SONYテレビの自己診断LED点滅回数の解説

SONY 液晶テレビ KDL-40EX500 2011年製 の場合

故障診断例

電源入らず・・・BAL基板のSTBY3.3V確認 OKならBAL基板を、NGならG2HE基板を点検、交換

2回点滅(主電源異常)・・・BAL基板のREG12Vを確認、OKならBAL基板を、NGならG2HE基板を点検、交換

3回点滅(DCアラート、オーディオ回路以上、通信異常)・・・BAL基板のF3700、IC3700、F3701、IC3701、F4200、IC4200、IC9000、スピーカーのインピーダンス、BAL基板+12.5VがNGならG2HE基板を点検

4回点滅(バランサー異常)・・・LCDパネル(バランサー)かBAL基板、PANEL-FAIL確認

5回点滅(T-com異常)・・・BAL基板のPANEL-VCCを確認NGならG2HE基板、OKならLCDパネル(T-con)交換を試す、NGならBAL基板も交換、高額になるかも?

6回点滅(バックライト異常)・・・LCDパネル、BAL基板、G2HE基板

7回点滅(機内温度異常またはRGBセンサーI2C異常)・・・設置環境に問題あり?

私の経験ではBAL基板不良が一番多く、次いでG2HE基板です、両方の場合もあります、LCDパネルが故障となると高額ですから使用時間、年数を考慮して買い替えをおすすめします

ちなみに修理料金の目安は18,000円から39,000円です、

PR
ソニーストア

PR(テレビ、楽天市場TOP20 自動更新中)




コメントを残す