南蛮船の来た港

南蛮船の来た港   白石正秀

南蛮船来航の地
南蛮船来航の地

公園の新緑に映える真紅の『なんばん大橋』は、口之津を象徴する名所として多くの人に知られています。

『なんばん』とは、その昔、口之津に来航して南蛮貿易を始めた南蛮船になぞらえた名称で、実にうがった命名だといえましょう。

さて、その南蛮船とは、ポルトガル船とスペイン船をいいますが、スペイン船の来航は極めて短期間であったので、南蛮船といえば専らポルトガル船を言うようになりました。

ところで、このポルトガルという国は、海外進出を始めた500年前の頃は人口わずか120万人の小国でありながら、世界の海に乗り出して、あの大航海時代をつくった実に素晴らしい国であります。また、海の向こうの未知なる土地に富を探す情熱に加えて、精悍な闘争心と冒険心を持つ国でもありました。

この国の船が大洋を越えて、はるばる我が国の平戸に入港したのは、天文19年(1550)でありました。これを迎えた平戸の領主松浦隆信は、転がり込んだ利益で大歓喜でしたが、この裏にはキリスト教布教の責務が大きく負わされていました。

※まだ文章はつづくのですが今日はここまで

南蛮船口之津出港の絵
南蛮船口之津出港の絵

 

リスボンより口之津へ向かう南蛮船
リスボンより口之津へ向かう南蛮船