Part−7



● サンドイッチされたバルサシートの目の方向が左右胴枠共対称に成る様に作図して切り抜きます。枠抜き胴枠の状態で抜いて在るんですが、仕上がりは別の形状に変化します。あくまでも胴体の外皮プランクが終わって胴体全体が完成するまでは、構造体の一部として活躍してもらう部分です。

● 所定の位置に各部品を木工ボンドで貼り込んで行くんですが・・・、各胴枠がキール材に対して直角で接着されていれば必ず胴体側板のアールは左右対称になります。それを確実に組める様に補助部品も接着します。

● 基本的に当HANGER−3のオリジナル・グライダーの構造は重心より機首側のノーズモーメント全体の胴体は、肉厚3mmの外皮プランクで仕上げてあります。重心よりも後方機尾までの胴体は2mmの単板構造です。300gを切る様なハンドランチ系の軽量グライダーはこの構造が当て嵌まらないんですが、その他の機種は殆どがこの変則プランク構造で組み立てられています。

● 3mmバルサのシートを単板で急なアールに馴染ませる事は不可能な状況なんですが、1,5mmのバルサシートを二重で貼りこめばその胴体の外皮構造は大変強固な物に成ります。今までのNV−01型の機体構造には各種の硬さのバルサ材しか使っていませんのでひ弱にも思えるんですが・・・、構造を複雑化する事で比較的軽量で通常の飛行には何ら支障の出ない構造体に仕上げてあります。ただし!・・・・ノーズコクピットをゴリゴリ切り落としてブラシレス・モーターを取り付けて動力機にしようと改造すると今度は動力機としては・・・、強度不足の構造体に成ってしまいますので純粋に無動力の中風域スロープスタント専用機としてお使いください。

● 一層目のインナープランク材は胴枠四枚の三区画を三枚の1,5mmのシートでプランクしたんですが、二層目は一層目のプランクシート全面に貼り付けますので、木工ボンドをたっぷり塗り広げて貼り込みます。重くなるじゃないですかあ〜っ!・・・えっ?聞こえませんよ!。空耳かあ?・・・。貼り込み後の外皮面は3mmを遥かに越えているんですが、綺麗なアール面に仕上げると額面通りに厚さ3mm前後になります。おまけに3mmの単板バルサシートよりも硬度は上です。重心位置よりも前ですので・・・、余分なバラストが必要無くなると楽観視しながらルンルン気分で組み上げています。


● ノーズコクピットの胴体の生地完成状態です。多分・・・初めて購入されるオーナーさんはその堅牢な胴体に驚かれると思います。大型スケールグライダーを購入された大御所さん達の共通の意見なんですが・・・、当然と言えば当然なんですが重心位置をしっかりと持ってもベコベコと凹まない胴体が気に入って貰えてます。グラス胴体のスケール機は軽量化の為に強風に煽られない様にしっかり持ってしまうとボコッと凹むそうです。何時・・・割れるかと言う心配が無いのでストレスが溜まらないとおっしゃっていました。此処からの加工は購入されたオーナーさんの作業になりますので、説明は後ほど・・・(機体の組み立て説明)で詳しく述べますので・・・。

● 全体的な機体のサイズです。テーブルの奥行きは900mmなんですが、機体のスパン(翼幅)は830mm程度です。キャノピー後部の構造はお客さんの組み立て工程となります。まずは!左右の主翼を結合する事が先決です。

● 機体の紹介欄に掲載しているNV−02型(コロンビア)とNV−03型(チャレンジャー)です。これらのシリーズ機は無動力のスロープスタント専用で開発した機体ですので、動力機への改造には構造的なリスクが大変大きくなりますのでお奨め出来ません。むしろ誰も怖くて投げられない位の強風域でも平気で投げられるという運動性の良さも兼ね備えた機体です。左の画像のコロンビアをよ〜く見てみると・・・何処とな〜く・・・トムキャットのデルタバージョンに似ていますので、カラーリングでトムキャット風に仕上げてスロープをかっ飛んでも誰も文句は言えないと思いますよ。九州に限らずスロープの大会のスケール機部門と2mクラスには普通に出場出来る機体です。(実践済み)購入されるお客さんがキャノピーのみ送ってくれるのであれば、そのキャノピーのラインに合わせて胴体のラインを変更する事も出来ます。材料が極端に増える場合は少し割高には成りますが・・・、自分だけのNV(NEW−VEGA)機にする事も出来ます。なるべくジェットスケール機に似せてみましょう。ただし!張り出しのインテークは・・・付けませんので此れでもかあっ!って位派手派手のカラーデザインで仕上げるのも一つの方法だと思います。

● 更にNV−04型(エンデバー)とNV−05型(ディスカバリー)の画像です。両機共センターウイング(インナーウイング)を組み込む事で動力仕様の機体に変化します。画像左のエンデバーの場合はバッテリー搭載の幅に合わせたセンターウイング部分とモーターパイロンを取り付けるとプッシャー型のスピードデルタ機に成ります。基本は3セル仕様なんですが、4セルのファイティングファルコン(F−16)に直線飛行で勝ったそうです。旋回には・・・小回りの利くF−16には敵わないそうですが・・・。

● 右画像のEDF(ディスカバリー)は4セル以上使用の70mmダクトユニットを搭載出来るインナーウイングを組み込みます。ダクトユニット全体は完全に内蔵され、メインのインテークは胴体上面からラインを崩さぬ凹みアールラインとサブインテークを胴体下面に持った構造に成ろうかと思います。基本のテイクオフパターンはゴムカタパルトですが、毛足の短い芝生レベルのランウェイならば主翼下面の流線型のスキー板で離陸可能です。このEDFは現在E・B・F掲示板のネットショップ(GARU−WING)のお仲間さんにのみ供給される機体ですので、一般のマニアの方にはお売り出来ません。先述してるんですが・・・ノーズコクピットが大変丈夫な構造ですので、R指定?とさせて頂いてます。あしからず(改造厳禁!って意味です。当てられたら多分・・・痛いです。)車高が大変低いのでスキー板だけじゃノーズアップ出来ないじゃろ?っと思われている方・・・新谷かをる氏の(ファントム無頼)を読みなさい。一話だけですがその方法が載ってます。ドラッグパラシュートを使っても着陸に2000mは必要なファントムを離れ小島の1500m滑走路に何とか着陸させた神田二尉が、そのファントムを1500m滑走路からどうやって離陸させたか?・・・、それと同じ機能をディスカバリーは搭載しています。要は発想の転換なんですよ!。

  ●☆●  NV−01型(エンタープライズ) 組み立て説明書



● 此処からは生地完成状態の機体の組み立て説明書となります。キットに付属のクッキージョイントを主翼に勘合します。低粘度の瞬間接着剤を使ってください。ホゾ孔は三箇所あります。左右の主翼の結合にはエポキシ接着剤を使用します。塗り面が大変大きいので30分硬化型が扱い易いと思います。何度も仮に勘合してみて修正する所は先に行いながら確実に接着して下さい。

● 構造は先述していましたので解かっておられると思いますが、ベニヤ類を接着面には一切使用していませんのでマチ針が簡単に刺さってくれます。固定に瞬間等は使わずに時間を掛けて硬化させる方が良いと思います。本機には目立った上反角を付けておりません。テーパー比の大きいリブ配置ですので、主翼の下面には相似形のリブによる普通の上反角が勝手に付きます。元々コンコルド型デルタ翼には前縁に強い後退角が付きますので、方向安定性と共にロール軸の自律安定性効果も出る様です。

● 結合した主翼に半埋め込み状態の胴体を作っていきます。本機の場合はノーズコクピット部分がはっきりと胴体!って言える部分なんですが、この後部胴体は単純にフィレット効果と言ったところです。しか〜し!、ジェットスタイルのコンコルド型飛翔体をお持ちのマニアの方達は・・・、多分・・・一度は私と同じ苦い経験をされたマニアが多いと思います。このコンコルド型デルタ翼機の壊れる箇所の共通部分がコクピット後方主翼の前縁付近に集中しているところです。それも・・・着陸時・・・に!集中しています。

● そこで・・・ノーズコクピットのプランク同様に厚さ3mmに成るダブルプランクを採用しました。一層目は三枚繋ぎでプランクしますが二層目は数を倍に増やして、更にプランクのツナギ目をずらして貼り込みます。試作型ではエレボンのサーボのリードハーネスを主翼上面からアクセス出来る様に設定したんですが、テストフライヤー諸氏からは取り回しが難しいとの事でしたので主翼下面からのアクセスに変更しました。私としては上面からの方が工作し易かったのでそうしたんですけどね・・・。

● プランクをする為の加工の画像です。主翼のプランク面に接しているストリング材を胴枠のアールに合わせて斜めに加工します。最後部は単純に棒材を貼り付けてアール加工しただけなんですが、かなり緩めのアールでないとプランク材はフィットしませんので念入りに加工します。

● キャノピーの後部にバルサのムク材で胴枠を接着してあります。この部品は当工房の作業工程なんですが、もし仮に機体購入のお客さんからのキャノピー持込の場合は、この部品から持ち込みキャノピーのアールに変化します。更に後部胴体のアールもこの胴枠の続きのアールで構成されていきますので、主翼本体は共通なんですが機体全体の印象は全然違う雰囲気に変わっていきます。

● 詳しい加工方法は製作工程の過程で最後に出て来ます。早い話が搭載するメカに合わせて必要でないフレームを取っ払う為の複雑な構造なんですよ。アール面のプランク材を二重張りにしたのはプランク面が曲面状態で硬化しているのでその形状を維持出来るからなんです。たとえ・・・内部の胴枠を二枚切り取っても形状を維持出来る様にセミモノコック状態で仕上がる様に設計しました。

● コクピットユニット後部のクッキージョイントが画像左の様に納まり固定されます。その為のちょっと複雑な加工なのです。よく言われることなんですけどねえ〜・・・。パークフライヤーのスチレン機愛好家に特に多いと思うんですが・・・、「レーザーカットにしたらもっと簡単に組めるじゃないですか!、ダイカットなんて古いですねええええええええ〜・・・。」・・・たった一機しか作らない自分で飛ばす飛行機の為にわざわざ時間を掛けてプログラムしてレーザーカットして?、部品が合わなかったらプログラム修正してまた加工して?って・・・、外注したら幾ら掛かるか知らんのか。全部手持ちでコンピュータ機器揃えたら購入費と維持費がどんだけ膨大な額に成るのか知ってて言ってるんかい?。「僕はレーザーカットしたキットしか要りません!。それも適正価格の・・・。」


● 胴体上部の胴枠とストリング材の画像です。コクピット部と同様に二重張り構造で仕上げる為に、1,5mmのバルサのシートを曲面加工しておきます。

● バルサのシートを巻き付けている芯棒は、オラカバドライのフィルムの芯材です。メディアムバルサ材ならこの位のアールで曲げても割れる心配は少ないのですが、使用したバルサは板目です。柾目の場合は使用するバルサの幅(80mm方向)が、ソフト材からメディアム材の範囲ならこのアールでも曲げられるんですが、メディアム材からハード材の範囲だとハード側に割れが生じる事もあります。胴枠のアールよりも強めのアールで癖を付けておくと・・・、胴枠のアール面に食い付きが良くなりますので充分に乾燥させてからパネル加工をしていきます。

● 世の中にはまだまだ自作派のマニアが残っていたんですね。色々なページに質問して方法を聞いても話しをはぐらかされたり、今時古い事やってるね?なんて馬鹿にされたりと、ネット物知り博士ってどんな脳ミソの構造してるんでしょうか・・・・。本気で悩んで解決策を模索しているマニアの質問に対して、馬鹿にするって事は多分・・・解決策が当の博士にも解からないって事でしょう。

● 本気で悩んでいる埼玉のパークフライヤーさん!、質問の答えです。バルサのシートは元々が平面のシートですので一つの方向の曲面加工には対応出来るんですが、二つのアール面に同時に対応する事は不可能なんです。一生懸命悩んで解決策を模索された様子は送られて来た自作の機体の画像と文面の内容で、痛いほど伝わって来ました。解決策の一つは私の使っている二重張りのプランク方法なんですが、小型の機体には重くなってしまうので不向きだと思います。まずは上のイラスト図を見て自分なりに使える方法を見つけて下さい。

● このパークフライヤーさんの切実なご質問の内容とは、胴枠のアールに沿って胴体上部のアールのプランクをしたら・・・、生地完成の時は気付かなかったけどフィルムを貼ったらプランク面が波打っていた・・・。という状況です。ご自分ではフィルムの貼り方を間違ったと思い込み・・・、引き(収縮)の弱いタイプのフィルムに張り替えてみたけどやっぱり波打ってしまった・・・。と堂々巡りに落っこちてしまったようです。使用したバルサの材質が悪い訳でもないです。此れだけは・・・避けられない事実ですしカスタム屋さんでもその対処方法には相当な技術と工作工程を使うんですから・・・、フライヤーさんのせいではありません。多分・・・こういう世界を作ってしまった神様が悪い!(笑)。

● 右のイラスト図の(A)が仕上げの理想のアール面です。(B)は凹んでしまったバルサシートの面です。これはバルサのシートの性質なのでフライヤーさんの貼り方が間違っているのではありません。安心して下さい。(C)は凹んだ面を逆に利用した加工の一例です。胴枠の上でパネルを切り張りして接着したのでこの部分だけは正常に胴体のアールに沿っているんですが、この部分を削って平面加工してください。どういう事かと言うと・・・、極めて浅い角度のつなぎ目をバルサのシート上に新たに作る!という加工方法です。先述した翼型の座標数の項で、作図した座標の数が多ければ多い程翼型は滑らかなアールに成る!と記述しましたが、同じ事が胴体のアール面でも言えるって事なんです。小型の機体に二重張りは逆効果なんですが、1mmバルサでプランクしないで2mmバルサのソフト系でプランクしてイラスト(C)図の様に加工してみて下さい。板厚が2mmに増えたので削り落とす面が増えるって事なんですが・・・、凹みの軽減には充分役立つと思います。

● 空野彦吉さんの機体は通常バルサキットの機体の2倍〜2,5倍の数の胴枠を内蔵して構造体を形成しています。これはオールバルサにして軽量化且つ強度の維持だけでは無いんですよ。胴枠の間隔を詰める事で複雑なジェット戦闘機の機体外皮表面のアールを表現し易くする為です。私の目から見れば実機の戦闘機の胴枠の間隔とほぼ同じ構造になっています。実機のパネルも金型仕上げの複雑な型押しパネルはファントム以降の機体しか見ていません。F−86やT−33の外皮パネルはたたき出し加工の複雑なパネル以外は殆どが小さい平面パネルの集合体だからです。

● 大型のソアラータイプのスケールグライダーや使用を限定したスロープスタント機の外皮構造をラジコンで作る場合は、バルサの単板接着加工だけでは外皮アールの表現が難しいのと、飛ばす為に必要なスロープサイトの条件に合わせて強化する意味も含めて外皮スキン材の二重張りを使っています。もし・・・今後機体を自作されるのであれば胴枠の数は今まで通りにして、胴体の上部のアール面のみ対応した部分胴枠(サブフレーム)をメイン胴枠の間に増設してプランク材の数を増やして細切れで貼ってみてください。多分・・・今までの様な酷な凹みは無くなると思います。

● これは自作の1/5ライハーのプランク状況の画像です。重心位置よりも機首側の胴体は1,5mmのバルサシートを二重張りで貼り込みました。更に一層目は胴枠に増設したストリング材で小窓になった枠に其々パネル甲板張りでシートを接着し、平面の状態を増やしてから更に二層目を小分けのパネルにして貼り込んだ画像です。言わば座標の数を増やした状態を意図的に作り出して滑らかなアールに対応出来る様に加工してあります。一部削り過ぎて下地の一層目が剥き出している部分もありますが、概ね素直で自然なアールに仕上がっています。一層目と二層目の間は平面同士の接着面なんですが、もし!仮に二層目を綺麗に剥がして平らな定盤の上に置いたら・・・小高く極めて緩やかなアールで構成された丘みたいなバルサシートが目の前に出現します。要するに・・・機体の外皮が全て曲面仕上げの場合は、貼り込んだバルサの細切れのパネルには平面状態は存在しないって事です。右画像の様な平面で対応出来る外皮は、勿論なんですが・・・2mmバルサシートの単板を貼り込んでいます。画像の面はライハーの後部胴体下部なんですが、胴体幅はプラスのアール面なんですが・・・前後方向は逆アール面です。一難去って又一難・・・シートの加工には乾燥するまで拘束した矯正冶具を作りました。

● 一層目のシートプランクを終えた状態の画像です。結構いい加減な隙間だらけのプランクなんですが、この状態でも何ら仕上がりには影響しません。その代わりに胴枠の小口面とストリング材の接着面には確実に接着固定されています。実は二層張りの基本は此処にあります。綺麗に貼る事ばかりが先行すると、強度の必要な本来の接着箇所を美化する為に犠牲にしなければ成らなくなる場合があります。内張りの美化面を犠牲にしてその代わりに接着する所は確実に接着硬化させる事を一番に考えて、組み立てた方が仕上げが楽に成りますし・・・、ストレスが軽減されてプラスアルファーのアイデアも浮かんで来ます。

● 画像では解かり難いと思いますが、コクピット後部より二層目のバルサシートを貼り込んでいる途中の画像です。一層目のシートの貼り込みと大きな意味の違いがあります。一層目の貼り込みの目的は骨組みである構造体の基本的な強化にあります。通常の工作方法ならば・・・、プランクは単層張りが基本なんですが、被覆する材料の性質によっては飛行中の強度には何ら支障は起きないのですが、ハードランディングや草地をクラッシュバリヤーにしての突っ込みには単層のバルサプランクでは持たない場合が出て来ます。そこで!二重張りなんですが、一層目の胴枠小口をジョイントとしたパネルプランクのつなぎ目を覆う様な寸法に細かく細分化されたプランクシートで張り込んでいきます。

● 細分化すると言っても細切れのパネルって意味ではありません。要は一層目のプランクのつなぎ目を隠す様に、隙間を極力少なくして貼り込む事で二層目の糊面にベタ塗りした木工ボンドを完全に硬化させると、シートとシートの間に硬化して曲面を維持した状態の厚さ3mmのシート外皮が完成します。幅を狭くしてパネル数を増やす事でアールに馴染ませ易く貼り込み易いというメリットが生まれますので、作業工程は増えるんですが仕上がったプランク外皮は大変強固な状態になります。

● コクピット内の加工状況を知りたいという自作派のマニアからのメールが100通を越えましたので、急遽工程を変更してコクピット内部のメカ室の加工状態の画像を掲載します。加工に必要な工具は、薄刃のレザーソウ・細身のカッターナイフ・専用のサンドペーパーホルダーと特別過ぎてどうにも成らないって工具は必要ありません。複雑に組み込んだ構造体なんですが、オールバルサの構造体でも適材適所を忠実に守れば、加工し易く・・・強度も有り・・・比較的軽量な構造体が完成します。

● この状態でもフィルムを貼ってメカ済みしても問題は無いのですが・・・、使用目的が胴体着陸による無動力のスロープスタント専用機ですので、コクピット内部全体に行き渡る様に30分硬化のエポキシ接着剤を塗り込んで内部にもう一面強化皮膜を追加してからメカ済みと成ります。ENGボートと同じ工程ですね。(製作記事・Part−8に続く