Part-6


● エレボン動翼のリブ組みの画像です。先述した捻り下げ付きの動翼冶具をアルミの角パイプに両面テープで固定してから組み立てて行きます。左画像は前縁材と後縁材を其々所定の位置にマチ針で固定しています。右の画像では前縁の中芯となる5mm角のバルサ棒を接着して其々の長さの動翼リブ材を接着している所です。此処までの作業には全て木工ボンドを使っています。

● 動翼の上面のプランクの画像です。先に後縁材をプランクするのですが、下面のプランク材の最後尾を3mm程リブ材の後備に合わせて斜めにカットする為にペーパー掛けを行います。後縁側は捻り下げが付いているのでプランクは冶具上にマチ針で固定して自然硬化させますが、前縁側は主翼の後縁と同軸のラインですのでアルミアングル材で両面を挟んで直線を出しつつ・・・硬化させます。捻り下げなんてフィルムを貼ってからでも良いと思っているマニアの方?・・・、標高1000mの大観峰でも夏場の日差しでフィルムが緩むと最初の状態に戻ってしまうんですよ。捻り下げが必要な機体の捻り下げが取れてしまったら・・・大変操縦のし難い機体に成ってしまいます。最初から捻じれた状態なら更に捻ったとしても、最悪な状況は避けられます。

● 冶具から外した状態のエレボン動翼の画像です。左の画像は手前が前縁側になりますが、工作台とほぼ平行になっています。右側の画像では手前が後縁側ですが、翼端に行くにしたがって後縁が浮き上がって行くのが解かりますか。此れが捻り下がっている動翼の状態です。初心者のネット物知り博士?「捻り上がってるじゃないですかあ〜っ!。」って天邪鬼みたいなワガママ言うの止めようね!。

● 幅5mmのバルサの棒材を切り出してからリブの上下面にリブキャップ材を貼り込んでいきます。細かい角度調整や動翼表面の処理は実際に主翼と照らし合わせてから行います。

● エレボン動翼を主翼にセロテープで仮止めしてみました。翼端側が捻り下がっているのが解かりますか?。実際に取り付けてみて後は実際に組み立ててテスト飛行後・・・、捻り下げが不足していると判断したら更に捻ります。テストしたんだから捻る角度は解かってるじゃないかあ〜って思われる人は居ます。

● 無尾翼と呼ばれる水平尾翼の無い飛行物体はエレボン動翼を採用する場合は、動翼自体に捻り下げを付けると大変操縦し易くなります。しかし、世の中のグライダーマニアには色んな性格の人がいまして・・・、ピッタリの重心位置でエレベータダウンを使って機体を走らせる人と少し前重心でエレベータで吊りながら飛ばす人とはたまた僅かに後ろ重心で、誰も真似出来ない位の微風状態の中・・・一人だけ異次元滞空をやっている人もいます。本機NV−01型も同じ様な事が言えるんですよ。前重心やピッタリ重心の機体の操縦方法は個人の好みで変化します。ただし、初期設定の捻りは入れておかないと追加の捻りがやり難くなります。そこで!捻って充分にその捻りを維持出来る様にリブキャップを標準装備としています。

● 二〜三日前のメールにもリブキャップ付きの機体をネットの掲示板に載せたら・・・、その掲示板のお仲間さんに「初心者ほどリブキャップみたいな余計な部品を付けたがるんですよねえ・・・、フィルム張りが下手なんですよねえ・・・。」っと馬鹿にされたそうです。このマニアの方を勇気付ける為に一度リブキャップ付きの部分プランク翼で、絹張り塗装仕上げを薦めてみました。多分・・・この掲示板のブッタカマニア達はフィルム張りの経験は有っても・・・、絹張りや紙張りの塗装仕上げの経験は無いんだろうなあ・・・と思いました。部分プランク翼の塗装仕上げにはリブキャップが不可欠であるという事実を彼らは永久に知らないでしょう。

● 左の画像はスパン4mのオリジナルスケールグライダー(REIHER)の主翼です。部分プランク翼でリブキャップとスパーキャップを標準装備しています。こういう大型機の注文をして来るマニアは、既にリタイア組の昭和の大御所さんが多いのですが、フィルムでチャッ!チャッ!と仕上げる人もいるんですが、じっくり構えて絹張りクリアドープ仕上げにする大御所も少なくありません。そこで!薄手のシルクを貼った時に固定し易くする為に表面積を増やす目的でリブキャップとスパーキャップを取り付けてあります。

● 右のイラストは模型の飛行機の部分プランクの主翼に、何故?リブキャップが必要なのかを示しています。下のイラスト図は実機の基本的な翼の構造を示したものです。実機の場合はアルミ製の外皮スキンと呼ばれる薄いアルミシートの外板で、主翼全体を覆うフルプランクを採用しています。イラスト図では主翼を前方から見ている内部構造なんですが、羽目殺しの密閉してしまうパネルのリブは片面フランジのチャンネル材で成形し、リベットを使って留めてしまいます。エアーハンマーと鉄の塊の当て板とで二人がかりで息を合わせてズダダダダ〜ンッ!って感じで留めていきます。ところが搭載品の点検や交換が必要なアクセスパネルは両面フランジのH型リブを組み込んであります。片側は羽目殺しのリベット留めなんですが、もう一面はパネル上面からフランジ面に設けられたねじ山を介してビス留めされます。主翼に大穴が開くわけですから・・・応力外皮構造の主翼には捻り方向の大きな負荷が掛かってしまいます。此れを軽減させるのにリブにフランジを付けて強度を上げるのです。

● この構造をそのまま模型に当てはめると・・・、外皮のアルミ製のスキン材はフィルムやシルクを元とする被覆材になります。バルサで全面プランクしてしまえばリブキャップなんて要らないんですよ。でも・・・軽く仕上げなければならない飛行機にはフルプランク翼は使えません。部分プランク翼のリブキャップの必要性というのはズバリ!被覆材の接着面積を増やしつつ、軽量な翼構造を実現するのに必要な部品だという事です。

● NV−01型の胴体の基本構造はセンターキールフレームによる左右分けの胴枠を採用しています。主翼の中央に3mmバルサのセンターリブを挟み込んで、ジョイント部分の各所スロット加工を行います。左右分けの部品ばかりなので当然なんですが、センターのキール材が直線配置ならば胴体の左右側板のアールは必ず対称になります。試作型(左)ではキャノピー付きのノーズコクピットと機首までの胴体を別冶具で製作してから、主翼前縁に先付けで組まれた胴枠に接着してから成形と仕上げを行う工作方法としました。

● 画像右側のノーズコクピットのキャノピーはOK模型のDJ−2の別売りキャノピーです。NV−01型の基本販売方法がセミオーダーシステムになっています。主翼はこの翼型と大きさのワンメイクなんですが、キャノピーの種類とアールに合わせて範囲には限界があるんですが、お客さんのお好みのキャノピーとコクピットデザインに変化させる事が出来ます。ただし!無動力のスロープスタントアクロバット専用機としてのみの構造の追加しかやりませんので、どうぞご了承ください。

● 上記の画像の機体は全てセンターキール型の構造で形成されています。先述した様にセンターのキール材が必ず直線を維持出来れば胴体の左右のアールは同じ形状になります。通常のメーカー発売のキットの様なメカ室を最大限確保出来る二枚側板の構造ではありませんが、骨組みの状態で機体前後の重心を量りながらメカの搭載位置と配線配管(リンケージ)の、先付け内蔵を出来てしまうのが特長の一つになっています。なるべく同じ厚みのプランク材と同じ比重のフィルムを貼り込んで仕上げれば、重心位置の大きな変化は起き難い製作方法です。過去・・・RCAW誌のカラー記事において現OK模型社長(高松利充氏)が述べておられたんですが、キットを生地完成にしたらまず!メカ積みとリンケージを済ませて重心位置を決めてしまってから・・・、今搭載したメカとリンケージを外してからフィルムを貼り込め!と書いていました。これって大正解ですよ。

● 本機NV−01型の量産機では試作機よりもノーズモーメントを8%ほど延ばします。これにより重心位置が採り易くなりますので搭載メカの汎用性が広がります。画像の様なジェットスタイルのキャノピーのラインにも沿わせる胴体フォルムになりますので、試作型よりも機体デザインは一層スタイリッシュなラインに成ろうかと思います。左の画像はDJ−2のキャノピーなんですが、元々ダクデット・ファン機の機体ですのでノーズコクピットが大きめになっています。このままではキャノピーが大き過ぎますので一回り長さと高さを小さくして使用します。工作用粘度とピアノ線を使った市販キャノピーのアールゲージの製作方法を後日アップしておきましょう。必ず自作マニアの強い味方に成ろうかと思います。

● 通常ならば仕上がった胴体のコクピットに合わせてキャノピーの木型を作成し成型を行うのが普通なんですが、今回は市販のキャノピーを使用しますので、通常とは逆の方法で胴体のラインを決めていきます。

● 画像の冶具は市販のキャノピーの外アールから、内アールの胴枠を作成する為のゲージです。指物大工の工具の中には本格的でもっと精巧なグッズも存在しているんですが、値段が高価ですので小中学生のお小遣いでは対応が利きません。そこで!かなりアナログ的な方法なんですが、子供の工作レベルにまで下げて製作してみました。メールに入っていた小学校科学クラブの先生へ・・・、ペットボトルのアールとこの冶具を作れればプロップカートのキャノピーは出来ます。子供達とアイデアを出し合って作ってみて下さい。

● かなり手間隙掛かって作ったゲージなんですが、この内アールを直接バルサにトレースしても良いですし量産するのならば型紙を採って保存しておくのも良いと思います。キャノピーの板厚が約0,6mmですので細目のマジックペンでラインを引き、その描いた黒い腺を全部消すまで削り込んだら、板厚分を差し引いた内胴枠の寸法になります。同じ方法で胴体のキャノピーラインを引く事も可能ですので、胴体側面図の作成も可能になります。

● 画像奥のキャノピーがDJ−2のオリジナルサイズのキャノピーです。これをサイズダウンする為に高さと長さを縮めたのが手前の改造キャノピーです。本機NV−01型のノーズコクピットには受信機・受信機用バッテリー・重心調整用のバラスト以外は搭載しませんので、試作型同様にかなりシャープな面構えと成るでしょう。

● エレボン動翼の作動範囲を広げる為に試作型同様にヒンジラインをトップヒンジ型にしました。試作型でも普通に採用しているんですが、自然の風を利用して飛ばす無動力のスロープスタントグライダーなので、ヒンジに使用する粘着テープには普通のセロテープを使っています。翼の両面から綺麗に貼り込むと動きもスムーズですしかなり軽量に仕上がります。ただし・・・セロテープのヒンジを採用する場合は機体の被覆にはフィルムが限定です。

● 上記でも述べたんですが、本機NVシリーズ機の胴体はセンターキール型を採用しています。通常の二枚側板式では無くセンターのキール材を中心にして左右対称の胴体ラインを形成させる構造です。今一構造を理解出来ない人はボートマニアのページで木組みのクルーザー艇等を閲覧して来てください。船舶はヨットでもパワーボートでも必ずセンターのキール材を基準に組み立てていきます。この工作方法を飛行機に応用しただけの話です。

● 基本3mmのキール材ですので試作型ではハードバルサの3mmシートを同じ構造で挟み込んで、仕上げにマイクログラスを巻いてテストしてもらいました。今回量産するに中り・・・この部分の構造を各シリーズ機のテストフライヤーに尋ねたところ、組み立て方法としては最後まで左右分けの方が作業がやり易いとの事でしたので、量産型の機体では左右に其々1,5mmのバルサシートを貼り込んだ状態で左右分け主翼の生地完成機とする事にしました。プランク面のメインスパーより前縁側に見えるセンターのくぼみは、キャノピー後方から延びた胴体のフィレットラインの中心材を差し込む孔です。上下に其々加工してあります。

● キャノピーの胴枠ゲージの記事を載せたら・・・物凄い反響が・・・・。遂にはVシネマでご活躍中の悪役専門俳優のO氏から「そこまで載せたんだから、キャノピー側面のゲージも載せようぜ!。」と直接電話がありました。そこで!今回使用した冶具にもう一つ機能を加えてみました。実はこの機能を加えてしまうと・・・キャノピーの長さが限定されてしまうので、汎用性が無くなってしまいます。構造的にはマニア個人のアイデア次第でどんどん進化出来ると思いますので、あまり複雑過ぎたり精密過ぎたりしなければ小中学生の工作レベルでも対応が利きます。ネット物知り博士の皆さん!「幼稚だ!。」って決め付けないでね!超ハイクラスな冶具はネット物知り博士専用の超異次元掲示板で勝手にやってください。私達アナログ派の人間は三次元空間の底辺で勝手にやりますから・・・。

● ゲージを使ってキャノピー側面の型紙を作成します。これを基にして試作型機の胴体ラインからDJ−2の汎用キャノピーの改造品専用の胴体ラインを作図していきます。WAR−BIRD(F−1)の項でも書いたのですが、現在市販されている汎用キャノピーは大変少ないとは思いますが、メーカーに在庫として眠っているかもしれない汎用キャノピーや専用キャノピーは定価札の付いた商品です。ほっといても売れませんが・・・今のネット社会のルートに載せても需要が無ければ量産もやらないのが現状です。しかし売れ残っている在庫品は定価のまま残っている筈ですから、利用しない手は無いと思います。


● 図面より抜粋した部品の作図が完了したら、スプレー糊を吹付けて厚さ1mm程度のケント紙に貼り付けます。このケント紙を切り抜いて仕上げると半永久的に残る型紙が出来ます。

● 糊が乾燥したらカッターナイフを使って型紙を切り抜き・・・、胴体のセンターキール材となる部品を作成します。画像はノーズコクピット後方から主翼上面と下面の胴体のセンターキール材です。上記イラスト図のラインからプランク材として使用する厚さ2mmのバルサシートを退いた寸法で作図してあります。このキール材の側面に左右振り分けの胴枠を配置すれば主翼と一体化した胴体のラインが形成されます。

● 額面通りの配置なら高さ80mmのセンターキールで仕上がるんですが、材料取りをこのままやってしまうと捨てバルサが大きくなりますので、上下分けの合わせ取りという手法を使って作図します。なんにも特別に難しい手法ではないですよ!。小学二年生でも教えたら型紙からのトレースくらい正確にやってくれるって言うレベルの話です。型紙をキチンとマチ針で固定して教えたとおりのボールペンの持ち方でライン取りをさせるだけで、正確な寸法が出せるんです。

● 試作型同様にキャノピーの後部ラインから前を冶具による一体加工で組み立てて生地完成部品とし・・・、左右結合された主翼にキャノピー後方から胴体の後部ラインの部品を組み込んで購入されたお客さん自身でプランクして貰う工作工程ですので、「プロポって何ですか?、」レベルの初心者さんには組み立てる事が出来ません。それと・・・・スチレン機しか組んだ事のないネットの一流コンテストフライヤー諸氏にも無理かもしれませんねえ〜・・・?。一回の工程で量産出来る機体数が5機ですからねえ・・・。よっぽどのスロープスタントマニアでしか購入しないでしょうねえ〜・・・。

● 機体の原寸図を基にして、NV−01・オリジナル機のノーズコクピットを市販キャノピーDJ−2型機に合致させるべく、ノーズコクピットのみの作図をします。画像の部品はコクピット部分のセンターキール材です。部品図に直接スプレー糊を吹き付けてケント紙に貼りこみ、切り抜いていきます。

● コクピット部分の胴体の胴枠を型紙を使って作図します。このバルサシートは1,5mmのシートを二枚90度クロスさせて貼り込んだ合板シートです。胴枠を切り抜く前に全体の抜き捨て部分をくり抜きます。(製作記事Part7に続く)