●・・・M163b−KOMETの組み立て・・・3

◎・・・いよいよ地味〜な作業に別れを告げて、私にとっては楽しい本来の組み立て工程に入っていきます。模型飛行機の完成までにはやらなければならない雑用も沢山あります。モデラー時代の私ならば、キットを購入して説明書通りに組み立てれば完成するんですが、自分自身で設計して作るとなると・・・、メーカーさんのセオリーを全て一人でやることになります。この製作記事は、メーカーの開発部の仕事の流れそのままなんです。キット価格が高過ぎるだの・・・作り難いだの・・・万人向けならいざ知らず、ネット掲示板のお褒め言葉欲しさに背伸びのし過ぎたキットに手を出し、失敗したのはメーカーさんのせいではありませんよ。自分自身の工作技術の範疇を超えた事実に出くわして対処出来なかったモデラー自身が悪いのです。


● 前ページでフィルムの中芯に巻き付けたバルサのシートが乾燥しましたので取り外します。この湾曲したシートなんですが、曲面を保ちたかったら画像の様に巻き付けて輪ゴムで結束しておけば可也の長期間保存が可能です。作り置きして在庫にしたかったら、乾燥剤を入れた深めのタッパーか高級クッキーや煎餅の金属性の蓋付きの箱に入れて保管しましょう。

● ストリング材を取り付けてみると胴体の全容が見えてきます。ここから先は細切れパネルの切った貼ったの工程ですので、今までの工作みたいに地味でストレス満載の作業ではありません。生地完成が済んで被覆も終わってキャノピーハッチの中から内側を見渡してはじめて・・・、俺って凄いなあああ・・・って自分を自分で褒めてる時があります。面倒臭い構造を根気良く組み立てた結果が「俺って凄いかもおおおおお。」自画自賛に繋がります。この状況ってね、自作モデラー全員が感じているのと同じ物なんですよ。

● 本機コメートのリブの形紙です。基本的にこのままトレースしても使えるリブ材なんですが、内部芯材がスチレンシートなので、前記の垂直尾翼と同じ様にフラットボトムの翼型状態で作図していきます。

● 画像上は3mmバルサの4枚組、画像下は2mmバルサの4枚組で留めてあります。これらのリブを糸鋸盤で切り出していきます。ボールペンで罫書きましたので、インクが完全に消えるまで削ると形紙と同寸法になります。ここで豆知識の一つなんですが、画像一番下のシートの左側の範囲を見て下さい。右側程、「柄」がよくありません。こういう柄の範囲はメディアムシートに時々紛れ込む材質が比較的硬い部分です。糸鋸盤で加工すると、ヒゲ(繊維質)が沢山出てきます。この範囲は比較的硬い部品が必要な時に使うと効果的です。木村バルサに複数枚のシートを発注すると、必ず一本の角材から加工されたシートが年輪の続きのまま送られて来ます。一枚一枚加工するんですが、組バルサと呼ばれるシートはその年輪に沿った順番を変えずにセットで送られて来ます。数十枚に束ねられたシートの木口を見て下さい。必ず年輪の輪っかがうき出して来ます。板目では複数枚のリブ材を取る時に材質が同じなので便利ですよ。

● リブ本体がフラットボトムなので切り出し易い様に見えますが、リブ自体が細い上にくり貫き部分が大きくかなり神経を使った加工になりました。あとはプラスチック用の接着剤で接着していきます。バルサなのに木工ボンドじゃないんですかあ〜?って何時もの突っ込みメールが来ると思うんですが・・・、先述しました様にかの空野彦吉氏の昭和の名機の数々にもセメダインCが使われていました。本機の場合は、スチレンシートの表面を僅かに溶かして接着する有機溶剤系の高粘度接着剤もバルサとの愛称は良いと思います。ただし!ネットの博士達の様な瞬間接着剤のみで組まれた機体ほど見栄えは良くありませんがね。内部に隠れてしまうので、見なかった事にして下さい。尚、セメダインが硬化した時の接着力は、瞬間接着剤よりも強いと思いますよ。

● やっと全体の形が見えてきました。次の工程からいよいよプランク工程に移れます。めっちゃ楽しい至福の時間が始まります。しか〜し・・・、実機ならばリベット留め・・・本機コメートは細切れバルサパネルの一枚ずつのオーダーメイド貼り込み仕上げです。お仲間さんの中には、この状態でオーケー!の貴方もおられます。完全なる生地完成機の場合は「おまかせ発注」のマニアさんなので、被覆とメカ積みに拘る人が殆どです。

● 多分・・・バルサ機にのめり始めた初心者マニアさんからの助けて下さいメールが来てましたので、曲面バルサの加工方法をもう一度詳しく説明しておきます。画像はメディアムの板目のバルサシートです。全体的に同じ色彩で木目が真っ直ぐなのがこの板目加工の特長です。別に柾目のシートでも良いのですが、この場合はなるべくソフト系の柾目を使用してください。シートの片面のみにぬるま湯を噴き付けます。量は軽く濡らす程度なんですが、全体的に万遍なく吹き付けます。

● 吹き付けて暫く放置すると噴き付けた面が膨張して湾曲してきます。これをフィルムの中芯にアールに逆らわずに巻きつけます。この季節ので自然乾燥させても一時間ほどで完全に乾燥してくれます。乾燥したら芯から外してもシートは湾曲した状態を維持してくれます。柾目は元々曲げ材に向きません・・・。巻き付けると軟らかい方は旨く湾曲しますが、硬い方は木目に沿って割れる場合が殆どですので注意が必要です。
 

 
● 画像は胴体側の主翼フィレットの製作中の状況です。テーパー翼の筈なのに・・・?、スパーがリブに
直角に取り付けてあります。俄かに信じられないと思われるマニアさんが殆どだと思います。主翼の翼型は相似形均等座標に完全対称翼なんですが、このスパー材を均等な座標に沿わせて隣同士のリブにブリッジを付けたら・・・、スパー材はテーパー加工に成るんですが、キール材とリブが平行配置ならば主翼のリブは全部平行配置で取り付けるのが基本なので、リブに直角にスパーを入れると・・・長方形で良くなります。低翼機のメインストラットギヤの台座を取り付ける為に、リブ間に桁を入れる場合テーパー翼に沿わせて桁を入れずに直角配置で取り付けますよね?。キットの指定通りならば、必ず主翼リブ断面の中心と桁は平行に取り付けられている筈です。よって支柱もリブの中心ラインと平行になります。ただし・・・この法則が通用するのは、上半角が0度の場合です。上半角がある場合は桁の上下配置が変化します。

● 胴体のアールに沿わせるプランクの場合は、胴枠とストリング材(縦通材)で区分けされた小窓を一つ一つ切り貼りして接着していきます。ところが主翼フィレット部分は仕上がりが逆アール面となりますので、基本的な内部構造を確実に形成しないと完成できません。実機の場合は、逆アール込みの複雑な胴枠に成型されたアルミ板をリベット留め出来るので楽なんですが、バルサには木目という指向性を持った弱点がありますので・・・、こういったアナログ的な内部構造が必要になります。「ブロックにすればいいじゃないですかあああ!」って聞こえて来そうですが、無動力基本のスロープスタントグライダーがコンセプトですので、このサイズならばこのアナログチックな構造の方が軽量に仕上がります。

● 後部胴体のプランク画像です。はっきりとは写っていませんが、主翼の後縁直後のマチ針から右方向がテール側になります。先頭のマチ針のプランクから厚さ2mmのバルサシートになっています。ここより左方向がノーズ側なんですが、重心よりも前なので1,5mmのシートの2枚貼り仕様としています。後部胴体は2mmの単層構造なんですが、重心よりも前方を重くする為に二層構造としています。キットではあまり使用しない構造なんですが、例えば強風吹き荒れるスロープサイトにおいて機体をしっかりとホールドし風待ちをする場合、突風が機体を襲うと咄嗟に力を入れて側板を持っている時があります。この場合・・・機体側板がひ弱な構造なら握力に負けて破損するでしょう・・・。当工房の中型サイズ以上のスロープスタントグライダーは、元々弱風用の機体はありません。風速8mm以上の強風仕様の機体が殆どですので、重心よりも機首側は1,5mmバルサの2層貼りで仕上げてありますので、機体を力いっぱい握り締めてもボコボコと凹む側版ではありません。
● 現在の状況は前後とも単層ですので後部胴体の方が0,5mmほど段差が付いているんですが、前方をもう一枚貼りこむので今度は1mm程厚くなりまた段差がつきます。二層目のシートはベタ貼りなので接着剤の層がシート全体に積層される為、1mmそぎ落としても強度は維持できます。画像では主翼後縁付近のパネル2枚分を徐々に後部プランクに馴染ませる様にサンディングします。

● 当工房の機体の多くはリンケージの先入れタイプが殆どです。内部構造が特殊なので先入れしないと後から入れるのは至難の業なんですよ。よってプランク方法も画像の様な部分貼りが当たり前なんです。ラダーリンケージの場合はテグスワイヤーの両引きが基本仕様ですので、外径2mmのパイプを画像の様に内蔵しています。ストリング材が既に組み込まれた状態ですので指が入りません。そこで画像の様なガイド板を取り付けて、パイプをはめ込み瞬間接着剤で固定します。指の太いモデラーさん向きですよ。

● リンケージパイプの内蔵が済んだので、やっと後部胴体の残りのプランクが可能になりました。ここから先は早いですよ〜・・・。本機のプラス面アールの加工は殆ど終わりましたので、次の工程は下部スキッド周りと主翼付近の逆アールのフィレットの工作です。本機の印刷キットと骨組み完成キットは日本国内よりも海外のマニアに享けますので・・・、今回の組み立て説明書を記載しているんですが、200セットが両タイプとも殆ど出回った状態での製作記事です。過去記事の画像アップじゃないんですよ。リアルタイムで一機組んでいます。本来ならばもっともっと詳しく細かく記載したいのですが、福島除染現場への第二シーズンへの出向が迫っていますのでご了承下さい。EBF掲示板のお仲間さん仕様の製作画像ですので、一般国内マニアさん達は苦労してコピーしましょう。ただし!本機のみは製作完了後・・・、生地完成状態で国内のモデラーさんに販売いたします。価格は5万円強となるでしょう。(透明キャノピー付き)

● 胴体下部のスキッドの組み立てです。胴体胴枠と同じ様にスチレン部品の周りに必要なバルサ材を貼り込みます。本機コメートの最大の特徴である丸い胴体から、大げさとも言える位の逆アールで形成されたスキッドなので、省略出来ない状況です。試作一号機から悩みに悩んで取り付けた部材なんですが、数々の修正を加えて今回の組み込みと成りました。初号機の組み立て画像をEBF掲示板で見られたお仲間さんは、今回の新型構造で組み込んで下さい。印刷キットをお持ちのモデラーさんは、シート番号3番の右隅とシート番号左上にそれぞれ振り分けて印刷しました。NO−14胴枠のくり貫き部分を印刷部品よりも2mm深く切り込む修正をお願いします。

● 初号機のストリング材はハードバルサの(3×3)を貼り込みましたが、本4号機では(3×5)のストリング材に変更しました。スキッド胴枠の取りつけ位置は、胴枠プランク材の前後振り分けで接着して下さい。

● スキッド胴枠と胴体外板はツライチになるまで滑らかに削りこみます。胴体のプランクは二層構造なんですが、スキッドの外板は単層ですので1,5mmのシートの縁のみが残る様にプランクします。

● 本機コメートに限らず当工房の機体は、テール部分を画像の様に持ち上げてもビクともしません。それだけ頑丈なので構造も複雑で必要以上に重い!と錯覚されるモデラーさんが多いのですが、適材適所の複雑構造ですので当工房の機体を既にお持ちのお仲間さんには好評です。不意な操縦ミスで頭から墜落しても・・・、尾翼は破損しますが胴体は完全な形で残ります。尾翼取り付け部分の胴体が墜落の衝撃で折れてしまうと、モデラーさんの多くはその機体を捨ててしまうんですが・・・、尾翼のみが潰れると破損した尾翼を全て取り去る加工を自分で行い・・・、尾翼一式のセットを新たに注文してきますので、当工房はそれがカスタムの一機のみでも再度製作補充が可能なのです。このシステムってね・・・航空自衛隊の戦闘機の修理方法と同じなんですよ。初めからそういう構造ですので、当工房の構造に慣れた常連さんは最初から理解して残りを組み立てて完成させます。

● 画像から見て・・・どうでしょうか?。あまり・・・スキッド部分って目立たないでしょう?。他の機体にはあまり見られない大きなソリなのですが、ブットイ胴体の主張が強過ぎて・・・苦労して組み込んでいるスキッドが目立ちません。でもね〜・・・地上ではあまり目立たない本機のスキッドも、飛行中は目立ち捲くっています。こういう太い胴体の場合は、垂直尾翼を大きくしないと直進性能がすこぶる悪くなるんですが、元来ロケット戦闘機ですので亜音速飛行で初めて機敏性が発揮される設計です。

● こういう置き方ならば充分主張出来るんですがねえ〜・・・。部分的に堂々と見せられると、やっぱりぶ格好に見えてしまいますよねえ〜・・・。こういう構造のスキッドなので一番先っちょがブロック取り付けが難しい構造になります。そこで・・・レーザーカットのキットでお馴染みの、ブロックは積層で作る!を採用しました。だってねえ・・・、平面部分の積層じゃないんですよ・・・。アール面の積層ですのでアール処理したバルサシートの積層しかありませんでした。それも積む時はプラスのアールで・・・、仕上げはマイナスアールと平面の複雑〜な完成体です。これは・・・初号機から今の所・・・解決策が見つかりません・・・。(Part-4に続く)