セビリアの聖母

口之津港公園のレリーフに取り付けてある、口之津の歴史を書き込まれた35枚の陶板の内一枚を読んでみましょう。

セビリアの聖母

セビリアの聖母
セビリアの聖母

有馬領へのセミナリヨ開校によって島原半島には西洋美術技法がもたらされた。マニラで発見された銅版画「セビリアの聖母」は1865年フランス人のプチジャン神父が日本に持ち帰り、有家のセミナリヨで日本人の生徒が制作したものであると判明した。と記されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA