Part−3


● スチレン製のリブを固定した画像です。翼端リブのみ3mmバルサの2層になっています。翼端リブには垂直尾翼が付きますので、少し丈夫に組む必要があります。テストフライヤー諸氏からも、出来ればビス止めに・・・と多数要望がありました。そこでナイロンブロックの台座を埋め込んで、3mmビス一本とダウエル2箇所で固定出来る様にしてみましょう。

● 主翼を左右確実に同寸法で製作する為に、中央リブにはジョイントを翼弦3箇所に設けました。今インサートされているジョイントは主翼の組み立てにしか使いません。実際にキットとして販売する時は、試作型同様に左右の主翼の間に中央翼にプランクされた状態と同寸の結合リブが入ります。このリブ毎接着してしまい、マイクログラスを貼ってもらいます。

● 2×5mmのヒノキ材と3mmバルサの定尺シートから幅5mmのバルサの棒材を棒材カッター(自作工具の紹介ページ)を使って切り出します。この二つの材料を木工ボンドで貼り合わせて5×5mmの複合材のメインスパーを作ります。なるべく直線を出したいので、アルミアングル材に事務用クリップを使って固定させボンドが完全に硬化するまで待ちます。木工ボンドは速乾タイプなんですが、水分を含んだバルサ材は自然乾燥させると反りが出て来ます。そこで完全に拘束した状態で長時間の乾燥をさせています。

● 厚さ2mmのヒノキ棒材はほぼ直線状態で仕上がっていますが・・・、僅かなんですが反っています。このヒノキ棒の内側に湾曲している面に、木工ボンドを適量塗り広げて3mmのバルサと接着・硬化させると吊り合いがとれて、直線が出し易くなる様です。これは使用する拘束道具と接着剤の量にも関係していますので、誰がやっても同じ状態に成るとは限りません。

● 画像で見える主翼プランク面の後縁側の部材です。テストフライヤー諸氏は結構振り回しますので、メインのスパーにはある程度の強度が要求されます。それ以外の必要な強度はサブスパーや翼全体をカバーリングしているフィルムに分散させます。

● 冶具の手前に見えるのは主翼のメインスパー材です。後方に見えるクリップで拘束中の材料もメインスパーです。5機分を作ると各箇所のスパーは其々20本ずつ作らなければなりません。右の画像のデブ猫は意味の無いサブリミナル効果を狙ってみました。製作記事を書いていても実際に機体を製作していても・・・、時々なんですが集中出来ずに作業が進まなくなる事があります。それは製作記事を読んでいるマニアの方も同じだと思います。そこで・・・気分転換にでもと思い、載せてみました。

● 左のスパー材は3×5のヒノキに2mmバルサを貼り込んで5mmの角材にした主翼の下面側の分です。上面用は2×5のヒノキにバルサを貼って作った同寸の角材です。両方とも同寸にすれば早いんじゃないかと思うんですが、使用した翼型が半対称なので主翼の上面の方がアールがきついので、対応がし易くなります。私の機体の殆どがこの積層のスパー材を使用しています。飛行機のキットを沢山作った事のあるマニアの方なら知っていると思うんですが、ヒノキのスパーにバルサのプランクをする場合に接着剤の種類によっては接着時間が遅く着きが悪くなる状況を経験されたと思います。しかし、バルサ面同士なら接着剤を選ばないという事も知っておられるハズです。部分プランクタイプの機体ですので、アール面のエンドのスパー材です。確実に接着する為に敢えて複雑な積層スパーにしています。

● 2mmバルサのチップを切り出します。スチレンリブ材の後縁をエンドから30mmほどペーパーで荒らします。スチレン材の表面を荒らしておくと、木工ボンドで普通にバルサ材を接着させる事が出来ます。

● バルサのチップは後縁の補強をする為です。両面をバルサでコーティングすると後縁材と後縁のプランク材を接着剤を選ぶ事なく自由に使用する事が出来る様になります。低粘度の瞬間接着剤をジャブジャブ使っても大丈夫です。

● 乾燥時間も含めると約7時間でスチレンリブ材50枚の補強が済みました。主翼の組み立てに必要な細かい角度の調整等は実際に冶具に組み込む時に一つずつ調整をしていきます。
● 冶具に組み込んだ状態でメインスパー上下・後縁材・前縁補助材を取り付けていきます。後縁材は高さが7mmですので6×6mmのバルサの棒材に1,5mmのシートを貼り付けてかさ増しして、接着してからリブ材のラインに合わせて削っていきます。仕上がり寸法を8,5mmに設定しているからです。細かい寸法なんですが市販の50mm幅のエルロン材からの加工も出来る様になっています。

● この状態まで組み上がったら一度冶具から取り外します。しかし・・・ここからいきなりプランクして軽量化・・・なんてしちゃったら強度的にはまだまだフニャフニャですので、正確な主翼には出来ません。

● 当工房は全てネットショップ主宰者による手作りの機体です。パーツは国産・舶来両方使っていますが・・・。ブーガチャンの果ての充分な強度と飛行性能を持った機体です。しかし・・・ネットのウケ狙いの機体ではありませんので、訳の解からない改造の果ての性能低下の責任までは取れません。フラットボトムの主翼に取り付けた減速降下機能だけのスポイラーを無理矢理片方ずつ機能させて、エルロンに・・・なんてどうして飛行機ロール出来ないんですか?って・・・、オイオイそれは無理だろう・・・。翼端に付けたエルロン兼用のスポイロンじゃ無いんだから〜・・・。

● サブスパーの取り付けです。1,5mmのシートを2枚貼り合わせて使用するところがミソです。ムク板の3mmシートを切り出せば大変楽で早いのですが、とにかく反りが止められません。そこで他のスパー同様に貼り合せとしました。木工ボンドを薄く塗ってから貼り合せてアルミアングル材に二組ずつ重ねてクリップで固定しながら硬化させます。同寸法の加工で寸切り仕上げで40本・・・時間は掛かるんですが、仕上がりは粗直線です。

● スパー材に使用される多くの寸法断面は厚さ3mm以上幅3mm以上ですので、機体のスパン(翼長)が長くなれば長いほどこの積層スパーは威力を発揮します。我体のデカいレシプロスケール機やソアラータイプのセイルプレーンに使用すれば、工作工程において後々の仕上げが大変楽に行えます。

● どんな機体でも量産が始まるとある意味楽しさと中々次の工程に進めないジレンマが交互にやって来ます。レーザーカットやダイカットで加工されたパーツ類ではありませんので、実際に量産しながら色んな部分を改善しながらの量産です。製作記事を書いていても大御所さんが購入してくれたプロトタイプ一号機に比べると・・・、大分変更になった箇所もありますが・・・。手を抜いたのではなく・・・手を入れた箇所が量産機には必ず必要になります。大御所さんにお渡しした一号機では左右の主翼と胴体のフィレット部分を組み込んだ状態でお渡ししました。専用の小箱では送れないサイズでしたので、かなり大きな発送物になりました。¥1000程度の送料で済まそうとするには、オーナーに成られるマニアの方に結束して貰わなければなりません。どうぞ!、ご理解の程よろしくお願い致します。

● 後縁のプランクの画像です。飛行機のキットを製作する場合・・・、説明書に特別な指示が無い限り一番ひ弱な部分から組み立てるとその後の工程が楽になります。何故冶具を使わないのか!と突っ込まれそうなんですが、キットを沢山製作されたマニアの方なら知っていると思います。捻じれの無い翼を作るのも捻り下げの翼を作るのも・・・、上面のプランクが鍵を握っています。冶具を使うのは決められた形状を正確に組み立てる事にあります。とにかく・・・後の冶具使用の組み立てが楽に成る様に下翼の各プランク面は直線が出る様にアングル材等を使って組み立てていきます。

● 今回使用するエレボンの動翼冶具の画像です。画像(左)の手前側が翼中央です。画像の奥が翼端側となります。冶具の内側が前縁となりますが翼の中央から翼端まで同じ高さになっているのに対して、冶具の外側は翼端に行くに従って高くなっています。この冶具は最初から捻じれた状態でリブ組みのエルロン材を組み立てる冶具です。

● 右側のイラスト画像はラジコン技術にも掲載されている大御所さんの製作記事から、現在のマニアの為に解かり易くまた正確に作れる様に噛み砕いて抜粋してみました。製作記事にはこのイラストの様な冶具は出てきません。製作記事の機体を完全コピーしてみれば解かるんですが、自分の製作スタイルの方が組み立て易いと気が着く筈です。事実・・・私の場合はオリジナル機の量産が必要ですので同じ部品を正確に作るのに、この様な冶具も必要なアイテムになります。

● NV−01型の本機ではイラストの左図のフラット型エルロンの冶具を変形させたテーパー型フラットエルロンの冶具を使用して組み立てました。構造的には左図の内容と何ら設定は変わりません。イラスト図の通りに同寸法・同ピッチ(同間隔)で捻じれていくエルロン材です。細かい組み立ては別ページで後日紹介しますので、其方の項目をご覧下さい。


● 両極端な主翼と尾翼なので量産も大変なんですが、量産をやった事のない一般のマニアから見れば・・・性〜も無い大変な作業にも見えるんでしょうけど・・・、私から見れば此れが当たり前なので然程苦に成らない作業です。正確な冶具の製作に全作業工程の半分の時間を使うんですが、正確精度が高ければ高い程神経を使わなくて良くなります。後は何機作るのかにもよるんですが、冶具の制作費は機体の制作費に上乗せさせてもらって規定数量が完売したら原価消却となります。


● 厚さ6mmのナイロンブロックの棒材をサイコロ状に加工してからリブをコの字状に切り欠き、エポキシ接着剤を使って埋め込みます。このナイロンブロック素材の詳細は自作工具の項目に記してありますので参考にしてください。

● 前縁補助材に3mmバルサを貼り込みます。翼前方のプランク部分はこの前縁材に接着されます。このプランク方法はF3A機の製造メーカーである加藤無線(MK)が当社製品全機種に採用していた方法です。前縁材の基準の厚みは約10mmなんですが、テーパー比の強い機体の前縁はリブの延長線上では15mm近くになり此れを綺麗なテーパー材に削り上げるのは至難の業と言えます。そこでインナー前縁とアウター前縁に分けて組み立てていきます。この方法ならば前縁の削りの角度が出し易く接着し易くなります。アウターの前縁材を貼る時はプランクしたバルサシートの小口も全部覆ってしまうので、最後の仕上げである前縁のアール加工が出し易くなります。インナー材とアウター材の接着面にエポキシを使うと、たとえシャーレーのレーシング機と翼同士の正面衝突が発生しても・・・、バルサ機のみの全損にはなりません。シャーレー機の主翼に深く突き刺さり修理不能状態にしてしまう程、頑丈な前縁になります。ただし・・・アウター前縁材は凹みますよ。

● 「肉を切らせて骨を絶つ!・・・」シャーレー機の前縁を突き破ったバルサ機の主翼・・・の図です。オーナーさん・・・右手で隠してますが衝突の衝撃でグラス胴体の後部もポッキリと折れちゃいましたあ〜・・・。私の機体は2週間で修理完了後、再び大観峰の空を普通に舞い飛んでいましたが・・・、オーナーさんの機体は・・・修理に半年掛かりました。トンビ「此処にサーマルありました〜。」と大観峰の舳先の上空でセンタリングしてたら、「何処〜?。」とサーマルの巣へ進入して来たタッグネーム(BJ氏)・・・、まさかの正面衝突でした。これね〜・・・大観峰のスロープ大会の前日の出来事でした。同じイノシシ年(トンビ+12=BJ氏)なので、猪突猛進型です。飛行機は操縦者の性格に似る様ですね(笑)。うしろでこっそり・・・ポーズを決めてるのはスガちゃんです。
(製作記事PART−4に続く)