三井三池石炭の海外輸出港として

 

三井三池石炭の海外輸出港として

三井三池石炭の海外輸出港
三井三池石炭の海外輸出港

明治時代、三池炭鉱の石炭は団平船で口之津港まで運ばれ、口之津港から三井物産の船や外国船で香港・シンガポールへ輸出された。明治39年の石炭輸出額は433万円で長崎の2倍であった。

船舶は港を埋め尽くし、三井支店や口之津税関も作られた。当時は国道251号から資料館に至る1キロメートル足らずの通りに162軒の商家が軒を連ね、10年間で人口も一気に倍増して12000人を数えた。と書いてある。