「サイレントキラー」高血圧を考える

サイレントキラー

高血圧は自覚症状が少なく、発症した時は脳や心臓の命にかかわる病気の場合が多いので「サイレントキラー(静かなる殺し屋)」と呼ばれます

高血圧はどのくらいの数値から

収縮期血圧(最高血圧)が140以上、拡張期血圧(最低血圧)が90以上になると高血圧と考えられます、

高血圧にまつわる病気

代表的なのは動脈硬化からの脳梗塞、心筋梗塞

高血圧の原因

塩分摂取量が多すぎる…塩分摂取量が多いと体液(血液、リンパ液)中のナトリウムが濃くなる、濃くなりすぎると不都合があるので体が自動的に水分で薄めようとする、薄めるために体液の全体量が増える、血液量も増えてパンパンになるので血圧が上がる

減塩で高血圧対策

えんぶんを適正な料にコントロールする、一日の摂取量を6~10gにする、塩分を抑えると味が物足りなくなるので、お酢、スパイス、出汁で補うようにしましょう

塩分を減らせないもう一つの理由

食塩は脳にとって麻薬と同程度の快感分質だとも言われます、人間に限らず動物は生理的に食塩を欲するものです、昔話で店先に岩塩を置いて、お客の乗る牛や馬の足を止めさせた商売上手がいたそうです

やめられない食塩をどうするか

カリウムは余分な塩分を体からだしてくれる作用があります、結果血圧も下がります、カリウムを多く含む食品は、ほうれん草、サツマイモ、バナナ、アボカドなど

肥満と血圧

肥満も血圧に影響します、肥満の人は必ずと行っていいほど血圧は高めです、体重5kg減量すると血圧は6~8程度下がると言われてます