ピーター・ホルストローム船長

 

ピーター・ホルストローム船長(1855~1928)

ピーター・ホルストローム船長
ピーター・ホルストローム船長

スウェーデン出身のピーターさんは1890年頃から三井社船の船長として活躍し外国人船長として最後まで日本に残り、口之津船員の養成に尽力した。

「ピーターさん」の愛称で親しまれ、口之津に居を構え、墓は大屋「真乗寺」墓地にある。

勲四等瑞宝章を日本政府より授与された。と書いてあります。