有馬のセミナリヨ(1580~1612)

口之津港公園のレリーフに取り付けてある、口之津の歴史を書き込まれた35枚の陶板の内一枚を読んでみましょう。

有家のセミナリヨ(1580~1612)

有馬のセミナリヨ
有馬のセミナリヨ

ヴァリニャーノは1580年日本における司祭を育成するためのイエズス会の中等教育機関「有家のセミナリヨ」を日本で初めて有馬領日野江の城下町に設置した。

セミナリヨではルネッサンス期の教育が導入され、多くの日本人司祭を輩出した。

禁教令下で殉教した日本人司祭のほとんどはセミナリヨの出身者であった。

江戸幕府の禁教令下において250年間にも及ぶキリスト教徒の潜伏を支えたのはローマから派遣されヴァリニャーノが設置したセミナリヨの教育理念であった。と書かれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA