🐧 桜のマークのドイツ兵 (お前えは、馬鹿か?)

● 平成16年の夏・・・大観峰にいたパラグライダー・メンバーの陸上自衛官      (その腰弾帯・・・持ち出しは・・・いかんぜよ!・・・の巻) 

● JGSDF(ジャパン・グランド・セルフ・ディフェンス・フォース)・・・陸上自衛隊の事です。因みに航空自衛隊はJASDF・海上自衛隊はJMSDF。私が入隊した時期は昭和53年3月・・・防府の教育隊を経て7月1日付で福岡県椎田町の第八航空団・築城基地に配属されました。基地に着くと部署配属の前に本部庁舎にて新兵教育。その決まり事の中に有った此れだけは恥ずかしい行為だから、絶対にやるな!と念を押された事柄がありました。

● どんな事情が有ろうと・・・戦闘服にヘルメット・警棒を装着して大勢でヤクザの組事務所の前に並ぶな!。・・・え?・・・何ですか?それ・・・。これ・・・昭和53年の事ですよ。今から40年も前の事・・・。これを・・・熊本の現職の陸上自衛官・・・大観峰でラジコンメンバーの大御所相手にやっちゃいました・・・。それも・・・危険飛行した大勢のパラメンバーの用心棒として・・・。お前は自衛官として失格だ!。当日・・・大勢の観光客に携帯ビデオで録画されてた光景・・・、これってチキッとヤバい事態かも・・・。

● 10年以上も前の出来事を何故今さらって思われる方も多いと思いますが、こういう自衛官絡みの越権行為って言うのはその時代の自衛隊の貢献度合いと重複する場合が多いです。今から13年前って言えば、世界中の紛争地域にPKO部隊として自衛隊が派遣されていた頃ですね。私自身も元自衛官なので、こういう輩の自衛隊員の行動は許せない。民間人のトラブルに警察予備隊である自衛隊員が、通常戦闘服を身に纏い・・・休日の観光地に居るって事自体が不思議なのに、危険行為を注意したラジコンフライヤーの大御所の前で、戦闘服を着て武器をちらつかせて用心棒役を買って出る行為自体が許せない。

● 事件当日の夕方・・・大観峰駐車場にて、この出来事に居合わせた観光客(アジア・ヨーロッパからの外国人含む)十数人が私達の所へ来て、一様にビデオ撮影した事を伝えられました。私は数週間前に起きた集団パラメンバーの犯した重大なる危険飛行の一件を説明しました。パラメンバー側は、事の次第が有利に運ぶ様に、役員クラスのメンバーと危険行為の首謀者を交えた現地での話し合いの席に、戦闘服姿の現職自衛官を仁王立ちさせていました。私は、話し合いに参加出来ませんでした。何故なら事件当日に大御所の口頭注意と共に、私自身も口頭注意したんですが、後日・・・大観峰のパラグライダーサイトを管理する阿蘇内牧のパラグライダースクールであるネイチャーランドのネット掲示板(ビートルロック=兜岩の掲示板)において、事実歪曲で悪口を書かれたのは私だけでした。そういう経緯があるので、話し合いの場に私自身が飛び込まない様に、仁王立ち自衛官の後方にお仲間数人から抑え込まれていました。

● 外人さん観光客を含めて現職自衛官の行為について、一様に激怒されていたんですが・・・。日本国内の観光客さんには、自衛官の不祥事にはガンガン飛び付く週刊誌の連絡先を教え、海外からの観光客には自国の自分のホームページにそれとなく画像掲載・・・動画サイトに音声無しの動画アップをお願いしました。日本国内の観光客さんは、良いお小遣い稼ぎが出来たんじゃないですかねえ。

● 仁王立ちの陸上自衛隊員は腰に弾帯を巻いて、通常作業の戦闘服につば付き帽、編み上げの長靴という出で立ちに、首からは認識番号とフルネームの刻印された金属プレートをぶら下げていました。しかし・・・ラジコンの大御所がこの用心棒役の自衛隊員をチラ見するといなや・・・認識番号を掴んで胸から背中に廻しました。まさか・・・この用心棒の後方に金属プレートの内容を良く知る人物がいたなんて、当日の用心棒が気づいていなかったでしょうね。ここで、この用心棒の認識番号とフルネームを記載しても良いんですがねえ。(GE-◎◎ー××××××)◎二桁は部隊番号・×六桁は個人認識番号そしてフルネーム・・・。

● 「あがん強面が腕組みして仁王立ちしとったら、言いたか事の半分も言えんばい!・・・。」とは、ラジコンメンバー役員諸氏のお言葉・・・。という事は?・・・脅し目的で現職自衛官を民間人が要請したって事に成るんです。当日の動画と画像・・・私の手元にもありますよ。ヨーロッパからの観光客さんから送ってもらったデータが・・・。まあ・・・一応・・・この日の話し合いはこの現職陸上自衛隊員の用心棒効果で、大勢の観光客のいる大観峰展望所ではパラメンバー優位で終わりました。その日を境に・・・このパラメンバーの傍若無人な行為はエスカレートする一方・・・。

● 現在の世界情勢・・・日本国絡みの戦争発展には気を付けなければ成らない時期です。再び日本国内の自衛隊が本土防備で大活躍する時代が到来したと思われます。こういう状況が具体化して来ると・・・再び・・・自衛官の優位性はクローズアップされる訳で・・・、民間人の趣味レベルのショバ争いに用心棒待遇で担ぎ出される可能性は大です。本当は頭に来てるんで・・・用心棒ご本人の当日の出で立ち・・・画像を載せたいんですけどね。桜のマークの入った腰弾帯・・・。これって自衛隊の正式装備、官品と言いますが、許可無く基地外への持ち出しは処分の対象とされます。それも危険行為を行ったパラメンバーからの要請で、用心棒としての参加です。あれから13年・・・当時二十代として現在四十代でしょうかねえ。用心棒稼業を続けながら自衛官としてまだ活躍されているなら、作業服の襟筋に階級章が着いた二等陸曹辺りかなあ・・・。結婚もされて扶養家族もいる頃でしょうね。何時かは・・・大事に成るかも・・・。自衛官の不祥事が増えて来れば・・・。自衛官の不祥事が好物の写真週刊誌にとっては、過去の出来事であろうが、この戦闘服姿の現職自衛官の行動は不思議に見える光景です。物議を産むには強烈な画像と成るでしょうね。さて・・・いつ?公の元にこの画像が出て来るのかなあ?・・・。(まだまだ続く)

● ここ大観峰のパラグライダーエリアの管理事務所は阿蘇内牧のパラグライダー・スクール(阿蘇ネイチャーランド)にあります。このスクールは日本国内大手の繊維メーカー(◎イジン)の福利厚生施設だそうで・・・。このメーカーさんは、スタートレックのミスタースポック(故・レナードニモイ氏)を起用してのCMは超有名ですね。

● このネイチャーランドの掲示板にて私は誹謗中傷され・・・晩年の母が危険飛行を行ったパラメンバーの悪い仲間の振り込め詐欺に遭いました。警察の協力により未遂に終わったんですが・・・本家振り込め詐欺グループを模倣した普通の大人の犯行でした。危険飛行を首謀したのはハンドルネーム(父麻呂・オゴー)なんですが、そのパラのメンバーによる嫌がらせレベルの悪戯らしく・・・銭形警部を前にした言い訳が・・・「冗談ですよおおおお・・・。」・・・ってか?。この父麻呂の画像も多数持ってますが、こっそり掲載しときましょうかね。(E・B・F)のパスワード掲示板には、こういう輩全てのブラックリストが載ってます。来日して遭遇した場合の予防処置としてのあしらい方法も全て記載してありますので、海外のお仲間達が襲われた事はありませんよ。

● この模倣犯の普通の大人さんですが、ブームが頂点に達する時期には必ず出て来るお馬鹿さんの一人です。言わばカスタムラジコンを脅してでも欲しがるブラック氏(黒霧島・BMTK=ブラックマウンテンキリシマ)と同種の輩で、高価で新発売のパラグライダーのセイルが欲しいが為の犯行でした。私を悪い人間と位置付けし、悪い人間なんだから正義の制裁をやっても罰当たらんやろう・・・が犯行理由だそうで・・・。ブラック氏のやり口と然程変わりません。世の中のカスタム屋さん・・・ブームが到来すると必ず始まる行き過ぎた狂騒曲・・・。明日は我が身を肝に銘じて仕事しましょうね。悪い輩の共通点・・・。カスタム屋仲間の合言葉をご紹介しましょう。薄気味悪い程、親切なモデラーさんは要注意!。北九州なら平尾台に出没するブラックマウンテンキリシマ(S太)みたいな輩です。しかし・・・ゼニガタ警部が不振に思った事が一つ・・・、この模倣の振り込め詐欺の手口なんですが、私が不在の時に家の固定電話に掛かって来たんですが、不在を知っててワザワザお袋一人の時を狙っての犯行・・・。父麻呂のお仲間か、この悪いパラメンバーの残党が地元にも居るって事でしょうね。そういう人物はこのページを見てる筈・・・。書けば証拠隠滅に走る・・・のイタチごっこ・・・、ゼニガタ警部の思う壺・・・モニターしてれば芋づる発覚・・・。何処まで繋がる悪い輩の横のつながり・・・。ピーポさん伝統の揺動捜査。腹を括っての悪い事やる根性は、このパラメンバーには無いんだろうなあ・・・。どんなに新型で高級なパラグライダーの製品を脅しで購入しても、バレないうちはお仲間に自慢出来るけど・・・、脅迫窃盗がバレた後のお仲間さんの反応は・・・関わると窃盗犯の仲間にされると、手のひら返してソッポ向かれる・・・。それが解ってるから取り調べでは僕は本物の詐欺グループじゃないですよおおおお。模倣しただけですよおおおお!って言い訳になるんでしょうな!。詐欺った事は同じでも。でも未遂だから良いですよね?ってゼニガタ警部に笑顔で言った模倣犯の大人さん・・・は、だあ~ほじゃ!。所謂、ど・ア・ホ・・・。

● さて・・・このネイチャーランドの校長とは何回も遭っています。大観峰では無くパラグライダースクールのある事務所に、ユースホステルのお客さんを多数搬送しましたから。このネイチャーランドのスポンサーである大手の繊維メーカーさんですが、日本ユースホステル協会のスポンサーでもあります。青少年育成の為に日本国内のユースホステル創設の時代から携わっているメーカーだと聞いていました。そういう事情から、ユース協会直営のユースホステルではネイチャーランドの宣伝ポスターとアクティビティの内容についての説明は、ユーススタッフの仕事の一つでした。

● 私は一般客でしたが、ユースの責任者から要請されれば、このネイチャーランドへの宿泊客の搬送は断りませんでした。やまなみハイウェー(県道11号線)を阿蘇方向まで走り、ミルクロードに入ります。外輪山沿いに熊本市方向へ走り、何時もなら大観峰へいきますが、お客さん搬送の時は国道212号線に乗り換えて峠道を下っていきました。お客さんを送り届けてから再び峠を上り大観峰へ向かう・・・。時間も消費したガソリンも大変なロスでしたが、協会の職員さんの頼みですからね断りませんでしたよ。そのネイチャーランドの掲示板で誹謗中傷されました。ページの管理人である校長が、素早く対策してくれていたら、母が巻き込まれる事は無かったと思います。それよりも・・・パラグライダー・ブームでの儲けの方を優先して、掲示板のメンテを怠ったスクール側にも問題があると思います。何が青少年育成第一主義のパラグライダースクールだ?。

● 事件後にこのネイチャーランドの事務所に出向き、この校長に会って色々と話をしたんですが・・・。校長が笑いながら話した内容に・・・大変頭に来ました。「此処のスクールに登録しているライセンス有資格者のメンバーの中に、ドイツ兵の恰好で飛んでいる人がいるんですよ!。今日も居る筈ですよ。」・・・私は校長の面前で大観峰のお仲間さんに電話・・・「ドイツ兵はおらんばってん。陸上自衛隊の作業服で飛んでるのは居るごたるバイ!。」・・・この内容を校長に話したら・・・「その人ですよ!ドイツ兵って。」・・・???。現職自衛官の休日の私的レクリェーションにおける官品持ち出しは、警務隊出動の事件に成る!・・・と伝えたら、慌てた様子でこのドイツ兵に電話する校長がいました。「今。電話口に居るんですが。貴方は誰だ!って聞いてますが・・・。」と、校長が言うので、ドイツ兵の所属する警務隊だ!と答え「ドイツ兵の官職氏名を聞いて下さい。」って言いました。校長は電話口のドイツ兵にその事を伝えた瞬間・・・何やら混みいった会話に成りました。校長に今から警務隊を派遣するって言ったら、すかさずドイツ兵に伝え・・・逃げる準備・・・。先日の話し合いの最中の用心棒役の件・・・、大勢の観光客によるビデオ撮影の件・・・、もみ消し、何とか撮影者を特定し嫌がらせをするには、地球上全てを探さなくては成りません。さあ!父麻呂のお仲間の現職陸上自衛官!・・・その後・・・どうなっちゃったんでしょうかねえ・・・。このネイチャーランド絡みの事件が大手繊維メーカーに知れたら、多分この福利厚生施設はおとり潰し・・・、スクールスタッフは立場が不利になるだけじゃあないですよ。職も無くします。臭い物には蓋をするか、トカゲの尻尾で切り捨てるかしないと・・・。

● もし・・・今後・・・閲覧者の皆さんへ・・・。現職自衛官から不当な扱いを受けたら、「官職氏名」って叫んで下さい。この文言は、上官が部下に対して「お前は誰だ!。」って命令する時の言葉です。もし!自衛官側に非がある場合・・・この言葉を聞いたら、多分・・・一目散に逃げて行きますよ。その時代・・・本気で日本国の為に自衛官として職務を全うする人物もいれば・・・、その時代の自衛隊の優位性を利用して、あくどい事を企む自衛官もいます。多分・・・正式契約の下士官クラスの自衛官は、こういう用心棒なんかやりません。満期契約の階級は下から数えた方が早いって人物の中には、こういう大馬鹿野郎の税金ドロボーが混じっています。競技人口が増えた分野のスポーツには必ずこういう輩が混じっています。父麻呂自身・・・「僕は兜岩フライヤーの長老(スカイマスター)の一人です!。」って掲示板に自慢げに記載してたけど・・・、裏の顔は、事実歪曲で誹謗中傷やってる単なるネット物知り博士でした。扶養家族を持った家では子供に優しいお父さんです。この父麻呂氏とブラックマウンテンキリシマ(ミ・ツ・イ)氏が裏でどう繋がって・・・北九州平尾台を牛耳ろうとしていたのか・・・、その辺は・・・小倉の銭形警部とその部下さんしか知りません。

● 事件以降・・・ネイチャーランドへのユースホステルのお客さんは搬送しておりません。校長の為人が解ってしまった今・・・無垢なパラグライダー体験者を、このスクールに送り込む気持ちには成れませんでした。あんな恐ろしい危険飛行をしたパラグライダーメンバーを咎めもしない校長なんて・・・。この父麻呂率いるパラメンバーの危険飛行により・・・当日のラジコングライダーメンバーさんの被った被害は相当なものになりました。

● パラグライダーと空物ラジコンには同じ様な飛行ルールが存在しています。それを遵守しないと最悪な場合・・・人身事故が発生するからです。鈴生りの大観峰展望台・・・ラジコンメンバーの第一ルール・・・絶対にパイロットより後方に機体を廻さない。要するに・・・部外者の頭上を飛ばさない。これが事故を未然に防ぐルールです。父麻呂率いる危険飛行のパラ集団十数機は、低い高度で鈴生りの観光客の頭上を後方から音も立てずに進入して来ました。気付いた時には時既に遅く、ビュンビュン飛んでるレーシンググライダーの間に割り込む様に、パラグライダー集団が侵入して来ました。

● レーシンググライダーのメンバーさん達は、いきなり進入してきたパラメンバーを回避する為に行ったのは・・・機体の自滅行為・・・。空域下方向への急回避でした。この行為に空域の状況が間に合わないメンバーさんは地面に激突・・・間に合った人でも前方垂直に落ちた崖に視界没・・・。パラグライダーの派手な航空ショーに事情をしらない鈴生りの観光客は歓声を上げましたが、中には「頭上を飛ぶな!馬鹿野郎!。」と怒鳴る小さい子供を持ったお父さんも居ましたし、子供に覆い被さり守るお母さんもいました。

● この父麻呂率いる危険飛行のパフォーマンスを終えたパラメンバーは、直ぐに着陸しセールを畳んで帰り支度・・・。その最中に大御所と共に注意をしたんですが、この時共感した大勢の観光客も同様に口頭で訴えていました。そういう人達を無視する様な掲示板においての事実歪曲な父麻呂の書き込み・・・、先手必勝!先に状況説明した方が正義!っていうネット掲示板の悪~い流れ・・・。はっきり言って・・・馬鹿野郎ですね。父麻呂(小郷氏)は、先手必勝とばかりに多くの掲示板に事実歪曲の文面を掲載してましたが、沢山のハンドルネームを一人で使って大勢に成り済まし・・・罵声を挙げるパフォーマンス・・・警察が介入したから既にバレてます。ビートルロックの長老(スカイマスター)だあ?。てめえ~は独り善がりの勘違いなパラメンバーに過ぎない!。

● 地震以前からパラグライダーもラジコングライダーも飛行禁止だった阿蘇の草千里なんですが、直接の原因はパラメンバーによる行き過ぎた行動に有る様です。航空自衛隊築城基地在隊中に休日は基地内ラジコンクラブで阿蘇の草千里にグライダーを飛ばしに毎年行ってました。熊本のラジコングライダークラブの歴史はかなり古く、日本国内のパラグライダーが無かった時代から、阿蘇の草千里は大会のメッカでした。草千里の地形は小高い丘を周囲に持つ草原地帯なので、グライダーには最適の地形と言えます。

● 飛行エリアの標高は最大20メートル前後、これが扇状に広がり吹き上げる風はスロープ全体を包むので右翼。左翼と滞空範囲の広いサイトとして有名でした。実機九帝五型・阿蘇号も初飛行は草千里でした。自衛隊のクラブとして草千里に入山してた頃から、いやもっと以前からこの草千里にはお馬さんが放牧され、観光客を乗せて草千里の周囲を散策するアトラクションがありました。私達がグライダーを飛ばしていたエリアは、お馬さんの厩舎とは草千里の沼地体を挟んだ反対側のスロープでした。お馬さんは観光客を乗せて飼い主さんに手綱を引かれ、私達のエリアにも何回も来られますが、一度も止めろ!とか迷惑だ!とはいわれませんでした。何故なら・・・お馬さんが驚いて暴れないから・・・でした。

● 平成時代に入って、大観峰の大御所から、今の草千里はパラグライダーもラジコングライダーも飛行禁止だよ!と言われました。大御所さんから理由を聞いたら・・・パラグライダーに驚いてお馬さんが暴れ、載っていた観光客を振り落として怪我させたから・・・だそうでした。ただ・・・ラジコングライダーに関しては御咎め無しだったんですが、パラグライダーメンバーからのブーイング・・・「ラジコンは良いのにどうして地域振興や青少年育成をスローガンにして活動してる僕たちが飛べないんですか?不公平じゃないですかあああああああああああ!。」って訳の解らない言い訳をネットで展開し、ラジコンが飛んでるといきなり乱入・・・を繰り返しトラブル勃発!・・・警備員に拡声器で怒鳴られると、空中をスタコラと逃げ捲る。挙句の果ては・・・ラジコンやってるパラメンバーに頼んで隠れて操縦しお馬さんに接近して驚かせるパフォーマンスで嫌がらせを展開・・・。結局の所・・・管理事務所からの要望。パラグライダーは飛行禁止だけど、ラジコンやってるとパラメンバーが乱入して来てお馬さんが驚くので、自粛してくれないか。」がホンネらしいとの事。

● パラグライダーに嵌ると・・・人生観が変わるそうですね。鳥の境地に成るそうで・・・。ただ・・・中には勘違い野郎や自惚れ女史なる人物が出て来る・・・。自分達は神に選ばれた特別な存在である!。飛ぶ事を神に許された人類である!。飛べない下々の人類は、私達の元で頭を垂れよ!って勘違いしてる似非神に成ります。そういう輩が「私はビートルロック(兜岩)の長老(スカイマスタ)である!。」と危険な飛行行為を繰り返し、彼らを神と崇める信者を勧誘しようとする。ありゃまあ!ブラック氏(ミ・ツ・イ)と同種の輩ですね。警告・・・三井さんの本名書くな!って兵隊さんからのメール・・・。???・・・最初の掲示板での嫌がらせ行為の時のハンドルネームが(ミ・ツ・イ)でした。何の問題も無いのでは?・・・。ね!ブラックマウンテンキリシマの兵隊さん?。文句が有るなら身分を明かして小倉の銭形警部に言え!。

● 私の知り合いに草千里のお馬さんの飼い主さんがおります。この持ち主さんから興味深い話を聞きました。ラジコングライダーが飛んでいてもお馬さんが驚かないのに、パラグライダーが飛ぶと驚いて暴れる事態には理由が有るそうです。聞けば何と単純な理由でした。

● 知的生命体である人類を除く地球上に存在する動物の本能的な行動の一つに、自分よりも小さい動物には攻撃出来るが自分よりも大きい動物からは逃げる習性があります。あれま・・・そのまんまでした。人間でも動物行動の人って居ますわなあ・・・。一人じゃ出来ないから大勢で嫌がらせしてる人種が・・・。お馬さんから見れば音も立てないで静かに優雅に飛んでる飛行物体は、自分よりも体の小さい鳥と同じです。自分に対して危害を加えない動物には身の危険を感じないと飼い主さんは言ってました。ところが、パラグライダーはと言えば・・・お馬さんよりもサイズが数倍デカい飛行物体です。別に襲ってこなくても襲われるかも知れないっていう動物の警戒行動で、何時でも逃げられる用意をするそうです。よって、パラグライダーが近づくと襲われるかも知れない恐怖感から、暴れて一目散に逃げる・・・。飼い主さんが手綱を持ってるので、振りほどく行為は飼い主に背く事になりますが、其れよりも襲われる方が怖い・・・。流石に飼い主さんですわ・・・。動物の本能が解ってらっしゃる。

● 我が家の飼い猫にゃん太のピアさんにも同じ習性があります。自分よりも体の小さいネズミサイズのラジコン模型は追い掛け回すのに・・・、全長1メーターのキングタイガー戦車からは逃げ惑う・・・。ま!所謂・・・フンドシ大将って事ですわね。自分よりも立場のある人物の後ろに隠れて、時々フンドシを暖簾みたいにそっと捲って事の行く末を見て、今なら勝てる!って思えば今度は高飛車な態度で威張り捲る・・・。IQ160って言われるブラックさんって、ゼニガタ警部曰く・・・兵隊が大勢居るから威張れるけど、自分一人じゃトンビの飼い猫より大人しいとの事。ゼニガタさんは百戦錬磨ですわ・・・。人物の観察が・・・。

● (NEW-KOBACHI)の機体紹介でも記載した小倉ホビーの小橋さんから、当時北九州で起きた事件について話してくれた事があります。私が襲われたブラックマウンテンキリシマ(ミ・ツ・イ)と同じ様な要求で警察沙汰にしてしまったモデラーについての話です。私の高校時代(昭和50年)辺りから、再びラジコンブームが始まりました。大手のプラモデルメーカーが発売した、時速30kmのスピードの出せる動力がモーターのラジコンカ―が、専用モーター付き(¥9800)で発売し、当時の未成年者がお年玉や貯金したお小遣いで買えるラジコンとして火が着きました。

● 子供にせがまれた父親が模型店に出向き、息子以上に自分が嵌ってしまい・・・ラジコン飛行機一式を購入し、モデラーに成ってしまうパターンが日本中で発生しました。競技人口が増えると其れまでのモデラーにとっては、仲間が増える喜びもあれば、そういう初心者の前で自分の飛行機を自慢する輩も増えて行きました。と、同時に大手のメーカーさんも作れば売れる・・・従業員を増やさないと追い付かない状態が始まり、模型業界の好景気がはじまります。

● 大手のメーカーだけではありません。熟練モデラーの中には、模型飛行機に掛ける資金が潤沢な人ほど、完成機屋と呼ばれるカスタム工房に大金積んで自分だけのカスタムな一機を作らせ、完成するとメカを自分で積んで飛行場に持ち込み仲間に自慢するという行動に出ました。ところが・・・このカスタム工房が作った模型を飛行場に持ち込まれたら、どんなに高級な大手メーカーの飛行機キットを自分で拵えても敵わないと思い始めたモデラーがいました。

● 彼自身もラジコンに掛ける資金はお小遣いレベルで確保はしてましたが、お金持ちって程でもありませんでした。このお金持ちさんがカスタム機を持ち込むまでは、自分が一番だと思っていたのに・・・いつの間にか自分の周りから仲間が消えていた事にやっと気が付きました。何とか・・・前みたいに仲間に自慢してチヤホヤされたいけど、メーカーのキットを自分で作って飛行場に持ち込んでも・・・誰からも相手にされなくなりました。

● こうなったら自分もカスタム屋に頼んで特別な一機を作ってもらうしか方法が無い!・・・と考えて、紹介して貰ったカスタム工房に出向いて機体製作を頼んだら、法外な金額を提示されて頭に来てしまい・・・飛行場の仲間に愚痴を言いふらす有様でした。しかし・・・当時のカスタム工房としては妥当な金額だと思いました。工房側からしてみれば、お客様の要求される飛行機を、お客様の為だけに刻んだ一機分の材料で組んで差し上げる飛行機なんですから・・・、材料費と製作費が法外に見えるのは可笑しいと思います。何とか自分のお小遣いの範囲で作ろうと頼んでみたけど・・・相手にしてもらえませんでした。飛行場でも相手にされない・・・カスタム工房にも相手にされない・・・となれば、後は技術を高めて自分で作る!と言うのが一般的なモデラーの行動なんですがね。このモデラーさんは、怖~い事を考えて実行してしまいました。

● このカスタム屋さんは小橋さんに25歳で弟子入りし、三年後には小橋さんも認めるカスタム職人に成りました。三十歳前に結婚し、直に子供も出来・・・家族の為に一生懸命、他人の飛行機を製作して生活していました。ある日・・・奥さんが買い物に出たっきり・・・夕方に成っても帰って来ませんでした。そして翌朝に成っても帰りませんでした。ご主人は心配に成って警察に捜索願を出しました。そうして居なくなってから五日後に不審な電話が工房に掛かって来ました。奥さんは何者かに誘拐されて監禁されたとの事・・・。身代金の要求では無く・・・指定のラジコン機をタダで作れ!の要求・・・。明らかにモデラーの犯行だと解ってしまいますが、何処の誰なのかが解りません。警察も身代金要求では無くカスタム工房の主人にしか作れない飛行機なので、どう対処して良いのか解らず・・・困ってしまいました。

●  期限は一か月・・・もし間に合わなければ・・・嫁さんは売り飛ばす・・・が脅し文句でした。警察は人身売買組織が臭いと睨みますが、模型飛行機愛好家にそういう人物が居ると成れば、おのずと疑いの目が注がれるのは北九州市のラジコンモデラー全員・・・。後で解った事ですが、この誘拐犯は例のモデラーさんでした。子供を誘拐すれば大人の誘拐よりも遥かに罪が重く成る事を知っていたので、奥さんを自分の仕事場の倉庫に監禁・・・。まさか・・・警察沙汰にはしないだろう・・・が、素人さんの誘拐行動。普通のラジコンマニアがお山の大将閣下を気取ってしまった犯行でした。事件は早期解決・・・。犯人の奥さんが旦那の行動に不信感を抱き、深夜に頻繁に自前の工場倉庫の出入りするのを見て・・・旦那不在の時に倉庫の個室の扉の向こうから物音がするので呼びかけてみたら、かすかな悲鳴が聞こえて来る・・・。鍵をバールでこじ開けて、カスタム屋の奥さんを発見・・・。警察に通報してパチンコ屋から帰宅した当のモデラーさんを逮捕して事件解決・・・。ある意味間抜けな犯人の起こした人騒がせな事件でした。

● 小橋さん曰く・・・このモデラーは本家である小倉ホビーにも依頼にきたそうですが、指定した飛行機と希望予算を聞かされて無理と判断し断ったそうです。モデラーさんは、自分でキットを購入するとキット代金しかお金は掛かりません。製作費は自分に支払うので必要ありません。昔からカスタム屋さんには共通の格言がありまして・・・。自分でキットを作れるモデラーは、自分の製作技術は高く見積もるが、カスタム屋の製作費用は安く見積もる・・・。ラジコンブームが始まると必ずこんな輩が北九州には必ず出て来るからな!充分気を付けろ?。・・・自衛官当時・・・外出できた週末の休みの時だけ約半年・・・小倉の小橋さんの作業場に通い詰めてせっせとバチのモノコック胴体組んでました。もう既に他界された小橋さんですが、彼の機体構造の一部は当工房の機体には当たり前に採用されています。バチの小型化の秘訣・・・軽量化するならスチロールコアの主翼を虫食いだらけにして、全面プランクしてみい!・・・。構造は複雑に成るけど、強度的には変わらんバイ!。今も頭の中に残っている当時の小橋さんのアドバイスですが、スチレン主体の飛行機構造を確立したら・・・やっぱり小橋流になっていました。ラジコン技術誌の製作記事の大御所・山本氏・一条氏・片岡氏・そして三宅氏(空野彦吉さん)更に小橋さん・・・。私には尊敬する師匠が沢山居ます。どんな輩に襲われ様と・・・彼らの模型技術は、時代の流れに沿って継承し、未来へと運んで行きます。

● 当工房を閲覧している世界中のモデラーさんへ・・・私には扶養家族はおりません。家族に成れたかもしれない女性と子供に成ってくれたかもしれない生まれる前の幼体は、阪神の震災で亡くなりました。両親も既に他界しました。家族を狙って嫌がらせを画策し、模型飛行機のタダ貰いをしようとしても無駄ですよ。カスタム商会の師匠に弟子入りする時の条件である、脅しに屈してタダでカスタム品を渡すな!って言われてます。だから・・・北九州のブラックマウンテンキリシマ((ミ・ツ・イ)さんには、大手メーカーの飛行機キットを渡しました。まあ・・・彼のホームページを見る限り・・・完全には作れないだろうなあって思います。差し詰め・・・オークションに売り飛ばして現金化が関の山でしょうね。ブラックさんのホームページを皆さんで閲覧してあげて、製作技術向上の為にメールボックスがパンクするまで、アドバイスしてあげて下さい。多分・・・他のカスタム屋さんにも同じ手口のタダ貰いをする時の兵隊勧誘をして来ると思いますが、小倉のチーム・銭形が危なく成ったら助けてくれますから。安心してアドバイスの書き込みをしてあげましょう。     (H29・10・14記載)