グーテンベルグ式印刷機

口之津港公園のレリーフに取り付けてある、口之津の歴史を書き込まれた35枚の陶板の内一枚を読んでみましょう。

グーテンベルグ式印刷機

グーテンベルグ式印刷機

グーテンベルグ式印刷機天正遣欧少年使節によって持ち帰ったグーテンベルグ印刷機は加津佐のコレジョに運び込まれた、1591年日本最初の金属活字を使った出版物「サントスの御作業の内抜き書巻第一」が印刷された。

ポルトガル語やラテン語を日本語に訳しローマ字で表記した本であり、セミナリヨなどで教科書として使われた。

その後、キリシタン版と呼ばれる書籍が続々と発刊され、ヴァリニャーノが導入した活版印刷技術は日本のキリスト教宣教活動を支えることとなった。と記されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA