節電・節約 掃除機編

集塵方法は紙パック式かサイクロン方式のかどっちが得か?

紙パック式の利点はゴミ捨てが簡単な事、ある程度溜めてからまとめて捨てられる、欠点は紙パック代がかかること、その代わりに新しい紙袋では新品同様の吸塵力になる、音は同価格帯のサイクロンと比べると静かです、

その昔、今でも業務用の掃除機にあるが布製の袋にゴミをためる方式がある、洗濯をして繰り返し使うのだが、洗濯乾燥が済むまで掃除機は使えないということで紙パックが開発されたと聞いています、その紙パックも目の細かさを変えて3層構造にしたり、防臭抗菌加工したり進化しています。

サイクロン式の利点は紙パックが要らない点が最大、その代わりに頻繁にゴミ捨てがが必要、ゴミ捨ての時、多少散らかったり舞い上がるのは仕方ない様です、ゴミを遠心分離するために風量が多いので音が大きい機種が多い、安いサイクロン掃除機は排気フィルターが目詰まりするので、土埃の掃除には向かない。フィルターの無いこれは使えると思うサイクロン式掃除機はダイソンになる、通販専用機とか安くなってきたが、まだまだ高価かな?

ロボット掃除機「ルンバ」は経済的か?

ルンバに始まったロボット掃除機はかなり一般的になったけど、きちんと部屋が片付いていないと使えない、脱ぎっぱなしの靴下とか、ふかふかクッションに行くてを阻まれ立ち往生している、時にはなぜかじゅうたんの下まで掃除して力尽きていたり、楽しい奴である、

基本的に大きなゴミは吸えないのでつまめるゴミは拾っておく必要がある、

ダストケースには結構埃も取れているようだし、床もつるんとするので、効果はある、エアコンのフィルターに溜まる埃も減ったような気がする

一番のルンバの利点は時間の節約に成ること、100%ルンバに任せられないけど掃除の回数は大きく減らせる、

掃除機の掃除してますか

ゴミやホコリを吸うのだから掃除機も当然汚れる、掃除機自体も掃除しないといけません、特に床ノズルは汚れるので時々点検しましょう

効率的な掃除のポイントは床ノズルを動かすスピード

床ノズルを動かすスピードは意外とゆっくりの方が効率がいい、特に回転ブラシが付いている機種はゴシゴシ床をこすらなくても大丈夫、ゴミセンサーがあれば目に見えないゴミまで吸ってることを教えてくれます、必要以上に時間をかける事もなくなります

私んちのベストな掃除機の組み合わせは!

紙パック式でぱわーブラシ、ゴミセンサー付きの掃除機とロボット掃除機の組み合わせです

理由はフローリングに半分はカーペット、だからパワーブラシは必須です、それに猫を飼っているので抜け毛が散らかる、紙パックがごみ処理が簡単に出来る、ロボット掃除機の掃除には掃除機が必要、という結果でした、参考になりますでしょうか。

追加で注意!汎用紙パックにご注意下さい!

ゴミ捨て便利な紙パックですが、安売りの「何処のメーカーにも使える」紙パックは注意して下さい、ゴミが漏れてモーターの寿命を縮めたり、今話題、もはや常識のpm2.5を止められない物も有るようです、袋の再利用も止めて下さい

汎用紙パックは自己責任で、特性を御理解の上ご使用下さい、

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:

執筆者: