2槽式洗濯機「脱水が回らない」の修理

操作が簡単、少量の洗濯に便利、汚れ落ちが良い、など色々利点があって根強い人気、2槽式洗濯機の修理です、

症状は脱水が回らない

回路図は

VH-60L_haisenzu
VH-60L_haisenzu

本体の何処かに貼り付けてあります、配線図を見てみましょう、脱水モータに直列に脱水タイマーとフタスイッチがあります

まずフタスイッチから調べます、操作パネルを開けるのですがメーカーや年式によって開け方は色々です、今回はパネルビスを3本外して、多少力ずくでパコパコパコとツメを外します

目的のふたスイッチは脱水フタの根本にあります

VH-60L_switch
壊れたフタスイッチ

ここでした、リーフスイッチの片方が折れて落ちていました、1日に10回くらい脱水する施設の洗濯機なので金属疲労も仕方ありません。

交換します

VH-60L_switchoff
ふたを開けた時

新たな部品を取り付けました、フタが空いている時は接点が開いて脱水モーターの電源を切ります、

VH-60L_switchon
蓋が閉まるとスイッチが閉じます

ふたを閉じるとスイッチも閉じて脱水モーターに電源を通します、単純な仕組みです。

配線をつなぎ直します

VH-60L_re02
圧着ジョイント旧
VH-60L_re03
圧着ジョイント新

つなぎ直します、圧着は専用の工具を使いましょう、ペンチなどでカシメても圧が足りずに接触不良になります

VH-60L_re01
配線のまとめ

防滴カバーに収めるため、配線をひとまとめにします

VH-60L_re04
防滴処理

防滴カバーをかぶせてビニルテープで絞ります、口は下になるように固定、古い配線を外し、裏フタを閉じて、動作確認して終了です

比較的簡単な修理ですが、安全のため、素人修理はしないで下さい、電気と機械の基本的正しい知識がなければ、2次故障、感電、火災の危険があります。