(機体紹介の項


★★★ この機体はジェダイマスターである「マスター・リンデン」のワガママから企画がスタートしてその後カタチに成った超軽量ハンドランチ・グライダーです。とにかく・・・昭和のジェダイ・マスター(大御所)のマニアさんの中には・・・、無理難題言う人も多いです。1リットルのバケツに2リットルの水を入れてくれ!って言われても・・・、入る訳がありません。実は御自身でも入らんやろなあ・・・って事ぐらい解かっているとは思うんですが、「トンビ君やったら何か良いアイデア持っとるかなあ?思たとよ〜・・・。」.って、幾ら褒めても無理です!って・・・。本当はやろうかどうしようか・・・随分迷った(RINDY−U)の量産なんですが、阿蘇の大御所が久々に乗って来ましたので最初の1ロット10機分の量産体制に着手しました。

● マスターリンデンからQRPのロッキーVの図面が送られて来て、この機体をコピーしてくれ!って言われたんですが・・・、私も大手メーカー出身の端くれです。そんな無茶苦茶な事は出来ません。第一にQRP自体がバルサキットの生産を辞めたからと言っても、無許可でのコピーと量産はルール違反です。そこで!国内のメーカーさんとメーカーから独立した個人のカスタム屋さんが持っている共通データを使う事にしました。はっきりとした共通のデータという物は存在していないのですが、機体の設計に不可欠な定尺のバルサ材を使って作るキットには、適正な価格に押さえる為のあらゆるノウハウを各メーカーさんは個々に持っています。国内の大手メーカーさんは同じ国内の各社プロポメーカーのメカを共通で搭載出来る様に機体を設計します。このデータは門外不出というよりも・・・、開発部の誰もがマニアレベルで持っているデータですので組合に加盟していない個人のカスタム屋さんでも使う事が出来ます。

● 各国内の大手メーカー発売のマイクロサーボが搭載可能な寸法で、胴体の高さと幅を決めてあります。メーカーさんなら当たり前に付属しているサーボマウントのパーツなんですが、本機RINDYにはバルサの材料しか入れてありません。ここは御自分の使用されるサーボに合わせて搭載をしてもらう為に手抜きをさせてもらいました。この位のサイズの機体にマイクロサーボを搭載する行為は、一昔前の昭和50年代のスパン2mクラスの機体に標準型(50g)のサーボを搭載するのと然程変わりがありません。機種によってはサーボの搭載が難しくなる場合もありましたので、当時のメーカーさんは胴枠と側板にスロットイン加工したサーボマウントは組み込んであったのですが、サーボベットとなるベニヤ板はサーボに合わせて繰り抜けって指示してありました。高さが足らなければマウント自体のかさ上げ加工です。幾ら飛行機やプロポが小型化されても使う部品の比率が同じなら、昭和と同じ状況は繰り返されるという事です。どうぞ御理解下さい。

● セット内容は上記画像に載っている分だけで他にはありませんので、組立には然程時間は掛かりません。細かい専用パーツとしてはオリジナルで製作したショックコード用のフックの台座ぐらいです。右側に見える白っぽい物は主翼の結合後に補強として貼り込むマイクログラスの帯です。

● 上記で記述した通りにサーボマウントを自由型にしましたので、ピアノ線使用の尾翼コントロールロッドのガイドパイプの固定が出来なくなりました。そこで、後部胴体のガイドパイプのエンド部分のみ固定してありますので、サーボを取りつけたら指でピアノ線を動かしてみて一番スムーズに動く部分で胴枠に開けてある長孔を接着剤で固定してください。詳しい取りつけ方法は組み立て行程で説明します。

● 本機の主翼は内翼を同じ翼弦で構成した単形翼(矩形翼)とし、外翼を前縁後退のみのテーパー翼としています。翼端には幅広のバルサブロックを使い楕円形の翼端を形成しましたので、翼端の強度は他の同クラスの機体よりも頑丈だと思います。翼端のバルサブロックの材質はソフト系を使用しましたので、比較的軽量に仕上がっています。ハードランディングにも翼端材が耐えられる様に翼端リブと後縁材の二面で接着する構造ですので、ナイフエッジ(横向き)状態で着陸でもしない限り翼端ブロックがモゲル事態には成らないと思います。

● 本機RINDYの主翼にはゲッチンゲン類似翼を採用しましたので、浮きの状況は翼下面のフラットボトムタイプの他機に比べると良い様です。キットにすると基準が取りにくくなるので、大手メーカーさんも余り採用しないんですが、このRINDYは国内生産のカスタムですので生地完成の優位さを生かして、外翼下面まで目で見て解かる位のゲッチンゲン類似翼としてあります。

● 胴体の主翼前縁よりも前のメカ室に全てのメカ搭載物が収められる容量を確保しましたので、同クラスの他機サイズよりも胴体の幅と高さを広めに採ってあります。メカを大改造してまで取り付けなければならないと言う様な事態には成りません。水平尾翼にテープ止めされているエレベータ材はフィルム貼りこみ後に水平尾翼と結束出来る様に、テープヒンジ使用のトップヒンジ専用の前縁加工を施してあります。後縁側は厚さ1mmに成るまでテーパー加工して仕上げてあります。

★★★ RINDY−U 組み立て説明書● これは主翼の上反角の角度を決めて固定するゲージです。ひまし油世代のマニアの方は厚紙でもバルサでも構いませんので、画像の様な衝立を製作して下さい。スチレン世代のマニアの方も同様です。画像の様なスチレンペーパー製の衝立を自作して下さい。高さは54mmです。

● 左右の主翼を其々結合します。本機RINDYは二段上反角(ポリへドラル翼)を採用しています。主翼中央にも左右其々上反角が付くんですが、左右の主翼の内翼と外翼の間にも上反角が付きます。まず、左右其々の主翼の内翼と外翼を接着結合します。内翼と外翼の結合リブ面の後縁材・最後部を合わせて図の様にクリップで挟みます。次に仮固定した主翼の裏側の面を綺麗にツライチで合わせてマスキングテープを貼り込んで固定します。内外翼の結合には瞬間接着剤は使わないで下さい。必ず30分硬化のエポキシ接着剤を使ってください。

● 最初に作った衝立を外翼の指定のリブ下面に固定して、内翼に雑誌等の重しを乗せて準備完了です。エポキシ接着剤を適量混合して左右の主翼・どちらからでも良いですのでエポキシ接着剤を結合するリブ面に塗り込んで画像の様に元通り固定します。左右の主翼の結合作業が終わったら残ったエポキシ接着剤が硬化するまで、状態をキープして動かさないで下さい。その間約30分間は一服するなり・・・テレビを見るなり・・・して下さい。下手に触ると設定が狂います。

● 主翼の前縁には両面のプランク材の間に内臓された前縁補助材のバルサ棒を入れてあります。QRPのロッキーでは両面のプランク材の前縁側を斜めに削って貼り合わせとなっていたんですが、着陸の荒い初心者のマニア仕様機とコンセプトを設定した本機ですので、ロッキー並みに前縁を尖らせても餡子(リブ内空洞)が出ません。先端を尖らせたからと言って・・・音速並みのスピードで飛べる訳はありませんので、セオリー通りに作るならば小半径でも前縁は丸く削った方が良いと思います。

● ひまし油世代のマニアの中には頑固なまでにスチレン素材を毛嫌いしているマニアもおられますので、画像の様に厚紙を折りたたんで衝立に利用しても同じ効果が出ますが、必ず外翼の指定の位置に設置して翼の接着を行って下さい。

● 中央翼結合の画像です。外翼と内翼の結合と同じ方法を使います。内翼の中央結合部のリブは予め片翼4度の上反角が付くように加工を施してあります。左右の内翼を結合して片翼を工作台にベタ付けすると、画像の指定のリブ位置に最初に使った衝立がビタリと嵌り込みます。翼下面にマスキングテープを貼りこみエポキシ接着剤を使って、中央接合部の結束を行って下さい。通常は其々の翼の上反角を指定して・・・、床から何ミリと図解で説明する所なんですが・・・マニア自身の身になってみれば、図解で細かく指示するよりももっと簡単に解説して調整出来る方が良いのでは?・・・、と言うとっても手間の掛かるアイデアをくれた昭和一桁生まれの大御所さんの一生の頼み?を聞き入れて、今回の機体の上反角設定が決まりました。一種類の衝立で全ての上反角に対応出来る様に、最初から上反角を設定しました。賛否両論あろうかと思いますが、コストダウンとマニア自身の製作時間の短縮化を狙っての工作方法です。

● スパンは1600mm近くあるんですが、毎度の事で申し訳ありませんが。当HANGER−3の飛行機は翼端処理をかなりハードにしてありますので、画像の様に全ての翼を結合して持ち上げてもビクともしません。画像右側の様に翼端ブロックと後縁材を噛み合わせると、通常のグランドループ等のハードランディングに対してかなり丈夫になります。スパン3mを越える大型機の場合はメインスパーを翼端の先端まで伸ばし、翼端ブロックの木目方向を前後ブロック方向を変えて取り付けると同様の状況にも耐えられる翼端となります。今回の機体にはその応用とSAL機への主翼の転用を考えての内部構造です。ご了承ください。

● 上記左画像はベビーパウダーを添加剤として混合したクリヤラッカーの目止め溶液です。パウダーの方が比重が重いので撹拌しないと沈殿します。この上澄みのクリヤラッカーの溶液をリブの小口に塗り込む行程です。昭和の大御所でも一度はやらかした事があるそうなんですが、ゲッチンゲンの翼型の下面にフィルムを貼り込む際・・・しわ取りの為にアイロンで全体面を伸ばそうとしたら・・・、さっき苦労して貼り込んだリブ下面のフィルムが収縮に耐え切れず剥がれて縮んでしまい・・・、最初から貼り直しになってしまいました。

● 昔のフィルムは顔料の粘着力が今一弱かったので、急激な収縮と貼り付け面積が少ない場所の貼り込みには大変苦労しました。そこで絹張り・紙張り仕上げ同様に部分プランクのリブ面には、クリヤラッカーを刷毛塗りで重ね塗るという方法が当たり前の様に採られて来ました。今回の機体にはオラカバよりも比重の少し軽いソラーフィルムのトランスパレント(半透明)を貼り込みますので、ゲッチンゲン翼の特性である凹んだ翼型にも充分対応出来る様に刷毛塗り用(シンナー含有比率=1,2倍で希釈)した溶液を3回塗り重ねてみました。重ね塗る毎に軽くスポンジペーパーでリブ小口面の毛羽を取ると少しずつ表面が滑らかになっていきます。フィルムを貼る時はアイロンの熱で溶液が溶け、直ぐに固まる事でリブの小口が強化されます。リブキャップを使用しない機体にフィルムを貼り込む際の一つのアイデアに成ればと思い今回実践しました。私の機体の殆どがリブキャップ付きですので、フィルム張りで困った事はありません。強制ではありませんので・・・有効だと思われた方は利用してください。

● 水平尾翼に基準ラインを入れる作業です。水平尾翼を胴体の尾翼取り付け面に乗せて胴体側と尾翼側に其々必要なラインを入れていきます。マチ針で水平尾翼を固定すると作業がしやすいと思います。

● 本機の胴体の尾翼取りつけ面は水平尾翼をベタ付けで固定出来る様に、尾翼固定部分にバルサの天板を先付けしてあります。以外と尾翼の取り付け部分には強い力が加わります。強い衝撃を伴う着陸をした時に尾翼が根元からもげる事態の場合の多くの原因は瞬間接着剤を多用した時に起こる可能性があります。同じベタ付けでもエポキシで接着すると尾翼がもげる!という事態には成り難いと思います。瞬間接着剤は強力な接着効果が期待出来るんですが、これは荷重の掛かり方が上手く分散出来た場合であって部分的に掛かる強い力には対処出来ずに破壊してしまう様です。

● 右の画像は垂直尾翼の下部のジョイント部分です。レーザーカットのキットではこの部分も一体で切り抜いてしまうんですが、側面の補強をしっかりやらないと木目に沿って折れてしまう場合があります。本機の場合は補強材も取り付けるんですが、コの字でくり貫き加工をしてから木目を90度変えて埋め込んでありますので強度が上がります。

● 上記の垂直尾翼の補強材を加工した画像です。6×6mmのバルサの角棒を画像の様に加工して部品を作ります。小型のカッターナイフと荒めのサンドペーパーで加工します。角度は自由です。取り付け面のみ正確に直角を出して下さい。

● 画像の様に指の腹をガイドにボールペンを持って、各尾翼の前縁のほぼ中心を狙って罫書き線を入れていきます。この線を基準にして尾翼の前縁を丸く加工してください。荒めのサンドペーパーを付けたホルダーで荒削りをしてから、スポンジペーパー等を使用して仕上げると綺麗に加工出来ます。

● セットに付属している主翼固定用の竹棒を胴体のダウエル孔に其々差し込んで、緩めの輪ゴム等で主翼を仮止めしてします。胴体の尾翼取り付け面にマチ針等で水平尾翼を仮固定して、胴体後方から尾翼の傾きを見ます。初心者の方に細かく説明しても理解不能状態に陥ってしまう可能性が大ですので、自分の目で見て判断して貰い・・・、自分の感覚で修正して貰う方が覚えが早いと思いますので、この調整方法を記述しました。この時一つだけ注意して欲しいのですが、左右の傾きのみの修正で留めておいてください。サンドホルダーの修正において、飛行機の進行方向の角度まで変わると・・・飛行機が安定して飛ばなくなります。今の設定で重心がピッタリ合っていれば、本機RINDY−Uはフリーの状態でも安定して滑空出来る様にバランスを採ってあります。

● 上記の溶剤を使ってベタ付けの各内翼と外翼の結合面の補強を行います。使用したエポキシ樹脂はサノ・ファクトリー製のR&Gエポキシ樹脂です。溶剤の混合には100円均一ショップで購入した紙コップを使用し、ターボ(瞬間促進剤)の空瓶に詰めたアセトン溶剤をグラス塗り込みの際使用する小刷毛の洗浄液としています。画像は主翼の表(上面)ですが、塗り込み作業は下面から行います。マスキングテープは余計な翼面まで溶剤の塗り広げをしないで良い様に貼りこんであります。

● 画像左は左右の内翼の結合付近です。本機RINDYはショルダーウィングタイプのグライダーですので、主翼の固定にはゴムを使用します。言わば胴体に縛り付ける形ですので、胴体幅よりも僅かに広い面積をグラスコーティングします。翼端側の内翼と外翼の結合面は荷重の掛かる結合面が部分プランク式の為に範囲が少なくなっていますので、メインスパー後方の補助材までをグラスコーティングします。基本に順じて主翼下面からの作業になります。

● エポキシの溶剤の混合比率は10:4ですので、紙コップにアバウトなんですが油性マジックで目盛りを入れます。エポキシ溶剤でマジックが消えない様にマスキングテープを貼り込みます。先に主剤をしたの目盛りまで投入した後、上の目盛りまで硬化剤を追加投入します。これを良く撹拌してから塗り込んでいきます。塗り込み方法は(NV−01・P−8)に記述してあります。

● 各翼の結合面のグラスコーティングが済んだらこの二種類のペーパーで仕上げていきます。翼下面が平らなフラットボトム系の主翼ならフラットな面のサンドホルダーがもう一つ必要になるんですが、RINDYの翼下面は凹みアールのゲッチンゲンですので画像のサンドペーパーのみで充分だと思います。右画像は手持ち80番のサンドペーパーで荒削りした状況なんですが、グラスコーティングとバルサ面の境がまだ光っていますので、更にペーパーの持ち方を変えて落としていきます。全体的に境を指で触って段差が無くなったら最後にスポンジペーパーで仕上げて下さい。

● RINDY−U型を購入されたお仲間さんから、ラダーのリンケージをテグスワイヤーに変更したいとメールが来ていました。ご自分で大手のメーカー製キットを製作された時も、上手くリンケージが出来なかったとの事・・・。そこで!本来の私のオリジナル機と同じリンケージに戻して説明します。少々初心者さんには難しく・・・面倒臭いって感じるかもしれませんが、RINDYーU型の初期型機のラダーリンケージの御指定はジェダイ・マスターのリンデン氏ですので・・・、文句なんか言ったらライトサーベルで真っ二つですよ〜・・・。コワイ、コワイ!。真剣白刃取りも通用しない程切れ味の良いのがライトサーベルの威力です。

● 初期型RINDYのラダーガイドパイプを取り外す為にプランク材ごと取り去ります。画像右側は主翼後縁側の胴枠が羽目殺しなのでガイドパイプを通し易い様に切り取ります。後縁側のダウエル棒の受けは画像の様にボックス型ですので、フィルムを貼り込んだ後から木工ボンドをダウ棒に万遍なく塗り込んで差し込むと、全体で接着し支える事になりますので折れ難くなります。

● 取り外した内蔵のガイドパイプは、長さが450mm弱あります。これを真半分にカットすると220mm強となります。パイプの両端を幅約20mmほどペーパーで荒らしてから胴体内部に取り付けるんですが、胴体後縁側のエンドから後部胴体の画像位置までが200mmありますので、画像の様に加工して孔を開けます。後部胴体側はパイプの外部露出分は瞬間接着剤が硬化したら胴体プランク面に沿う様に、カッターナイフを使って削り落として下さい。削り落としたプランク部分はセットに付属しているバルサのシートで充分間に合う筈ですので、プランク材を切り出して接着後仕上げてください。

● 画像はエレベータリンケージを行う為の下準備を表記しています。使用するピアノ線とアジャスターには画像右側のテトラ製のフレキシブルロッドのセットをお買い求め下さい。テトラのカタログ本をお持ちの方は(品番2015・型番MH90)を1セット購入して下さい。本機に使用するのは二本組み中一本だけなんですが、使用する長さが550mm近くになりますのでこのセットを指定しました。ガイドパイプは使用しないんですが、パイプの外径が2mmと細いので今のラジコン模型のリンケージには多大なる威力を発揮出来る優れたパーツアイテムと成りますので、大事に保管しておく事をお勧めします。

● 上記画像は全部この外径2mmのガイドパイプを垂直尾翼に内蔵させた機体です。左画像は垂直尾翼のリンケージなんですが、クロス尾翼の為に左右単独のエレベータリンケージと干渉を避ける為にテグスワイヤーの両引きをプランクした2mmバルサに溝を彫って埋め込んであります。フィルムを貼っても垂直面はツライチですので、表に段差が見えてしまう事がありません。中央画像の機体では、水平尾翼のエレベータにテグスワイヤーを使った両引きのリンケージを内蔵しました。部分プランクの垂直尾翼なんですが、尾翼内を2mmのガイドパイプが走りエレベータの上下から其々パイプエンドを露出させて仕上げてあります。右画像はEDF(電動ダクト機)なんですが、ノーズコクピット内部に全部のメカを搭載する為にエレベータリンケージはダクトとファンユニットを避ける形で、胴体中心キールフレームの縁にガイドパイプを接着固定してコントロールしています。

● まず!搭載するサーボを決めて下さい。5g〜9g程度のマイクロサイズのサーボが良いと思います。ラダーリンケージを変更しますので、本来二個並んで搭載されるサーボは主翼前縁側の胴枠を挟んで直列配置となります。

● 付属のバルサシートを胴体の内部側板に貼り込みます。これはサーボベットとなるベニヤ板を固定する物です。サーボの底面が干渉しない程度に浮かせて搭載出来る寸法で、幅と高さを決めて下さい。サーボベットには予め20mm四方の孔を開けてありますので、お手持ちの使用されるサーボに合わせて加工して下さい。

● エレベータリンケージ用のガイドパイプは画像の最後部しか固定してありません。残りのパイプの固定はエレベータサーボの固定位置が決定し・・・、指で動かしてみて一番軽く動く所で各胴枠のパイプの位置を接着固定して下さい。画像の位置はプランク指示となっていますので、付属のバルサシートで塞いで下さい。


● RINDY-U型を購入された初心者のマニアの方からのメールの返事です。軽量ハンドランチ用のショックコードを使う場合のフック位置について、私の過去のブーガチャン(手投げ後の即墜落の事)込みでお答えします。昭和55年頃に当時とても有名だったガルモデル(故・一条卓也氏)の著書(グライダーのすべて)に、曳航索のフック位置はショルダー型グライダーの場合は機種方向に重心位置から25度の所が最も安定した上昇を得られる・・・。と書いてありました。当時の大手メーカーさんのキットを見ても、大体同じ位の角度でフック取りつけの指示が成されていた様に記憶しています。

● 一条さんの説明では(角度25度)の(B)を基準に強風用・弱風用の(A)と(C)の三つのフックを取り付けておけば、色んな条件に対応出来ると指示してあります。上記イラストの右隅に本機RINDYのフックの台座を記述してあるんですが、(B)〜(D)までのフック位置が其のまま@〜Bに当て嵌まる様に胴体に取り付けます。ただし!、本機RINDYを完成させて自分なりの一番飛ばし易い細かい重心位置の調整が済んだ後に、Bを重心よりも僅か2mm前方に合わせて胴体側を加工して取りつけます。

● 平成22年11月に最初のロット(10機)を製作したんですが、要求されたコンセプトがあまりにもプロ仕様でしたのでそのつもりで量産したんですが・・・。購入されたメンバーさんはグライダークラブの初心者さんが多かった様です。主翼の位置をQRPのロッキーと共通にしましたので、クラブに入会されたグライダー初心者(ENG飛行機とヘリ歴は長いそうです)はグライダークラブのベテランと同じ仕様で製作されて、コントロール不能に陥ってしまいました。挙句の果ては・・・自分のページで散々私をこき下ろし・・・、「設計ミスである!。」と断言までされてしまいました。動力付きの飛行機とヘリコプターを長年楽しんでおられた大御所級の方なら、動力無しのグライダーの操縦方法ぐらい知ってて当然なんですけどねえ・・・。ホバリングから前進飛行に移行するヘリコプターと操縦原理は似てますから・・・。前傾姿勢に入れないと飛行物体は前進しませんからねえ・・・。ベテランと同じ僅かに後ろ重心で、神業的な操縦技術で滞空を競うにしても、河川敷の草地から水辺の上空まで風に流されたら・・・後ろ重心の機体を回収させるのは至難の業です。動力付きの感覚で掟破りの後ろ重心飛行機を扱うのは、モノホンのグライダー初心者です。

◎ 僅かに前重心でグライダーを飛ばす事を好む人は、F3Aやスケール飛行機からの転向組が多いようです。ポンプ付きのENGでは無い単なるマフラープレッシャーのみの飛行機の場合は、ENG直後に燃料タンクを搭載しています。この場合、燃料タンクが空の状態で重心を合わせます。満タンの時は無論前重心なんですが、エレベータトリムで調整出来る範囲に納まる様にメーカーのキットは調整してあります。上空飛行中にガス欠による無動力飛行に移行した場合は、ENG機の設定されたベクトル角を保ちながら降下して来ます。重心を合わせてあるから無動力でも安定した飛行姿勢を保てるんですよ。

◎ 何度も目線の高さからハンドカタパルトを繰り返して重心をピタリと合わせて上空飛行をやる人は、ヘリコプターからの転向組に多いと思います。機体を前進させるにはグライダーはエレベータのダウンの操作をすれば、機体は僅かに降下しますが前進します。高い揚力を発生出来る翼型ならば前進させれば揚力は生まれますので、長い時間の滞空飛行も可能になります。無動力のグライダーには推進装置がありませんので、高度を下げる操作で機速を着けない限り上昇させる事は難しいと言えます。ヘリコプターも前進させる時は、僅かなんですがスロットルを噴かしてやると高度を維持した状態で前進出来ますよ。

◎ ところが世の中には掟破りのマニアが必ず存在します。しかし!後ろ重心でグライダーを飛ばし異次元の滞空をやっているマニアは・・・、初心者さんではありません。自分の愛機の性能を熟知しているベテランフライヤーだから可能なアクロバットなんです。ネット普及後の初心者のマニア・・・特に!リタイヤ組で年金暮らしの人生の大御所さんは、ラジコン初心者であっても馬鹿にされたくありません。同じ様な年代のグループに入りたいって願う場合は、人生の大御所らしくネットで仕入れた知識を駆使してハイテクニックをマスターしたクラブのリタイヤ組のメンバーさんと話を合わせ様と努力します。ラジコンの知識は空っきし初心者なんですが・・・、若輩者の前では会社の部下同様にラジコンの大御所を演じなければ馬鹿にされるって思ってしまいます。でもねえ?・・・誰も馬鹿にしないと思いますよ。知らなくて当然なんですが年上に対する接し方は、クラブの大御所と同じ人生の達人なんだから必要以上に構える心配は要らないです。グライダーの大御所のインストラクター有資格者でも、自分の新作の機体の重心位置の割り出し方法が解からず・・・、私にこっそり尋ねて来る事もあります。ベテラン氏と言えども航空力学の専門的な知識を持っていなくても、クラブ員のメンバーが飛行テクニックが上手か下手位が解かれば良いと思います。私よりも度胸がありますし、操縦も上手いです。持ちつ持たれつで良いのではないでしょうか。

● 上記イラストには(A)〜(E)までの曳航索フックの取りつけ位置を記述してあります。そのフック位置と機体のハンドカタパルト後の姿勢を記述してあります。最初に書いた様にフック(B)で発航した場合は、機体姿勢が適正角度で前進姿勢を保ったまま勝手に上昇して行きますので、完全に重心調整と各舵面のニュートラルが調整されていれば・・・大きな高度獲得は出来ませんが、ただほっとけばその内フックが外れて自由飛行に移って行きます。初心者が一番扱い易いフック位置です。

● (B)のフックの前後に付いている(A)と(C)のフックは(A)が強風用です。風が強いって状態は飛行機がスピードを上げて飛んでいる状態と同じです。曳航索で機体を固定していなかったら、後ろに吹っ飛ばされています。ゴムの収縮と逃げ場の無い姿勢ですので・・・、飛行機は風に正対したまま上昇するしかありません。ただし!下手に高度を獲得しようとエレベータの操作をすると、上昇操作の反応は通常飛行の何倍も機敏になります。むしろ・・・風速が5mを越えたら本機の様な軽量機の飛行は避けた方が良いと思います。(C)のフックは弱風用となります。実はこのフック位置も初心者には不向きです。とにかく・・・、自分の飛行機の挙動を(B)のフック位置で充分知り尽くしたら、(C)フックの使い方が解かって来ますし適正な機体の上昇姿勢も解かって来ます。

● (D)のフック位置は限りなく重心直下に近い前重心位置のフックです。レーシングクラスのF3B機もこの位置で使用していますが、グライダー初心者の大御所が大きな「やっても〜たあ〜・・・。」の河川敷どんぶらこ・・・も、ベテラン仕様の(D)フック位置でした。オマケにやってはいけない後ろ重心調整機です。此れに風速5mです。「この機体は設計ミスである!。」って書く前に、もう一度ヘリコプターの操縦をおさらいして下さい。最後に此処まで説明したら(E)フック位置の危険性位解かりますよね?。重心よりも後ろで機体を調整して・・・、ベテランらしく異次元飛行が出来るのはその道の大御所だけです。代表的なお方はハンノ・プレトナ氏です。後ろ重心のバドライト・レーザーの不思議〜な宙返りとロール飛行・・・、OK模型の社員時代にKMAの飛行場において・・・40クラスのスポーツマンで体験しました。調子に乗って続けて異次元飛行やってたら・・・抜け方が解からなくなってしまい・・・ガチャン!でした。飛行機はバラけるわ・・・新品のOS45FSRのキャブレターは潰れるわ・・・、修理にどんだけお小遣いの前倒しをした事か・・。(E)フックの位置は重心よりも後方ですので、いくら格好良く機体を投げても絶対に上昇は出来ません。後ろ重心の調整でもフック位置は(D)より前方を使いましょう。(フィルムの被覆画像はこちら