれを鼻先で嗅ぐか試した所、2004年のブロックの匂いを嗅ぎ・・・頭を擦り擦り・・・。おお!この年度に何か面白い記事でも有るのかと、見落とした面白い記事を求めて一月号から順を追って見ていたら・・・。

● 2004年4月号・・・ニュルンベルグのモデルショーの記事が載っていました。模型はどれもこれも進化したなあ・・・って思います。特にヘリコプターは、エンジンクラスもモータークラスもメカニカルで素晴らしい・・・。飛行機もARFだから、購入してプラモデルみたいにビスで留めてメカ積んで・・・完成!。

● で!取材したラジコン技術誌の写真毎のコメント・・・。特に印象的だったのは・・・スペインのバルサキットのメーカーさんのブースについてのコメントの内容が、その後の世界中のバルサキットのメーカーさんの未来を暗示するみたいな内容でした。世界中、何処のお国も少子化が進み・・・、一頃のうじゃうじゃ居た若年ラジコンモデラーの少なさ・・・よってトイラジ感覚で本格的なラジコン模型を親に買ってもらう・・。いや!高額過ぎて子供には買えないレベルの模型が増えてしまった状況です。

● 世界中の若年モデラーが部品を組んで組立てるバルサキット自体を、興味の対象から外してる現状が有る様です。このスペインのバルサキットのメーカーブースに足を止める来場者は、殆どいなかった状況に苦言とも取れる内容のコメントでした。幸い・・・当工房のバルサの生地完成品は一頃の勢いはありませんが、少数ながらも売れている実態があります。
 

● このまま・・・本当にバルサキットは無くなってしまうのか・・・。カンナ屑やバルサの粉を出しちゃったら嫁さんに殺されるううう!って言い訳してるモデラーさんは、奥さんの性にしているだけで本当はキット作るのが面倒臭いだけだと思います。メーカーさん発売のバルサキットが少なくなり、機種の選択が昭和の時代よりも減って来たのは仕方がない事だと思います。自分の目当てのキットが無いから、自分で自作する・・・。何やら・・・大戦後の昭和の復興時期の状態に原点回帰したみたいですね。

● 皆がやってるから俺も始めてみようかなあ~?・・・のレベルの一過性のモデラーさんは、ブームが去ると模型作りも興味の対象から外し、また別の趣味を見つけて行きます。ネットショップも然り・・・ブーム全盛には掃いて捨てる位に沢山存在したのに、今は商売から撤退し・・・、本業に戻って、また普通のラジコンモデラーになった人も少なくない・・・。大手メーカーよりも安い価格で、中華の製品を個人輸入して売り捲ったモデラー諸氏・・・。大きく儲けたら税務署に目を付けられる・・・。非課税に成る様に毎月の売り上げを調節して販売・・・。この行為が蔓延しちゃったから・・・購入するモデラーには良いけど、個人営業の老舗の模型屋さんまで廃業に追い込まれてしまいました。

● ラジコン技術誌も薄~く成っちゃったし・・・、スポンサーと成っていた大手メーカーさんの数も減った事実・・・。索引のページ見たら直ぐ解ります・・・。RCAWだって毎月号だったのに、ブームが去ると隔月号になったみたいだし・・・。ラジコン技術誌が再び盛り返す時代が来るとしたら、第二次大戦から日本が復興した高度成長期のあの段階の時代にもう一度戻る事が必要です。今回の航空法規改正・・・、国が介入した今後のラジコン模型の行く末・・・。自作モデラーが増えるとメーカーさんも盛り上がる。新時代のルールがモデラー諸氏に浸透したら、再びラジコンブームが来るでしょう。それまでは、日本中の自作モデラーさん!頑張って飛行機を作って下さいね。(2017・10・28記載)

  もっと・・・良い協賛品、持って来い!(今から10年前のお話・・・)

● 上記の文言・・・個人主催のお仲間飛行会で、実際にモデラーさんが私に言い放った言葉です。この協賛品なんですが、飛行会主催者自身が、手持ちのキットやパーツ部品を持ち出しでお楽しみ抽選会の商品にしていました。会を重ねる毎に参加人数も増加し・・・遂に持ち出しの品も切れ・・・、主催者側として思案した結果・・・大会一週間前に主催者ご本人から電話を貰いました。「とんびさん!もう僕の商品在庫・・・ネタ切れです。助けて下さい・・・。お知り合いのメーカーさんから何とか協賛してもらう訳にはいきませんか?。無理なお願いだって事は充分解ってるんですが・・・。」

● この主催者さん・・・メーカーから協賛品を貰う手順を知っています。ただ・・・彼の主催する飛行会は、九州全体から見ればネット世界ではメジャーなんですが、所詮個人運営の単なるお仲間飛行会のレベルです。大手メーカーから協賛品を貰える様な規模の大会でもありません。まあ!彼の大会のコンセプトを私自身は理解していました。気負いの無い自由な飛行会・・・。ドロドロとした派閥みたいなものを無くした和気あいあいのひと時・・・。そういう雰囲気に賛同したフライヤーさんが集う飛行会は、新しいグループの形にも思えたので、古巣のメーカーさんやお友達のメーカーさんに連絡して、業者価格で品物を集めました。

● メーカーから貰える協賛品というのは、本来・・・地元のモデラーさんが集う模型店のオヤジさんが、メーカーに対して大会を行いますから協力して下さい!と、正式な書類(協賛願い)を提出する所から始まります。メーカーさんではこの大会が、模型業界にとって有意義な行事なのか否かを審査します。全てが社長の判断です。有意義と認められれば、大会の数日前には模型店のオヤジさん宛てに、問屋を通さずメーカー直送で協賛品が届きます。もし!認められなければ・・・、協賛品は届きません。

● ところが!・・・このメーカー・問屋・模型店の三本の矢の法則が崩れる事態と成りました。業界とは一切無縁の大手量販店が模型業界に目を付け参入して来ました。大手の量販店は、独自のルートを使い安く仕入れて、定価よりも安い割引価格で大量販売するので、個人経営の定価販売の模型店は太刀打ち出来ません。時代の流れで・・・個人経営の模型店は、どんどん潰れて廃業するしかありませんでした。

● 大手の量販店は、個人経営の模型店みたいに、日頃の感謝をこめた飛行会なんか主催しません。薄利多売が主たる運営ですから余分な経費は使いません。モデラーにとって、ラジコンは個人経営の模型店よりも安く手に入る様になりましたが、大会が無いので自分の技術の向上を自慢できる機会も失いました。

● そして・・・平成のインターネット普及全盛期のラジコン業界・・・モデラー自身がお小遣い稼ぎに始めたネットショップに振り回されて、量販店の安売りも太刀打ち出来ない価格でモデラー自身が販売・・・。非課税の範囲に儲けないと課税されますから・・・。こうなると・・・ローカルの大会すら数が減り・・・。更に言うなら・・・もう無法地帯・・・。ルールなんて無いに等しい・・・。人身事故・物損事故・・・恐喝に、窃盗に・・・。憂さ晴らしのネット内他人の塀に個人攻撃の落書き・・・。来るべき事態が来てしまって空物ラジコン該当の航空法改正・・・。ラジコン技術の歴代編集長。RCAWのヤマヘンさん達が、編集後記で記載した苦言が・・・その数年後、本当に来てしまった事態となりました。雑誌を買ったら・・・必ず編集後記を真のモデラーなら読むべきだ!。業界や模型界の世界情勢を良く知る人達の苦言に耳を貸してれば、今回の法規改正は此処まで厳しく無かった筈ですよ。

● こういう時代になってしまったので、後はネットのお仲間さん集めて個人主催のラジコン飛行会・・・。お友達から有志を募って商品を集めないと、目玉のお楽しみ抽選会は行えません。別に無くても良いとは思うんですが、少しでも昔の雰囲気を味わうならば、このお楽しみ抽選会は飛行会から外せないプログラムの一つです。

● 主催者に頼まれても・・・大会まで一週間しかありません。業界の習わしならば・・・協賛願いは大会一か月前には送らなければなりません。ラジコン技術に掲載されるクラブ大会には、大手のメーカーさんは協賛しています。何故なら・・・大会役員が模型業界のルールに従い書類を提出しますし、毎年同じ時期に必ず開催すると恒例行事なので業界全体からも信頼されます。大会終了後は、お礼の直筆の手紙を結果報告と共に役員自身が協賛してくれたメーカー其々に個別に報告します。

● こういう一連の正式な手続きを踏まないと、協賛品が貰える機会なんて無いと思って下さい。この時・・・私は知り合いのメーカーさんに其々ファックスで連絡して、業者価格で商品を其々注文しました。こういう人物の毎年恒例の飛行会の商品にしたいから!という一文を添えて・・・。次の日・・・其々のメーカーさんから私の携帯に着信がありました。主催者本人の大会の主旨も理解した!有意義な大会と判断したので協賛します。・・・大会二日前に各メーカーさんから正式な協賛品と書かれた商品が届きました。

● 大会前日に主催者本人と会い、正式な協賛品であると伝えて品物を渡しました。急な要求でしたので、なるべく手持ちの資金が高価に成り過ぎない様に、商品を沢山購入したので、グッズもキットも数千円の物ばかり・・・。しかし、購入予定の三倍近い協賛品を貰えたので、多くのモデラーさんに渡る様にとの社長の気持ちに感謝していました。

● 飛行会も無事に終了し・・・抽選会も全員に何かの商品が当たり・・・外れクジが無いのがこの主催者の飛行会の良い所でした。そして解散・・・。多くのモデラーさんは帰路につきました。さあ!私も帰ろうと荷物を積み終えて、車に乗ってエンジンを掛けてタバコを一服・・・。そこに・・・大会出場のモデラーさんがやって来てこう言いました。「あんたさあ!元大手メーカーの社員だったんならもっと!高価な協賛品頼めよ!こんな安っぽいキットなんて、オークションで売ったってタカが知れてるだろう!。そういう能力の無いアンタなんか、この大会には不必要なんだから・・・。この大会に参加したいんだったら、もっと!頭を使え!もっと勉強しろ!って言ってんだよ。」

● 主催者も居なく成ったから・・・それを見計らっての暴言・・・。この人・・・この主催者のページの掲示板では、自分は特別って勘違いしてる人です。所謂・・・ブラックマウンテンキリシマ(黒霧島・ミ・ツ・イ)のお仲間さん・・・。こういうお馬鹿さんが普通に存在してる個人主催の飛行会だったんですよ。・・・ああ!シャクに触るうううううう!。それ以来・・・この個人主催の飛行会・・・参加してません。だって・・・協力してくれた大手メーカーさんに何て言ったらいいだろうか・・・。そんなに高価な協賛品が欲しいんだったら、自分で頼んでみろ!ただ・・・素性の知れない単なるモデラー風情に、大手メーカーの社長さんがホイホイとタダで商品渡すとは思えない・・・。

● 「ファックス一枚・・・メール一本で、飛行会やるから協賛して下さい。5万円の商品5個と3万円の商品5個と後は適当にタオルとかTシャツとか安っぽい参加賞人数分、50人は来ると思いますから・・・って、顔も解らない人間から要求されたって、どう信用したら良いんだよ・・・。業界のルールも知らないで、何ちゅう要求してんのやろう・・・。こういう名前のヤツ、トンビは知ってるか?。」名前を聞いて・・・ああ!アイツかあ・・・。50人の大会・・・今回の大会・・・暴言の主さんでした!・・・。協賛品の一部は自分の懐へ・・・。ブラック一味の常套手段!タダ貰い・・・。取り敢えず・・・大手メーカーも騙そうとしてたのか・・・。(2017・12・01記載)

 ● チーム・レイセオンへの緊急連絡

 ● 新年早々、ブラックマウンテンキリシマ(ミ・ツ・イ)が動き出した。内緒のメールを使って兵隊勧誘を始めた模様。巻き込まれる危険性大の為、小倉の銭形氏より自重せよとの要望あり。過去の事例だが、銭形氏の要望により熊本の甲佐飛行場での携帯電話の盗み見(IズミUSA)の件と同じ事例が今後、チームレイセオンでも起きる可能性有りとの見解・・・。ブラック一味のリストはEBF掲示板(大観峰掲示板・HANGER-77)を検索。2017・12・31までの勧誘兵隊全てとブログ名を記載してあるので、閲覧後は絶対関わるな!との指令あり。尚!(IズミUSA)が盗み見した携帯番号は、小倉の警察官のトラップ番号。ブラック一味の可能性が疑われるモデラーには、絶対自分の番号は教えるな!。必ず、通信会社の兵隊使って、家族に嫌がらせを始める模様。もし、何らかの動き・・・もしくは嫌がらせが始まったら最寄りの警察への通報をせよ!。

 ● 閲覧中の一般モデラー諸氏へ・・・多分、ブラック一味も同じ文面を読んでいると思います。この業界人のボヤキ・編集後記は銭形警部(ホワイトハッカー)へリンクしています。一般モデラーさんには何の影響もありませんが、ブラック(ミ・ツ・イ)とその兵隊さん達は、全て登録されます。言わば足跡を手繰られる・・・。徐々にそして水面下で動き回るブラック一味なんですが、本来の怖さはこのブラック一味に加担している、X-menの存在です。銭形警部の本体は、此方のメンバーを重要視しています。

 ● ブラック(ミ・ツ・イ)ご本人の標的は、当工房のみです。意地でも自分の行っているタダ貰い行為の嫌がらせを正当化しようとしています。その為に兵隊勧誘を行ってお仲間さんを募っているんですが、機関はこの(ミ・ツ・イ)の行為に協力しているお仲間さんの中の(X-men)を重要視しています。くれぐれも巻き込まれない様に注意して下さい。(2018/01/12記載)

 ● お仲間さんのブログに意味不明のコメント書き三連発を送った平尾台の主さんへ・・・、やり方が昔と全然変わってないから直ぐアンタだってバレるぜい!。今度やったら小倉の銭形さんに通報を促したから、本当に自滅するぜ?。昔から何回も書いてるでしょうが~・・・。犯罪者にとって有利な通信手段は無いって・・・。

 ● 起動してないだけで、GPS機能はどんなに安い携帯電話にもスマホにもパソコンにも内蔵されてるんだぜい?。警察が内偵捜査の為にアンタの捜査書類を通信会社に提出したら、アンタの知らない内にGPSが起動されるし・・・、搭載マイクロフォンをスイッチオンされたら・・・恐ろしい会話も全て丸聞こえって事になる。ある日突然!黒服が大勢やって来て・・・書類突きつけられるぜい!。盗聴法・共謀罪・・・って聞いた事あるでしょうが!。

 ● ネット上のホームページのデータは、個人のパソコンを経由して他人が見てるんじゃ無いんだぜい?。ネット会社に有るんだぜい!。アンタのページのデータや、アンタのページに書き込んだコメント欄の主さんの個人データもネット会社にデータとして保管されてるんだぜい?。警察が捜査の為に書類をネット会社に提出したら、アンタのパソコンの見えない部分も丸見えに成っちまうって事だぞ。其れを知ってて悪戯書きしてるんなら・・・立派なサイバー犯罪行為と取られても可笑しくないぜ。だから銭形チームに監視されるんだぜい。タダ貰いの天才さんとしては、やってる事がお粗末ですなあ・・・。

 ● 悪知恵の天才IQ160って称号貰ってるんだから、あんまり幼稚な悪戯しない方が良いってえ~・・・。ブログの裏メールで画策してる時点で、既に東北のチーム・レイセオンにバレてるの!。レイセオンって飛行機あるでしょうが~・・・。偵察やら救急やらやってる飛行機部隊が・・・。アメリカのFBIにあるネット監視チームによく似たのが、日本にもあるって事だ。アンタが兵隊扱いしてるメンバーの中には、アンタの忠実な兵隊やってる振りしてるのが紛れてるんだぜい?。

 ● 平尾台のお山の大将閣下に成ったつもりで踏ん反り返っていると、必ず兵隊から崩れて行くぜ?。まあ・・・遅かれ早かれ・・・Pグライダーはライセンス制からJAナンバー交付の免許制に成るだろうし。平尾台の空物ラジコンは全て資格制に移行するだろうし・・・。自衛隊が演習する事もある平尾台で、お山の大将は・・・難しいだろう・・・。
俺もブログ持ってるから裏メールは使えるんだぜい。アンタが知らないだけで。新しく兵隊勧誘したお仲間使って探してみろ!、アンタが訪問履歴残してるブログの半分のモデラーは、俺のブログ知ってるぜい?。って事は、裏メール送った時点で、教えてもらえるのは、多分・・・銭形チームのブログだろうけど・・・。悪戯したら・・・自滅だぜい!。IズミUSAから教えてもらった二個目の携帯番号みたいに・・・。IズミUSAも・・・馬鹿だぜい・・・。

 ● 尚!、閲覧中の一般モデラーさんへ・・・、記載してる(ブラックマウンテンキリシマ「ミ・ツ・イ」)(IズミUSA)他多数のハンドルネームで検索しても、ブラック一味は既に、兵隊さん使って書き込んだ全ての情報をネット上から消去しているので、検索しても当工房の記事しか出て来ません。しかし・・・当工房が持っている最新のハンドルネームと兵隊さん情報は、当工房の製作記事の多過ぎる画像にアナログ掲載してあります。あるいは女の子が持つプラカードだったり、画像処理した看板だったり・・・。見つけたら自分で対策をお願いします。平尾台画像に紛れてたり・・・大観峰から見下ろす内牧の畑や田んぼ・山並み・・・画像処理して埋め込んでますよ。何だあ?この違和感は・・・。てな具合の画像ばかり・・・。スマホじゃ・・・見えないでしょうなあ・・・。それと!俺の文面に擬態して、悪戯書きしたつもりだろうが・・・。チームレイセオンにはバレてたぜい!。show-terさん!。そろそろ、ハンドルネーム変えて撹乱作戦した方が良いよ。でも・・・全てバレるけどね。

 ● 最後に言っとくけど・・・俺は、自分のページでボヤいているだけで、お仲間さんのページに悪戯書きした事なんて一度も無いぜ。しかし、アンタは必ず俺の関わる仲間のページに悪戯して、内部崩壊を目論もうとする・・・。だから、銭形さんに睨まれるんだぜい?。アンタのページの最後の書き込みに擁護した管理人さん達・・・。事実を知ったら怒るだろうね。一生・・・心の優しい、親切な人!の仮面被ってた方がいいぞ!。バレないから・・・。チーム・カルストファイターが何時も見てるし・・・。休日・・・アンタの横に居るだろうが!。「もしかして・・・カルストファイターさんですかあ?、」って聞いてみな!。「何?それ!。」って言われると思うけど。

 ● 追伸・・・、日本国内の証拠は全部消去してほっとしてるだろうけど、インターネットは世界中繋がってるぜい。アンタの兵隊さんが自分のページのアンタ達のデータを消す前に、世界中のモデラーがダウンロードしたとは考えていなかったのかい?。これからは、もっと多くの外人さんが日本を訪れるよ。勿論!世界中のアマチュア・モデラーのグライダーフリークも沢山来日して来るぜい・・・。平尾台にも来るだろうけど、鬱陶しい輩には会いたくないだろうし・・・。でも顔が解れば襲われる前に回避できるでしょう?。自分で招いた卑しい行動なんだから、報いは相応に受けて下さいね。(Part-🐼に続く)











































 ★ この(show - ter) さんには、既に個人情報を牛耳って手玉に取ってる兵隊さんが数人居るんですが・・・。実は別の空物趣味のお仲間も居るんですよ。代表的なのが平尾台のPグライダーのエリアルールを守れない(父麻呂一味)・・・。このPグライダーの首謀者(父麻呂=オゴ―) と (show - ter) を繋ぐ人物がかなりの曲者です。私のページの中には、エキストラの一人として映り込んでいますので探してみて下さい。当時のハンドルネームは(B型kentaka)と言います。

 ★ 小倉の銭形警部は、この人物を重要視しています。この人物の過去のブログ・・・多分・・・今回の航空法改正の案件に成りそうな事項が沢山掲載されています。スクープ!と称した自殺志願者の画像やら、国立公園内においての電飾キラキララジコン機とBBQを無許可で計画・・・これを当時の有名掲示板に掲載!此れに(show - ter) が、やらせの同意発言・・・。まあ・・・お山を牛耳って何処も彼処もPグライダー天国にしてしまおう!計画・・・。怖い怖い・・・。大勢で占拠してしまえば、多勢に無勢・・・。何時でも自由にPグライダーだけが飛べるエリアに成ります。ラジコングライダーのモデラーは、俺たちの許可を取れ!。たまには貢物をせよ!(俗に言われるショバ代払え)。まあ・・・それ以外にも、防衛上絶対やらかしてはいけない場所でのインターネット生配信やら・・・。これを当時の平尾台グライダークラブの掲示板に告知!さあ!平尾台大会を世界中に配信だああああ!を目論みました。が!平尾台の常連さん達・・・ここ平尾台の制限されたエリアルールを、昭和40年代から遵守しているので、誰も反応しませんでした。

 ★ グーグルアースでこの平尾台のラジコングライダーのフライトエリアを見て下さい。北九州の防衛上・・・かなり重要なエリアに成ってます。此処を敵対国家に占拠されたら住民を人質に取られて、自衛隊も警察も・・・手も足も出せなくなります。昨今の某国の核ミサイル打ちます発言!・・・この(B型kentaka)・(show - ter)・・・当時・・・知っててやってたのなら重要人物。単なるお山の大将を目論む陣取り合戦の大馬鹿野郎なら、敵に情報を無償でリークする単なる目立ちたがり屋さんです。

 ★ どちらにしても規制するしかありません。航空法改正当時は200グラム以下の無人機は、規制の対象外とされていたのに、テレビ報道でも紹介された、ドローンオペレーターの操縦する菓子撒きドローンによる人身事故・・・。とうとう200グラム以下の無人機全般・・・規制の対象に入ってしまいました。

 ★ 要するに・・・このPグライダーの父麻呂達が、Pグライダー飛行禁止エリアであるラジコングライダーエリアも奪おうと画策した為に勃発したトラブルです。この父麻呂も(show - ter)も未成年の子供を持つ家では心の優しいお父さんです。まあ、両ご家族ともネット上に自分のお子様達を登場させて、自分たちは善良なる市民なんだと主張しています。言わば・・・「俺の家族に嫌がらせをしたら承知しないぞ!。」と言わんばかりの主張なんですが・・・。それは、裏の恐ろしい行動・行為が表に出ていないと思っているから出来る事・・・。もし・・・表面化したら・・・どうするんですか?。ご家族は、貴方たちの裏の顔・・・知らないんでしょう?。

 ★ この(show - ter)さんは、ラジコンだけが趣味だけでは無いようです。もっとお金の掛かる趣味も持っているみたいですね。結局・・・お金を掛けずに趣味を楽しむのなら・・・、タダで手に入る物は是が非でも欲しい!。それが恐喝行為・・・。ところが、家族を持っているので表向きは善人でないと怪しまれる・・・。一人でやると、事の次第では、全部自分が罪を被る羽目になる。で!タダ貰いの行為に同意した兵隊を増やそうとした。「絶対にバレない様にしてやる。協力してくれるお前たちには迷惑が掛からない様にしてやる!。」なんて言われれば、オコボレ期待の兵隊さん達は安心するでしょうね。

 ★ この恐喝行為・・・人数が増えれば増える程、自分達のやっている恐喝行動は正義だ!悪は裁かれなければならない!っていう言わば、自分たちの行為の正当化を主張し始めます。まるで世直しの為の義勇兵を気取り、色んな所で花火をボンボン挙げながら暴れ回る・・・。今現在でも・・・世界中で起きている無差別テロ・・・これと同じ事を彼らは模型業界でやっています。表向きは繊細で心の優しい人!って、彼のブログではコメントしている人も居る位です。彼らの策略に見事に嵌った人達の個人情報は、本人の知らない所で、既に・・・この(show - ter) さんが握っています。事実に気付き・・・今度は離れようとすると・・・この脱退行為は自分達の正義の聖戦に反する行為として、じわじわと悪戯行為が始まります。そういう時は一人で悩まず・・・私に連絡を下さい。

 ★ 事実を歪曲して騙したブラック一味が悪いのであって、心底正義の心で悪を倒す目的で協力した普通のモデラー諸氏まで動物園の檻の中には入れられないと思います。ご家族に迷惑が掛からない様に銭形チームが処理するでしょう。晩年の私の母の個人情報に散々な嫌がらせを続けて、ラジコン模型のタダ貰いを画策した(show - ter) さんに対して、母は病院のベットの上で、銭形氏にこう言いました「私が、被害届を出さなければ、この人の奥さんや子供達が悲しい思いをしなくて済む・・・。」・・・母は、その六日後に他界しました。お袋が死んだ事は、既に個人情報を牛耳られていた、熊本の有名ホームページの管理人さんから、この悪戯の首謀者は聞いて知っていたと思います。しかし・・・彼の母の個人情報への嫌がらせは続きました。まるで・・・悪戯しているのは他の人物だと言わんばかりに・・・。これが、このブラック一味(show - ter) さんの怖さです。

 ★ 被害届が出ていないので警察は表立って動けません。しかし・・・銭形氏の思惑は別の所にあった。それが(B型Kentaka)氏の存在だったのです。この人物の方が・・・もっと怖い存在です。彼はPグライダーのメンバーなので、ラジコンなんかあまり興味がありません。彼のページに載っている飛行機は、殆どがオークションで安く買い叩いた中古品ばかりです。しかし・・・その事実を隠せば・・・手っ取り早くラジコンモデラーの仲間入りが可能です。そうやって、裏の顔を隠そうとする行為が怖い・・・。

 ★ 黒幕はこの(B型Kentaka)氏なんですが、(show - ter) とは、共にラジコンのお仲間です。此処にPグライダーの(父麻呂)が加わったのが、ブラック一味です。Pグライダーの(父麻呂)からすれば、私は目の上のタンコブ的存在・・・。一度は仲間を使ってお袋を脅し・・・その後勝利宣言したものの・・・、パラグライダー協会の役員氏から行き過ぎた行為を注意されて、私の前でゴメンナサイをさせられました。しかし・・・この父麻呂さん・・・反省・・・しなかったんですよ。そりゃあ・・・ねえ!。Pグライダー仲間からすれば、(ビートルロック{兜岩}の長老)という名誉な称号を与えられています・・・。Pグライダー界の神的存在なんだし・・・、何とかして自分の神的存在を私に示さなければ、信者さん(Pグライダー仲間)が離れて行ってしまいます。

 ★ そこで、(B型Kentaka)と手を組んだ・・・。平尾台のラジコンエリアを奪う目的で、この目の上のタンコブを平尾台から追い出さなくてはならない。そこに手を貸したのが(show - ter) さんだった訳ですよ。上手く行けばラジコンがタダで手に入るかもしれない。愛車の維持費も掛かる・・・家族も居る・・・ましてや子供の養育費も掛かる・・・こういうモデラーさんは、ラジコンに掛ける高価なお小遣いなど持ち合わせておりません。で!この父麻呂の恐ろしい計画に加わった・・・。

 ★ そして数年経過・・・事情が少し変化して来た。私を平尾台から締め出してホッとしたのに、平尾台をホームとするグライダークラブが今度は目の上のタンコブと成った…。で!(show - ter) の次の一手は、平尾台グライダークラブに取り入って・・・役員に成る事・・・。そこで!其処までやるかああああ?。な位の薄気味悪い親切行動・・・。実は、この薄気味悪い・・・行動に対して、クラブの役員さん達は・・・既に疑りの目を(show -ter) には向けていたそうです。何故なら、私が一切平尾台に来なくなったから。役員さんから大会のお知らせが来ても参加しない理由を知ったからです。

 ★ この(show - ter) が役員に成った場合・・・、多分・・・ラジコンサイトで堂々と悪い仲間を募ってPグライダーを侍らすでしょう。ルール違反なんだから、当然!ラジコン側は注意をするんですが・・・。裏では・・・(show - ter) が注意したラジコンメンバーの個人情報に悪戯を始めます。やってるのは(show - ter) なんですが、それが解っても証拠は無いんだぞ!っと本人に自覚させ、牛耳る戦法です。

 ★ 此処が銭形氏が言う所の、悪知恵の天才(IQ160)と言われる(show - ter)の怖さでもある・・・。例えば役職を持ったクラブ員・・・未成年を持ったクラブ員・・・立場や愛する家族が巻き込まれる危険を察して・・・、なるべく関わりたくないので見て見ぬ振りをします。此れこそ・・・ブラック一味の恐ろしい計画です。まあ・・・ね!。此れが実行されたらとんでもない事態になるので、この人物だけは絶対役員にはしない!って、最初から決められていました、で!このブラック一味の次の一手!。仲間を使って平尾台の老舗のページに嫌がらせ・・・。結局・・・ページは閉鎖!。そこで!この(show - ter) が平尾台の個人ブログを開設!。裏の恐ろしい計画を隠して、コメント書きの個人情報を集める・・・。

 ★ 不当な扱いで閉鎖に追い込まれたって言ってる彼のブログなんですが、悲劇のヒーロー気取ってるだけで・・・彼のブログに擁護するコメント書きしたモデラー諸氏の裏メールの個人情報を入手するのが彼の目的です。擁護したコメントを多数寄せたモデラーさんは、多分・・・横の繋がりの悪いメンバーの手によって、既に個人情報全てを握られているかもしれません。最近・・・ブラック一味が動き出した様です。新年に新たに擁護するコメントを書いた人物が居たようですが・・・、銭形氏のお仲間さんが裏メールを送って、判断を仰いだ所・・・書き込んだコメントは自分で削除されたみたいですね。私の知らない所で動く別動隊も居るんですねえ・・・。やっと・・・世の中が動き出したみたいです。今回の航空法改正・・・。さあ!ブラック一味・・・どう動くのか・・・。

 ★ さて・・・この閉鎖された平尾台の老舗のページ・・・。(show - ter)さんの知らない所で動いてます。ただし・・・鉄壁の構えですので、攻撃したら反撃するでしょう・・・。ブラック一味は、怒らせては成らない・・・カルスト台地のジェダイマスター達を完全に怒らせてしまった。お山の大将なんか目論むから・・・多分・・・光模型のおいちゃん(マスター・スーガ)を完全に怒らせたみたいですね。

 ★ この(show - ter) さん・・・光模型のご主人が既に他界している事は知っています。(死人に口無し)・・・どうやって俺を叱るんやあ?。って思ってるでしょうなあ。しかしですなあ・・・。此処国定公園の平尾台において、無線操縦のラジコン飛行機を飛ばせる様に北九州市にはたらき掛けて、正式に認可を取ったから、40年近くサイトが使えてるって事実もあるんですよ。そういうサイトを北九州市を無視して、(show - ter) さんが牛耳ろうとする行為自体が違反行為って判らんかなあ・・・。子供を持つ親御さんが。

 ★ 平尾台の西側斜面は、パラグライダーは飛行禁止!って決められているのは、そのスロープの状況がパラグライダーにはそぐわないからです。平尾台のカルスト台地に電力を供給する電線も走っていますし、不時着できる場所は、車両の通行する登山道しかありません。よって、私自身・・・自衛官だった昭和50年代から、このラジコングライダー用の吹上峠では、ハンググライダーのテイクオフは禁止されていました。それなのに・・・パラグライダーがブームに成ると・・・違反行為続出・・・。テイクオフして、上昇出来なければ麓まで飛んでからランディングしなければなりませんが、降りるとしても主要国道やら高速道やら・・・田んぼに畑・・・他人の土地に勝手に降りるしかない・・・。見つかる前に怒られる前にトンズラすれば良い・・・。で!、事故続出・・・。だから、禁止なんですよ。究極の事故は・・・テイクオフしましたあ!西寄りの風に流されましたあ!登山口頂上付近の平尾台住民の電気の供給線に、パラグライダーが絡まって宙吊りに・・・。無理やりもがく・・・仲間が下から引っ張る・・・。そしたら、電線が緩んで垂れ下がる異常を検知して、停電に・・・。パイロット救出の為、消防隊が出動・・・。救出されてから、電機の復旧工事・・・。ルール無視!世間の事情無視!。のパラフライヤーさんの行為で、迷惑を被った平尾台の住人さん達・・・。観光産業従事者も多いので、決定的な事も言えない辛さ・・・。怒り心頭!何故かって?。

 ★ パラフライヤーさん自身からのお詫びの言葉すら無い。オマケにパラ掲示板に書き込んだ当のご本人の文面が、更に住人を怒らせた。「何で!あんな所に電線なんか有るんですかあ?。無かったらこんな事故なんか起きてないのに・・・。僕のパラグライダー全損じゃあないですかあ!。ねえ、皆さん!。どう思いますかあ?僕・・・絶対に許せない!」 ・・・。だから、飛行禁止なんですよ。

 ★ 平尾台グライダー大会のパッシング競技においての飛行エリアルールの一つ。レースの最中、もしくは自由飛行中とも、車両の登山道近辺での飛行は禁止!。だから、右側のパッシングポイントは、サイトの目の前に成っています。絶対に電線の走る登山道路上に掛からない様に飛行させています。こういう細かいエリアルールを遵守してるから、平尾台の管理事務所が認めているっていう信頼があるのです。要するに!ブラック一味のサイト略奪行為は、違反です。大人しく平尾台ルールを守って、大観台の南側斜面で飛んでろ!。あのサイトは両面使えるじゃないか!。まあ・・・ブラック一味の(父麻呂)達は、ここのパラグライダースクールからは、厄介者扱いだったらしいからねえ・・・。