PART−4



● 垂直尾翼の内側の面はフラットボトムになっていますので、製作の基準が大変採り易くなっています。内側の面のプランク材をハードバルサで構成すると外側になる面はソフトバルサでプランクしても、尾翼全体の硬性はかなり強固な仕上がりになります。

● プランク材の端っこに目止めの棒材を入れる訳なんですが、フィルムの貼り込みの際にその威力を発揮してくれます。通常は翼の下面からフィルムを貼り込みますが、さあ!翼の上面を貼り込みプランク材の端っこをアイロンで圧着しようとしたら・・・、パリっと割れちゃった・・・経験はありませんか?。この場合はどうし様もなくなります。泣く泣くフィルムを剥がすか・・・諦めるか・・・。キットならばメーカーさんを・・・材料ならば購入した製材所を・・・恨みたく成る気持ちはよく解かります。
● 左の画像は翼上面のプランク状態を示しています。翼の前縁側をセロテープで固定しているのが見えるでしょうか。このセロテープはマチ針を射した状態をキープさせる為のカスタム商会の完成機屋さんでは当たり前の固定方法なんです。セロテープの粘着面がブレーキとなりマチ針の抜けを防止してくれます。正確にはプランクしたバルサシートの跳ねをセロテープの粘着質が留めていると表現した方が早いと思います。もっと強い固定を望むならセロテープを何枚も貼り重ねるとマチ針は抜け難くなりますし、バルサシートの跳ね返りも少なくする事が出来・・・、リブ面とプランク材の接着面が確実な状態になります。

● 右の画像は垂直尾翼の先端のブロック材の接着と、尾翼最下面の後部の補強材を入れた状態を示しています。尚、最下面の後部は角度付けの為に切り落とします。その為の餡子の補強材です。

● 仕上げはもう少し先になるんですが、試作型機には無かった垂直尾翼のビス止め機能の完成状態を示した画像です。主翼の翼端リブの垂直面にフラットボトムの垂直尾翼の内側面がベタ付けで固定される訳ですから確実に貼り付ける事が可能です。これは最初から確実に接着する事を目的にしたものです。接着固定してしまっても飛行に「悪影響」は出ませんし・・・、取り外し式にしても「悪影響」は出ません。ご自分のマイカーのサイズに合わせてご自由に・・・。

● 上記イラストは本機NV−01型機の主翼のプランク材を示した図です。左の画像で示した様に、定尺のバルサ(80×900)を使用した場合は必要寸法を採る為にバルサのシートを3枚繋ぎ合わせなければなりません。幅広のシートにすると捨てる部分が多くなってしまい・・・大変勿体無くなります。そこで右の画像の様に同じ3枚接ぎのシートでも型紙を正確に採って定尺シートの合わせ取りという方法を使います。これには必ず組みバルサ(同じ材質の隣り合わせのシート)を使わなければなりません。

● 右画像の下方にバルサの角材の図があります。バルサ材は南米エクアドルから輸入される木材なんですが、その特殊な環境条件の為・・・、普通一般の木材とは違う性質を持っています。通常は木の芯に近づく程材質は硬くなるんですが、バルサの場合はその逆の材質になります。イラストでは左側をソフトバルサ(軟らかい)・右側をハードバルサ(硬い)で表記しました。このバルサの年輪に沿って平行に製材すると(板目)のシートが出来ます。主に胴体の天板(平板・アール板)に使用したりプランク材全般に使用したりします。年輪に直角に製材すると定尺シート幅(80mm)方向で、左右硬度の違うシートが製材されます。隣合わせのシートとはこの角材イラストに表記されている、@番とA番のシートの事です。

● 模型店でバルサシートを購入する場合は10枚綴りでセットになっています。この10枚綴りのシートは10枚まとめて隣り合わせの組バルサか偶数枚の角材違い組バルサで10枚綴りのどちらかでセットされています。左右の主翼や尾翼のプランク材を切り出す時は必ず二枚組のバルサを加工して、左右に其々使い分けをしています。材質が左右とも同じなので重さが左右で均一ですしシートの材質が同じですので、捻じれる時も左右同じ様に捻じれてくれますので・・・、修正が大変やり易くなるのです。メインスパーと前縁側にシートの目を合わせると必然的にテーパー材ですので、結合面が逆目になります。ここをサンドイッチする真ん中のシートで目止めをすると、必要寸法全体のテーパーシートが素直なアールでリブ面に接着されます。ネット掲示板では(性も無い加工)と揶揄されるんですが・・・、カスタムでラジコン飛行機を製作している完成機屋さんでは当たり前の加工工程の一つです。

● 本機NV−01型機の主翼の構造についてお叱りなのか?・・・嫌がらせなのか?・・・、メールが届いてました。「どうして不要な補助スパーが沢山入れて在るんですか?、もっと減らせば価格を安く出来るのでは・・・。無用の長物だと思います。」この様なメールの他に初心者さんからGANBAの主翼のフィルムの撓みが取れない・・・と画像入りでのご質問。まとめてお答えしましょう!。

● 右のイラスト画像をご覧下さい。これは翼型にフィルムを貼り込んだ後を示しています。全面をプランクした場合は当然ながらフィルムは完璧に翼型に沿わせる事が出来ます。一方プランクが無い場合はフィルムの特性がモロに出てしまいますので、絶対に完璧なリブの翼型に沿わせる事は出来ません。フィルムには絶対に避けられない特性があるからです。その避けられない特性とは(最短距離で平面に成る)という状態です。市販されているフィルムは前後左右360度伸縮します。もし・・・スパン(翼長)方向のみしか縮まないフィルムなら翼型に沿わせる事は出来ますが・・・、前後のしわは取る事が出来ません。全部の方向に均等に縮める事が出来るシートですから、模型飛行機の軽量な構造の主翼に貼りこむ事が出来るのです。

● NV−01型機にはメインスパー後方から後縁材までの相似翼型の均等座標二箇所に補助スパーを入れてあります。EP−GANBAにもメインスパーと後縁材の中間に補助スパーを入れてあります。右の画像はプランク無しのスタンダード・ショルダータイプのGANBAの主翼を後縁側から見ています。リブ間の凹みが大変少なくなっているのが解かりますか?。前縁からメインスパーまではリブ面の上部のアールが大変きついので、フィルムを貼ると前後に収縮するフィルムの特性が働きリブ間が凹むんですが・・・飛行特性には殆ど悪影響は出ません。昭和のグランドサーマルの名機・オリンピック-Uも主翼にはプランクがありませんでした。GANBAの主翼後部にこの補助スパーを入れたのは、フィルムの一枠が受け持つ引長力の範囲を小さくしたかったからです。細かい格子状の正方形に近い枠にする事で、プランク無しの主翼の強度を上げた構造にしてあります。

● 同じ発想でNV−01型にも補助スパーを数本入れてみました。スパンはGANBAよりも短いのですが、リブ間はGANBAよりも広く取ってあります。枠を小さくする為に補助スパーを入れました。試作機ではオラカバライトを貼り込んであるのですが、別にオラカバドライを貼り込んでも何ら悪影響も問題もありません。リブの上下面に補助スパーで固定された座標を入れました。抜けた面が小さくなったのでフィルムの特性である凹みの度合いも少なくなり・・・、よりリブ面の翼型に近づいた構造になっていると思うんですが・・・。またお叱りがあればお受けしますが、構造の変更はありません。あしからず・・・。

● 上記イラスト画像は相似翼の均等座標の作図の仕方を示しています。既に知識のある人・最初から馬鹿にしてる人・・・は読み飛ばしましょう。義務教育の9年間の間の何処かで相似形について教わったと思います。このページの本質が小学生高学年以上を対象にしていますので、知識のある人には幼稚に見えるかもしれませんがご容赦ください。左のイラスト図は翼型の作図状況を表しています。翼弦を五等分した時と十等分した時の作図の状態です。よ〜く見れば誰でも解かるんですが・・・、座標の数が多ければ多い程交点が増えます。この交点を単純に直線で繋いでいくと座標の数が多い方が一番上の翼型に近づいていきます。

● 真ん中に示したイラスト図は相似形について示したものです。其々X・Yの座標の交点に交わっている直線は、すべて平行な線と仮定します。大きさの違う其々の三角形の内接した其々の角度は全て同じ角度になります。一番小さい三角形の相似形が其々大きい三角形です。この図をそのまま主翼の上面図と同じ台形に当てはめて、上辺と下辺に平行な線を入れてみます。此処での扱いは其々翼弦の違うリブだと思ってください。主翼の全体図の内側にはメインスパーの他に補助スパーとなる実線表記と点線表記のスパーが描いて在るんですが、リブの枚数が多ければ多い程又はスパーの数が多ければ多い程・・・、台形の枠は小さくなります。翼型の均等座標の数が増えれば増える程作図された滑らかなアールの翼型に近づくと記載したんですが、この平均座標上に補助スパーを入れれば入れる程・・・、滑らかな翼型に近づいていきます。

● NV−01型機はメインスパーより前縁までをバルサのシートでプランクした(部分プランク)の翼構造です。メインスパーより後方はプランクがありません。フィルムの避けられない特性に付いては前述しましたが、このリブとスパーの構成によって生まれた台形の枠のフィルムの特性である凹みを限りなく少なくする構造ですので、どうぞご理解ください。


● 垂直尾翼の先端の形状とバルサブロックの加工状況です。此処までのテーパー比を持った本機の垂直尾翼は、フラットボトムと同じ形状のDボックス構造を有しています。標高の高いスロープ山頂でも夏場の日差しは強力です。一枚板の尾翼でも枠組みの尾翼でも・・・フィルムが緩んだら捻じれます。それに比べてDボックス構造の高テーパー比の尾翼は、少々の太陽の熱射ではビクともしません。フィルムはオラカバドライを高温で貼っても大丈夫ですよ。生地完成状態の尾翼をテストと称して無理に捻ったら・・・、バキっと音をたてて割れてしまうでしょう。ふにゃ〜っと捻じれる構造ではありません。

● エレボンコントロールの為のサーボ室の加工です。区画はメインスパー直後の空間です。サーボ本体が直方体なのでサーボ室も直方体の空間に加工しなければなりません。サーボの取り付け面は標準サーボのサイズなんですが、高さはミニサーボサイズしかありませんので、サーボのサイズを(WAY POINT−150MG)に合わせてあります。これより大きいサーボは嵩の浅い薄型ミニサーボをお使いください。トルクはエレボンの舵面が大きいので、2kg程度の物をお使いください。コンコルドタイプの主翼形状のデルタ機の場合は、フラッターは操縦不能以上のアン・コントロール状態を招いてしまいます。生地完成のセットではテグスワイヤーの両引き用のパイプを埋め込む予定ですが、片引きをされる場合は別売りメーカー商品(OK模型・フレキシブルロッドセット)をお買い求めになり、アジャスターをボールリンクに交換してヘリコプター並みのガタ防止のリンケージに努めてください。

● 上記の画像はハンドカタパルト用の指かけのくぼみです。ここの中は更に加工を行い流線型の天板を取り付けます。トップページにあるワイルド・ボアのシリーズ機やWAR−BIRD−FIGHT(F−1)で使用している低翼の大戦機にも同じ様なくぼみを付けてあります。セイルプレーンと呼ばれているグライダーの殆どがショルダータイプなんですが、事スロープスタントグライダーにはこの法則が当てはまりません。動力の無い飛行物体は全てスロープグライダーとして活躍できるからです。ショルダーの胴体なら重心位置をしっかりと持てるんですが、低翼機の場合は少々勝手が違って来ます。主翼の前縁付近の胴体を持っても後縁付近の胴体を持っても満足する様な初速を機体に与える事は出来ません。


● 主翼内のサーボマウント台座の取り付け画像です。指かけの枠構造がいささか大袈裟にも見えるんですが、このスチレン材の表面にはバルサ材をプランクしていきますので、接着する小口は面積の広い方が強度は増します。裏面を見てもらえば解かるんですが、台座の主材はスチレン材ですのでサーボマウントの取り付け部分は木材同士の方が接着剤を選ばなくてもよくなります。

● 指かけのくぼみの内部状況です。この流線型のくぼみが前後逆を向いていたら・・・、何かの不具合も出たかもしれませんが、この方向なら私が飛ばした限り・・・空気抵抗は感じられません。パイロン機の熱狂的なフリークのマニアなら、何らかの対策を講じて時速数キロ分のスピードアップを図るんでしょうけど、この機体のコンセプト自体がスピード・パイロン機仕様ではありませんので飛行性能が著しく低下する様な構造物でもありません。むしろ確実に重心直下を持ち初速を付けるハンドカタパルトをしないと、本機(エンタープライズ)は飛行に入る事が出来ません。


● サーボマウントの製作画像です。この機体のエレボン舵面が大きいので踏ん張りの利くサーボ表面積の大きいミニサーボを推奨したんですが、薄型のカサの低いサーボは種類が少なく汎用性が限定されてしまいますので、もう少しカサの高いサーボと共用出来る様にマウントの厚みを6mmで使える様に・・・、軽量化とある程度の強度を持ったマウントを製作してみました。

● サーボの取り付けビスの部分にはバルサ材を埋め込んであります。ただし!サーボの直付けでは強度が足りませんので、ペット樹脂のシートを両面テープを使いマウント材に貼り付けます。後はサーボ取り付け用のビスよりも直径の小さい孔を先にシートに開けてから、タップを切る要領で締め付けていきます。この粘り気のあるペット樹脂のシートでも締め付け過ぎるとバカ孔になってしまいますのでご注意ください。(加工されたシートはセットに入れますが、両面テープはお手持ちの物をお使いください)

● サーボの取り付け状況の画像です。EP−GANBAのサーボの取り付け方法とよく似ているんですが、今回は完全に独立した取り付け手順にしてみました。マウントにサーボを固定したらサーボ室に入れてみて位置を決定します。ホーンは片引き用を付けてありますが、基本はテグスワイヤーの両引きですので両引き可能なホーンが取り付けられるサイズでリブ幅を決定しました。位置が決まったら木工ボンドかエポキシ接着剤を使ってマウントを固定します。これらの種類の接着剤が自由に使える様に、マウントの端っこと台座の表面にバルサを貼り込んであります。

● サーボのサイズの汎用性を上げる目的で試作型のマウントに手を加えて量産型では埋め込みのバルサ材の幅を一部のみ広げてあります。ペットシートで使用されるサーボの枠抜きが済んだらマウントにトレースしてくり貫いてください。試作型は(WAY POINT−150MG)の表面積サイズでくり貫きましたが、此れより大きいサーボの場合はバルサの角材もくり貫いて使用します。バルサの角材はメディアム材ですので通常の組ヤスリで簡単に削り取る事が出来ます。(製作記事・Part5へ続く