◎ 公共の場所での無許BBQ

● 今回の航空法改正の項目の一つに、ラジコン飛行機による夜間飛行は止めてくれ!というのがありました。例えば・・・個人のお庭の敷地の中で、外部とのトラブルが発生しない場所ならば、この項目は適用されません。しかし、飛ばす飛行機が大きかったり煩い動力搭載機ならば、やっぱり該当する可能性はあります。

● 今回の航空法改正で取り上げられた夜間飛行の禁止なんですが、危険だから・・・の括りだけではないと思います。このラジコン機による夜間飛行の始まりは、数年前の電動ラジコン模型を楽しむモデラーのグループが最初だと思っているネット閲覧のモデラーが殆どだと思います。ですが、歴史は大変古く昭和50年代に既に行われていました。

● ただし・・・、場所が限定されていたんですよ。関東方面の周りに民家の一切存在しない、海に面した断崖絶壁のスロープサイトで、クラブ員総出で行われていました。この飛行クラブは関東方面では大変有名な老舗クラブでしたが、昨今のネット普及後のルールとマナーを守れないモデラー達の愚業で、飛行禁止区域となってしまったそうです。

● 今回の法改正で禁止となった理由は、公共の公園や民家の点在する地域での夜間飛行において、モデラー達がワイワイやってる騒音が煩いと苦情が殺到したからだそうです。ネットの有名ホームページでこの夜間飛行を取り上げると、瞬く間に全国に広がり、世間の迷惑を顧みずどこでも無許可で夜間飛行をやった結果が禁止となりました。

● 現況の改正ルールは、私がラジコンを始めた昭和40年代後半のクラブルールと粗同じです。まあ、それが当たり前のルールでしたので、今回の改正により私自身が困った事態は起きませんでした。結局のところ・・・昭和40年代の規則正しいクラブ単位の飛行場ルールを知らないモデラーさんや、平成以後にラジコン飛行機を始めた昭和生まれのモデラーさん達が、暴走するネット掲示板のお仲間さんと競争するみたいに無分別に行動したのが、良くなかった事態を生んでしまった!というのが原因だと思いますよ。

● 電動ラジコン飛行機が普及した愛好者の掲示板には、これってヤバいんじゃなかろうか・・・ともとれる文言が並び、じゃあ日曜日の朝10時に飛行場集合が当たり前だった昭和の時代から、夜7時に飛行場に集合!ナイト飛行やりながらバーべキューって、地域の役所が見てたら絶対止めさせられる行為を平気で実行していました。

● 一度実行して近隣住民や警ら中のパトカーからも注意されなかったら、続けて実行出来る!っていうお頭の具合が可笑しいのであって、世間が認めてくれた訳ではありません。多勢に無勢・・・一部の近隣住民が注意に出かけても・・・、相手は大勢、しかもアルコールが入って大騒ぎの大虎集団・・・、住民さんが返り討ちに会うだろう図式が目に見えています。集団での暴行の果てに被害者は死亡・・・って事態に成っても・・・、「僕は二回しか殴ってません!。」って、大勢が言い出したら、犯人は特定不可能です。それが今までの法律・・・。テロ共謀罪・・・集団リンチは全員が犯人。これからの無秩序な集団での迷惑行為は、犯罪となります。

● そんなに夜間飛行とバーベキューがやりたかったら、認可の取れる土地をお仲間全員・均等割りで購入して飛行場を作り騒いで下さい。しかし・・・国土の狭い日本です。どんな田舎でも人は住んでます。人気の無い山の中には、獰猛な野生動物も生息しています。そういう場所を自分達で開拓してやって下さい。私自身も夜間飛行は迷惑行為だと思います。私の家の周りではやらないで下さいね。

● それとですね・・・、電飾キラキラの中国製量産機のバルサ機・・・、我が家の茶の間のガラスを突き破って侵入してきました。直ぐに警察に通報したので、原物は警察署に保管してあります。窓ガラスだけ弁償してくれたら、今回は許すから名乗り出なさい。バルサ機に電飾搭載・・・、おまけに3セルモーター仕様。リポバッテリーが火を噴いていたら、我が家は丸焼け・・・。怖い時代に成りましたね。法規改正後でも夜間飛行やってるモデラーが居るんだから・・・。

● 警察の調査でこの飛行機って、天草から飛来した可能性を示唆・・・。機体の表面に書かれた文字類で、判断との事。って事は・・・視界没のノーコン状態で飛んでいたのかあ?。この事態・・・今後の模型業界に影響しなければよいのだが・・・。