☆ 暴走する個人ホームページ(コンテンツ編)

● 平成15年の夏、父の初盆に合わせて20年近く住み続けた大阪を引き払い・・・、島原半島の地元に帰郷しました。父の残した浜辺の家を離れたくない母の希望で、長男である私が帰郷する事になりました。更に晩年の母は、その生涯を自宅介護でと望みましたので、独身だった私が死に水を採るまで介護しながら、自宅で出来る現在の工房を続けました。日に日に老いて行く母を自宅介護する知識を得る為に、ホームヘルパー2級の資格を取る為に、スクーリングをしました。

● 知識を得ると晩年の母の行動が解る様になりました。何が好きで何が嫌いなのか・・・。何をされると喜び、何をすると悲しむのか・・・。だんだんと認知障害も入り始めると、知識が無ければ接する家族はパニックになりますが、知識を持って日々の生活を共にすると、母の行動のパターンが見えて来るので、介護自体に苦痛を感じた事はなかったです。ただし・・・ブラック一味に付き纏われるまでは・・・。

● 平成15年に自宅で再開した「HANGER-3・カスタム工房」なんですが、その数年後にいきなり始まったブラックマウンテンキリシマ(黒霧島・北九州在住の会社員)とそのメンバーに、まずは母が襲われ・・・そして私が襲われました。母はブラック一味の一人に「オレオレ詐欺・振り込め詐欺」を強要され、捜査の甲斐あって未遂に終わりました。

● その数年後、今度は私自身がブラック本人から恐喝行為を約4年間に渡って受け続けて来たんですが、彼の仲間の他に彼の本性を知っていながら、見て見ぬ振りをした有名ホームページの管理人さんがいます。と言うよりも・・・、無理やり仲間にさせられた管理人さんでもある・・・。力関係から、自分よりも怖い人物には屈服し・・・、自分でも対処可能な相手なら高飛車な態度に出られる・・・。まあ!・・・ネット世界の常識みたいな人でしたね。「トンビさん!早くブラックさんに品物渡して下さいよ。そうしないと、僕の携帯電話に頻繁にメールして来るんですよ。要求された通りにタダで品物渡した方が良いですって~・・・。もしかしたら、ヤクザかもしれませんよ。ブラックさんは・・・。」・・・、このセリフを聞いた捜査官の皆さんは、犯罪組織の匂いがすると、ブラック一味を追いかけ始めたそうです。

● ヤクザって言葉を出せば恐れ慄いて・・・、犯罪者の言う事を素直に聞くって思う辺り・・・、典型的な管理人さんだなあ~って思いました。私の携帯電話には、通常はブラック本人からの非通知のワン切り攻撃・・・たまに脅し文句で肉声の電話。何れなんですが、調査チームの許可が出れば・・・当時のブラックさん本人の肉声電話のテープ録音・・・、配信します。聞き覚えのある肉声にピン!と来たら、それがブラックさんですよ。

● 現在はまだお子様が小さいですので・・・。彼の行動は何処かズレていますので、真面目なお父さんみたいな仮面を被ってますが、裏の怖い一面を知っているのは襲われた被害者・強要された有名ホームページの管理人さん達の他に、調査しているお国の機関も知っている・・・。よって、ご家族の状況の頃合いを見計らっての出頭要請となります。まあね・・・、裏の顔を隠す為に行ってきた数々の行為・・・。その殆どが、今回の空物ラジコンを規制する航空法改正に該当しています。ドローン問題の○エル君よりも重要視されてると思いますよ。

● 純粋にラジコン飛行機を飛ばして楽しむだけの行為に徹していれば良いのに、訳の解らない文明の利器で自分が主役のサイトの紹介なんかするから・・・、国家を怒らせたのかもしれませんよ。ブラックさんのブログに紹介されたスロープサイトは、日本に敵対する国から見れば、欲しくてたまらないエリアです。此処を占拠されたら、人質取られて反撃不可能になります。更に・・・北九州も行橋平野も丸見えですので、ミサイル攻撃され放題・・・。そんな戦略的重要拠点を、詳しくブログで紹介なんかするから、国防省に監視される羽目になります。お仲間のケンタカさんに言うときなはれ!、インターネット生配信・・・中止になった理由・・・。

● ホームページを開設する時に、制約される事項が幾つか存在しています。これらの事項を遵守出来ない管理人諸氏は、ページを閉じるか・・・、閉じさせられます。配信行為自体が犯罪行為・諜報行為に該当すると判断されれば、やはり閉設される事になります。ただし・・・犯罪の匂いがするページは、ほっとけば犯罪者の行動が解るので捜査の手助けになります。そういうページに成りたくなかったら、特定のお仲間さんを攻撃している人物は、管理人特権で排除しなければなりません。怖い!って思うかもしれませんね。黙っていたら無視していたら管理人さん本人には被害は及びません。もし・・・忠告なんかしたら・・・標的が自分に成るかも・・・って恐怖感ありますからね。そういう時は、閉設すれば済むんですよ?。そして新たに始めれば良い・・・。

● 法規改正前のラジコン関係のホームページを閲覧していて気付いた事があります。一貫した自分自身のポリシーに基づいたホームページの内容は、見ていて惹きつけられるものがあります。それが、ヨーロッパの個人のラジコン関係のページに代表される様な、モデラーの育成を促進する様なページです。模型を作る気を起させるページのアクセス数は、毎日のカウンターが急激に増えていきます。当工房のページのカウンターは非公開なんですが、そのアクセス数は毎日1000回を越えています。

● ページの内容が面白く、面と向かって知らないから教えて下さいって言えないモデラーさんは、理解できる人は自分なりの応用を考察できますし、知識の無かった人には新しい世界への展望が開けてきます。何でもかんでも鵜呑みにして自分のページで自分の考察として掲載している管理人さんは、ご本人の作品と記載している文章にギャップがあるので、カウンターが増えません。

● 他人のページから掲示された情報を、自分なりに考察して自分の技術として発表すると、その変化は以前の管理人さんの作品よりも遥かに向上します。こういうページのアクセス数は、その日を起点に安定して増えていきますよ。最近のホームページの動向なんですが、自作モデラーさんが急激に増えたと実感できます。

● 上記のページの管理人さん以外の内容を見る限り・・・、文明の利器の危ない使い方をしていると実感せざるをえません。昨今のドローン問題は、空撮動画だけではありません。空撮の静止動画や画像を無秩序で掲載すると、そういう画像を解析する他国の専門組織に無償で情報を与える結果となります。

● 閲覧しているモデラーの中には、他国の諜報部員も混じっていますし、もっと面白い事・凄い事を僕は出来る!って思って行動に移そうとする過激なモデラーも出てきてしまいます。昭和の時代の様に、ある程度の危機感と節度を持ち純粋に飛行機を飛ばすだけの行為に徹していたら、今回の様な法規改正は起きていません。文明の利器で暴走しているホームページの管理人さんの飛行機作品は、はっきり言って航空力学を無視した初心者以下の危ない飛行機ばかりです。技術を売りにしたホームページから見れば、内容に奥行きが無く薄っぺらいので、見ていても面白くありません。こういうページの管理人さんのメールボックスには、共感モデラーに化けた他国の諜報員も多く紛れているんだろうなあ・・・って思うこの頃です。

● 証拠隠滅行動は・・・確実に証拠が残る・・・件・・・。

● 上記掲載中の管理人さんから電話・・「早く品物タダで渡して下さいよおおおおお!・・・。」は、何故起きたのか?・・・。今だから話せる事が一部だけあります。明らかにタダ貰い前提なので、飛行場に行くとクレクレ本願・・・。競技中にも耳元でクレクレ連発・・・、陰ではお仲間とコソコソ・・・ネットに嫌がらせ・・・生前のお袋を巻き込んで嫌がらせを始めた時点で、既に警察沙汰・・・。

● 当時はまだ・・・ネットによるサイバー犯罪のボーダーラインが決定していなかった時期でした。しかし・・・お袋の担当さんは、巨大な犯罪組織との関連性も含めてネット上でのトラブルの詳細を捜査中でした。このブラックさんの行動があまりにも、今でも問題に成っているオレオレ詐欺の手口に似ているので、大変興味を持ったそうです。普段はとっても優しくて繊細な心を持ったお父さん・・・、しかし・・・裏の顔は・・・ネットで嫌がらせ・・・恐ろしい裏の相談・・・。お仲間に紛れた担当さんの部下に計画を話す、間抜けなブラックさんのお仲間さん・・・。

● 携帯電話への嫌がらせが始まる一か月前に、担当さんと今後の相談をしました。何でも良いから仕事に支障をきたさない程度のガラクタを渡してみろ!・・・その反応が見たい・・・との事でした。そこでプレゼントで貰った飛行機のキットとパーツ(引込脚・サーボ・スピンナー)をセットして、平尾台へ出向くお仲間さんに事情を話してブラックさんに渡してもらいました。

● 大会終了後・・・お仲間さんから電話・・・「渡したけど、完成機が良かったあああ・・・お礼の電話ばせにゃならん!。って言うてたぞ。別に喜んでもおらんし、貰って当然って顔しとったぞ!・・・。なあ、あいつ・・・お前の携帯番号・・・知ってんのか?。」・・・お仲間さんは真剣に心配しています。「さっき・・・非通知のワンギリがありましたよ。」って答えました。で!お次は担当さんから電話。
「北九州の160(ブラッツさんの呼ばれ方)から、電話あったやろ!。通信会社からワシの所に連絡入ったぞ。非通知のワンギリやったやろ!。紛れも無く犯罪の予兆ばい。お前の番号、リークした奴も解ったぞ!。あとは、どの位・・・芋ずるが繋がっとるかなあ・・・。暫くは監視しとるから、辛いやろうけど堪えとけ!。」・・・。その後も延々と悪戯電話は続きました。携帯番号を変えても変えても続きました。

● この非通知のワンギリ攻撃には法則性がありました。私が関わるであろう飛行機の飛行会や大会が近づくと頻繁になります。それが全部・・・ピーポの担当さんに筒抜けだったとは、知らぬはブラック一味のみ・・・。飛行会に行くと見せかけて、国道3号線手前で待機・・・。ブラックさん通貨の知らせを貰ってから、大観峰に向かいました。どういう事か解りますか?。非番のピーポさん達が飛行会の見学がてら・・・ブラックさんの車両を尾行・・・。ず~っとブラックさん達には、熱狂的な(追っかけ)が張り付いていました。国家が最も嫌がる事を、平気で自分のブログに何の躊躇も無く掲載するブラックさんの悪いお仲間さん・・・もっと熱狂的な(追っかけ)が張り付いていたそうですよ。何でもかんでも無修正でブログに掲載しちゃうから・・・。俵山の自殺志願者・・・死にきれずにうつ伏せで泣き崩れる画像をブログに掲載。死を覚悟した自殺志願者の心をあざ笑う様なコメントの仕方・・・。ピーポさん達は、相当頭に来ていた事実・・・、ご本人は知らんやろ・・・。言論の自由!にも限度が有る!・・・ブラック一味の不思議な行動の数々ですが、興味を持たれて当然ですわね・・・。

● 私が除染現場で福島在中していた丸三年間・・・、現場の休憩中にも着信する(非通知のワンギリ)・・・ふと想いを巡らせば、大会前の時期でした。「未だにやっとるみたいやなあ~。」とは、未だに通信会社から連絡が入るそうで・・・。しかし・・・ブラックさん・・・携帯番号が変更された時点で何も考えなかったのか!既に名義人がピーポさんに移った事・・・。ピーポさんに何回・・・非通知のワンギリ・・・やったんでしょうか・・・。番号を変更する度に、教える人物を限定していたので・・・おのずと怪しい人物は特定されます。最初の携帯番号をリークした熊本の人物(I)は、その後アメリカ勤務・・・。個人情報の漏洩はテロにも繋がる犯罪行為・・・、アメリカの担当さんもこの人物は監視の対象だったとか・・・。知らぬはご本人ばかり成り・・・。此方が躍起になって告訴しなくても、今後の世界情勢の行く先で、必ず粛正が始まるそうです。個人情報の漏洩・・・ネットや通信機器での嫌がらせ・・・、スパイ行為なのか・・・テロ行為なのか・・・。のほほ~んとラジコンやってるブラックさん達ですが、鉄壁の証拠隠滅行動やらないとバレちゃいますよ。まあ・・・その行動自体を監視されてたら・・・、証拠隠滅自体が証拠になりますよ。テロ監視法案・スパイ防止法・・・大歓迎です。

● さて!・・・この「品物!早く渡してくださいよおおおおお!。」のモデラーさんですが、日本でも超有名なホームページの管理人さんです。ジェットタイプのEDFをガンガン飛ばせる人なので、冬場の平尾台の大会に誘ったんですが・・・、なるべく出費を抑えたいとこのブラック氏の家に泊まりました。それ以前から・・・ネット掲示板のみならず、実際に対面したモデラー諸氏の間からも、初対面時は好印象だが、徐々に別の一面が見えて来て最終的には恐くなる・・・といった感想が一致していました。

● ブラック氏の手口については別項に記載していますが、私の個人情報を脅し目的と知っていながらブラック氏に漏洩した人物(IズミUSA)・・・当工房の企画会議に潜り込む手はずをした人物・・・、そして今回・・・世間からは多くの信頼を集めている管理人さん・・・、共通しているのは平尾台遠征の為にブラック氏の自宅に宿泊して一宿二飯の恩義を受けている点です。皆さん・・・ご家族の前で個人情報を聞かれ教えてしまった人達です。

● 彼の目的は、私のお仲間さんを全て調べ上げ、その人物に出会ったらなるべく丁寧に接して個人情報を聞き出し手中に納める事・・・すなわち・・・自分の怖い一面をそういう人物に感じさせない様に接し、更に私を窮地に追い込み脅しを続ける手口です。「全員!俺の味方だし、仲間なんだぞ!。」って言ってましたが、警察が介入した今・・・ブラック氏の犯罪の片棒を担いだと気付いて慌てふためいているモデラー諸氏からは、理由をぐだらぐだら書き綴った長文メールが後を絶ちません。片棒を担いでしまったんだから、反省はしてもらいますよ。

● 私の個人情報無断でブラック氏に漏洩した熊本の(IズミUSA)の電話記録は、既に警察が保管している様です。このIズミUSAは、ブラック氏の再三のクレクレ行為に私が応じないもんで・・・、私のテスト機を多く飛ばしてくれた熊本の大御所宅に連れて行き直接クレクレ行為をやってしまいました。その強引なクレクレ本願行為がご家族をも怒らせてしまい・・・その後予告無く現れても相手にしないそうです。不意に現れた場合は・・・理由を付けてこれから外出だからと追い返す戦法を使われるとの事。

● 携帯電話のみならず・・・色んな手口と恩恵目的の仲間、そして個人情報を知られて無理やり嫌がらせの片棒を担がされた多くのモデラー諸氏・・・全て未成年のお子様を持ったお父さん達です。さあ!ブラック氏が逮捕されたら・・・彼は自分の正当性を主張する為に、無理矢理仲間にさせた多くのモデラー諸氏と裏の顔を知らずにブラック氏に協力していたモデラーさん全ての個人情報を警察にブチ撒いて罪を軽くしようとするでしょう。彼のブログの最後の書き込みに、擁護する様にコメントを書いたモデラーさん?・・・申しわけありませんが、貴方は既に管理人(ブラックマウンテンキリシマ・黒霧島の夢日記)の兵隊さんにされています。何処までの個人情報を教えてしまったのか解りませんが、携帯電話の番号だけでも変更する事をお薦めします。ただ・・・問題なのが、ブラック氏に個人情報全てを牛耳られた通信会社の社員さんもいる様です。名義人をご家族ご親戚にするとか対処法を考えないと・・・再び犯罪の片棒を担がされます。

● 彼のブログ「黒霧島の夢日記」が現在更新されていない理由なんですが。本来・・・ここ平尾台には老舗クラブが運営するホームページが存在していましたが、このページの掲示板をブラック氏がお仲間を使って潰しました。現在は閲覧不可能なんですが、アドレスを変更して普通に運営されています。閲覧不可能にした理由は、このブラック氏の薄気味悪い親切行動が、クレクレ本願タダ貰い行為に変化したからです。親切にしたんだから、タダ貰いする権利が有る!応じなければ・・・今度は嫌がらせ行為に出る。最初は私の注意なんか気にする事の無かった平尾台メンバーさんなんですが、自分達に直接その災難が降り掛かったら対処するしかありません。で!理由を付けて閲覧不可能にしたと言っていました。

● 一生懸命・・・薄気味悪い親切行動を展開したブラック氏の当時の目的は、クラブの役員にしてもらい大会参加者のみならずクラブ員全員の個人情報を手中に納め、全員を牛耳る事です。デタラメ言うな!ってブラック氏は言うでしょうね!。でも・・・アンタの怖い会話の全ては盗聴されているって事ですよ。計画が解れば先回り・・・。平尾台大会のインターネット生配信行為を平尾台の掲示板に告知して、賛同を得ようとしたけど・・・誰も反応しなかったでしょう。平尾台の運営サイトにはブラック一味の知らない制限が大きく働いています。最初にこのラジコングライダーのサイトを開拓するにあたって、西小倉にお店を構えていた模型店(光模型)のご主人が、正式に北九州市に書類を提出して認可を得たからです。その際の制限事項を当時からクラブ員全員に遵守させ、ビジターさんにも口で伝えて延々50年近くその制限を遵守していましたが、このブラック氏の行動は度が過ぎていました。かつて昭和50年代の馬鹿なモデラーさんの行動・・・不審火に見せかけた季節外れの野焼き行為は、当事者のモデラーに対する嫌がらせ行為・・・自分の要求に答えないモデラーなら永遠に使えなくしてやる!っていう馬鹿な考え方とブラック一味の行動のプロセスがあまりにも似ていたからです。だから国家権力が介入した・・・。ってところでしょうか。お仲間のパラグライダーメンバーにも言うときなはれ!何れパラグライダーにもJAナンバー(国家資格の免許制交付)が適用される事実・・・。ルールを無視した行動を続けていたら・・・近年中に施行される可能性大・・・。

● 「黒霧島の夢日記」の更新がストップした理由・・・。多分・・・ご本人はまた別ページを持った可能性も有るだろうとは、担当銭形警部のお話し・・・。このブログを閉鎖せずに残している理由・・・最終書き込みに対する同情コメントを残して、閲覧可能状態にしている理由・・・全てが閲覧者の同情を集めて今後更に自分を守らせる兵隊を増やす目的があるとは銭形氏の見解です。この通信機器(携帯電話を含む)には、いろんなサービスがあります。携帯電話の保持者と名義人は必ずしも同一人物でなくても良いという点です。書き込むのはブラック氏ですが、ブログの名義人はブラック氏のご家族とし・・・嫌がらせを受けたと訴えるのは第三者のご家族だった場合、ブラック氏は逆に被害者と成れる可能性も有るとの事。しかし・・・契約から運営まで全てを国家権力が知っていたら・・・ブラック氏の犯罪目的のブログ運営は、証拠物件の一つとなります。あのブログはブラック氏じゃないよ!って聞かされた人の情報が私の所にも入って来ました。だから銭形チームからのブラック氏の呼ばれ方(IQ160・・・悪知恵の天才)なのかもしれません。

● ページの管理人に成ると・・・多くの閲覧者から尊敬され・・・中には神様扱いされる人も出て来ます。ブラック氏は平尾台グライダークラブのページが閉鎖されると、直ぐに自分のブログを開設した様です。平尾台のグライダーサイトとクラブは自分が管理していると思わせる為です。初めて閲覧されるモデラーなら必ずブラック氏を平尾台グライダークラブの重鎮だと思う筈です。これこそ・・・(IQ160・・・悪知恵の天才)の手口です。このブラック氏の過去ログを全て見れば、彼の手口の恐ろしさに気づきます。読まずに最近記事(閉鎖された当日の記事とコメント)だけを見れば、不当に嫌がらせを受けて閉鎖に追い込まれたみたいに記載してますが・・・。実際には注意を促したのが警察権力関係者ならば・・・彼のブログは危険と判断されたのでしょう。「警部!圧力掛けたんですか?」って聞いたら「さあ?どうだろう・・・。」とはぐらかしてましたが・・・。まあ・・・平尾台のメンバーさんには銭形警部の部下も混じっているという事ですね。表向きは公務員・・・。公務員枠は広いですからねえ・・・。ブラック氏は悪知恵の天才の筈?なんですが、銭形警部の方がもっとIQ(知能指数)は高いって事なんでしょう・・・。

● 光模型のご主人は既に他界されて十年以上になります。毎年・・・冬の大会にはご主人の慰霊の儀からスタートします。仲間集めてクラブを作り、無許可で広場を飛行場にする行為・・・ブームが起きると必ず始まります。今回の航空法改正・・・空物ラジコンに対する規制が大きいです。この懸案事項には過去のブラック一味の恐ろしい書き込みや行動も入っていたと聞きました。光模型のご主人が北九州市に提出した書類は、膨大だった様ですよ。国定公園内で正式に認可を受けて飛ばせるラジコングライダーの敷地の確保ですからね・・・。このブラック一味の問題行動・・・北九州市も黙って黙認は出来ないでしょうね。過去には戸畑区の貯水池において無許可でラジコン水上機の飛行会を主催した事実・・・既にバレていました。

● 北九州には沢山の独立した空物ラジコンクラブが、昭和の時代から現在まで存在しています。パラグライダーがまだ日本で普及していなかった昭和50年代には、平尾台と言えばハンググライダーとラジコングライダーのメッカでした。この私でさえ・・・スタンダードなハンググライダーには載ってましたよ。現在はパラグライダーの専用サイトと成っている行橋平野側の大観台は、当時はラジコングライダーとハンググライダーが仲良く飛んでました。サーマル求めてラジコングライダーがセンタリングを始めると、ハングの仲間に無線で知らせて、ラジコン機を目指して近寄ってきます。ラジコン側はハングが寄って来たら、上空に上がって次のサーマルを探します。

● 運悪くラジコン機が斜面に不時着すると、ハンググライダーのパイロットが上空から位置を地上の捜索者に知らせます。二つの異なる飛行チームが仲良く一つのサイトに存在出来た時代もあるんです。ハングのローカル大会が有ると、ラジコンメンバーにも連絡が来て、大会前に斜面全体のエリアの気流具合をチェック・・・。気流が安定したらハングパイロットがテイクオフ・・・。本当に良い時代でしたね。常に気流を先読みして操縦しないと思い通りに飛ばないパラグライダーと、無動力グライダーの常識を変えてしまったレーシング・・・。この二つが同時飛行すれば、必ず両方が目障りに成って行きます。人が載って操縦するグライダーと無線操縦のグライダー・・・昭和のハンググライダーとバルサ製のラジコンソアラーの相対速度が両方とも同じ位でしたので、可能だったとも言えるんですけどね。当工房の主力グライダーが、風速10メートル域専用機が多いのは・・・こういう理由があるのです。パラグライダーの安全に操縦出来る風速域は5mまでと言われています。ハンググライダーはもちっと上で風速8メートル辺りまで飛行可能でした。それ以上だと、かなり前重心で突っ込まないと前進してくれませんので、初心者が上空でこの状態に成ったら流され捲って着陸エリアに帰って来れなくなります。風速10メートル域の専用ラジコン機ならば、有人グライダーが飛ばないので安心して飛ばせます。ただし・・・このかっ飛びグライダーを操縦出来るモデラー限定となる、愛好者の狭~いジャンルでもあるんですが。