● 霧ヶ峰式(鷹号)の製作 (Part-3)

● 支柱アセンブリーであるペグの取り付けです。胴体側にも台座を内蔵しています。ユニバーサルヘッドのビスは、3×10mmのトラスビスを使用しています。トラスビスは頭が大きいのでワッシャを必要としません。

● 支柱の製作に入ります。内部材は基本厚み3mmです。3×4mmのバルサ、3×3mmヒノキ、3×7mmのバルサを繋いで支柱のベースを作ります。画像のフレキシブルロッドは、OK模型のEZに使用されていたリンケージパーツです。今はフレキシブルロッド単体で販売されています。確か定尺が1200mmでしたので、長いロッドが欲しい時は直接メーカーに聞いてみて下さい。

● エポキシを使って部材を組立てます。支柱の端には先ほどのフレキシブル内部パイプを取り付けてあります。このロッドの使用方法が内部星型パイプに寸切りビスを捻じ込んで先端にアジャスターを同じくねじ込みます。それと同じ状態で使用します。

● 支柱の芯材に1mmバルサを両面貼り込みます。これを画像の形状で仕上げます。両端に寸切りビスを捻じ込み、アジャスターを取り付けて完成です。

● エルロンサーボの台座を作ります。エルロンサーボは蓋に直接ビス止めされますので、四隅の台座にビス止めで固定されます。今回の主翼前縁材はトリプルシートとしました。三枚貼り重ねるとビニール系のボンドの層が二枚となります。速度の遅い機体が飛んでいると必ず現れるビュンビュン族。かすめて飛んで「あっち行け」とアピール。挙句の果てが正面攻撃、かすめるつもりがラリアット炸裂。この二層の接着剤の威力。肉を切らせて骨を断つ。主翼はもぎ取られても、もぎ取られた主翼は相手のシャーレー翼深く食い込み操縦不能にします。複合材料よりも粘りのあるバルサの前縁です。普通に飛ぶには丈夫なので楽ですよ。

● エルロンサーボのマウントを作ります。今回の機体では支柱とエルロンのアジャスターが干渉し易いので、主翼の上面からロッドを出します。

● スパンは1800mm弱なんですが、大きく見えます。まだ細かい所の製作が残っていますが概ね完成です。後は大好きなデブの素Aのたい焼き食べながらのルンルン作業と成ります。今週土曜日の発送です。ルンルン!!。

● 画像はまだ生地完成の状態なので、被覆と塗装が完了すればもっと実機らしくなります。いくら探しても当時のカラー映像がありませんので、想像の範疇で完全完成を目指します。まずは、テスト飛行ですね。基本モーメントはスポーツアクロバット仕様のアーリーバードなので、設計段階で一応の飛行は確保出来ています。今回はその基本性能を持ったヴィンテージグライダーです。

● グライダーは後ろ姿にも気品が感じられます。後ろ姿の美しさにも手を抜かず設計すると必然的に全体のバランス設定も良くなってきます。被覆をトランスパレットで仕上げるとぐっと実機感が増すでしょう。

● 本機 霧ヶ峰式(鷹号)のセミスケールモデルは初期ロット3機分で販売します。製作工程の簡略化により、組み立て方法が変化しますので、色々な価格設定が可能となりました。主翼の製作記事で紹介した工程だけでも、トレースしたバルサシートに部材を貼り付ける工法ですので、自分なりのオリジナル構造を追加する事も出来ます。そんなのレーザーカットで既に存在しているよ!って思っているモデラーさん?。部分抜きされたシートを更に改造するのは大変骨がいります。

● 本機の製作工程はレーザーカットが普及する以前の製作方法なんですが、特別な知識が無くても基本性能が低下する様な改造には至らないので、安心して自分なりの改造が可能です。


● 世間は最大9連休・・・。しか~し、我が選果場は9連チャンの普通出勤・・・。画像は4月30日の大観峰です。御大羽山さんによる「鷹号」のテイクオフです。スパン1800mmのヴィンテージスケール機のサイズはこんな感じです。ガルモデルにはこのサイズのキットが沢山在ったのですが、世の中・・・大型化の傾向に進み過ぎてあまり人気が無くなったサイズです。しかし、スロープで飛ばすサイズとしては一番手頃なんですよ。昭和40年代後半から50年代前半までは、50グラムの標準サーボと単三乾電池4本が基本でしたから・・・。当然本機も標準サーボが搭載できる胴体の容積です。

● 現代風の派手さは無いものの、当時の面影を充分堪能できるフォルムです。言わなきゃ誰も気づかない・・・と思いますが、実機の鷹号よりもノーズモーメントを長めに・・・よって尾翼が実機よりも大きく成っています。まあ~!いわゆる大人の事情・・・ですね。重心が合わせ易く飛ばし易い。

● ブループリントの管理人さんの「鷹号」は実際に霧ヶ峰での初飛行だったようですが、こちらの「鷹号」は大観峰におきまして・・・其れっぽい風景での撮影でした。カメラマン担当のモデラーさん!最高のショットを有難う御座いました。多分・・・地元のエイリアン共に霧ヶ峰だよ~って言っても疑わないでしょうね(笑)。

● 氏は九帝五型を自作しようと挑戦されたのですが、スパン1800mmで換算し胴体の側面図を引いてみたら・・・あまりの太さに驚き、骨組みのみで工作室の隅っこに置いてありました。口ではズバリ!作ってほしいなあ~・・・とは言いませんが、遠巻きな感じで写真を見せたり・・・図面を見せたり・・・と。Kometの時はプラモデル攻撃でしたし・・・。

● この日は朝から強風。ずっと風が収まるのを待って、お昼頃に最適風になりました。画像の位置からすれば西風ですが、こういう状態の日は強風に成り易い大観峰です。この方角に我が職場・・・選果場です。玉ねぎの選果は選果機が古くてほぼ人界戦術です。いわゆる体力勝負・・・。一日平均50トン・・・。10キログラムの箱を5000回持ち上げる・・・。腰が・・・。長崎の空は・・・曇り空でした。サーマルぼこぼこ・・・。選果場の上空にはトンビが舞っとりました・・・です。こらァ~!カラス!小玉の玉ねぎ・・・盗むんじゃねえええええ!。

● フラットボトム翼はヴィンテージグライダーには最適です。スピードは出ませんが浮きは良い。後は翼厚次第ですが、こういうタイプには最大翼厚12%辺りがベストでしょう・・・。落差の大きいスロープサイトなら機体の上面を見ながら飛ばせます。グランドでは絶対不可能な飛行ショットですね。