🍴 腹持ちの良いハイオク・ガソリンの話

 ● 昭和60年の2月・・・私は約一年間のプー太郎を経験してます。まあ・・・平たく言えば自分探しの時期って所かなあ。ハローワークは島原市・・・自宅からはバスで約一時間半掛かりました。そこで!当時の愛車(ガンウェル・ロードレーサー)で、島原市の職安までツーリング・・・。ところが職も決まらないのに長居をしてしまい・・・帰路は夜間の帰宅ラッシュにぶつかります。そこで、島原外港の島原ユースホステルに宿泊。それが運で・・・長崎市内のユースホステルへの派遣が決定・・・。約一年間のヘルパー業務が始まりました。

 ● ユースホステルのシーズン中は馬車馬みたいな忙しさでした。それまではお客としての宿泊は百泊以上を各地で経験してましたが、長期のスタッフとしては初めてでした。このユース・・・ちょっと変わっていまして、ペアレントさんが高齢です。更に父さんは糖尿病からリウマチを併発・・・ほぼ寝たきり生活です。要するに、ここのスタッフに成るという事は、ユースの運営を全て任される事になるんですよおおおお!。

 ● この長崎オランダ坂ユースホステルは、外人さんと女の子が沢山宿泊する事で有名でした。最初はハーレムみたいで楽しかったのですが、この女の子って自覚してる女子達は・・・。とにかく甘えたがる子と我ままだらけの女子が大変多く・・・次第にストレスが溜まっていきました。そこで五月のシーズンが終わって、夏休みのシーズンまでの十日間の休みを貰って、四国反時計回りのかっ飛び自転車旅行をやらせてもらいました。

 ● ペアレントの父さんからは、10万円の軍資金を貰い・・・必ずユースに宿泊して見聞を広めて来る事が条件でした。愛車はレーサーです。一日の走行距離は100キロ単位です。ガンガン走ってユースに泊まり、各ユースのペアレントさんと語らい・・・まあシーズンオフなので、四国のユースもお客さんはまばらでした。

 ● 最後に宿泊したのが、小豆島のオリーブユースホステルでした。当時の小豆島には現在みたいな豊富な観光名所が少なく・・・当日が早めの到着でしたので、峠の頂上にある太陽の丘(ピースパーク)と寒霞渓・・・更に岬の分教場(二十四の瞳)の舞台となった場所の見学・・・。まあそれ位かなあ・・・。お金を掛けずに巡れる観光地って・・・。要するに・・・当時のユースを使う旅行者は貧乏だったんですよ。だから、宿泊費の安いユースホステルに泊まるんだから・・・。当時は¥2700(一泊二食)の時代でしたよ。ユースって安いでしょう・・・。

 ● 私にはまだ休みが三日残ってました。そこで、オリーブユースにもう一泊する事に・・・。さて、何をやろうかなあ・・・。そしたらユースのヘルパー君が、「チャレンジ郵便局やってみたら?。」と提案・・・。それって何?って聞いたら、「今日は平日だから島中の簡易郵便局を含む全部が営業してるから、スタンプ集めやったら一日つぶれるよ?。島も一周できるし・・・。サイクリストだけに薦めてるんだけど・・。」で、面白そうだからとやってみました。このチャレンジ郵便局のパロディ版が此れから紹介する、島原半島のソールフード屋さんです。何処のお店で食べてもサイクリストにとっては腹持ちの良いハイオクガソリンに成ります。食べて食べて食べまくる・・・戦車(キャンピング車)もレーサー車もお腹がパンクするまで食べましょう。それが島原半島チャレンジグルメのルールですよ。

  🍴 チャレンジ麺屋さん (島原半島編)

  🍴 チャレンジ・パン屋さん (雲仙市・南島原市編)

           🍴 チャレンジ・ラーメン屋さん (福島市編)

           🍴 チャレンジ・うどん屋さん (四国一周編)