不審なプロバイダー「NiceBB」の話

5月の大型連休中の始め

高齢のお客様からインターネットにつながらないという、電話相談があり、訪問してみる、

フレッツ光の設置してあるお宅で、ひかり電話は問題なく使えている

お使いのノートパソコンを拝借して、インターネットエクスプローラーを起動してみるとお客様の指摘とおり表示されません

ホームゲートウェイ(PR-400MI)のランプの状態を確認するとPPPランプが消えている

PPPが消えていると云うことは、プロバイダー接続が出来ていないということなので、

ホームゲートウェイ(PR-400MI)にログインして基本設定を確認すると

接続先のメインセッションに接続先名「NiceBB」となっている、接続の状態は「障害発生中

これではつながらないはず

お客様に尋ねると「NiceBB」に乗り換えた覚えは無いとおっしゃる

これまで「OCN」の契約っだという、書類も残っていたので、スマホから「OCN」のマイページで確認すると、確かに契約が継続中だった

それならば、メインセッションの設定を、「NiceBB」を削除して、「OCN」に書き換えると

すんなりPPPランプが点いて、ネット接続が可能になった

さてここで疑問が残る、「いつどうやって、メインセッションが書き換えられたのか?」

時々、電話での「プロバイダー切り替えの勧誘」があるが、強引さに負けて説明を聞いてるうちに設定をいじられたのか?

お客様は心当たりが無いらし???

今後、「NiceBB」からの請求がなければいいけれど

NTTかOCNから顧客情報が漏れて悪用されてなければいいのだけれど。

お客様には支払い口座を今後2~3ヶ月特に注意するようにお願いした。

この「にせBB」とも読める「NiceBB」とは、どんな会社でしょう?、ネットでの評価は悪い書き込みが多いようですが?

コメントを残す