インクカートリッジの重さを量ってみる

IC6CL70Lを量る パソコンと周辺機器
IC6CL70Lの重さを量る

いきなり広告インクカートリッジ

2013年10月中旬、早いもので今年も年末の計画を考える時期になりました、

年末と言えば、クリスマスに、忘年会の案内状、年賀状作りと

プリンターが活躍するシーズンとなりました

でインクを買おうと思ったら

最近のインクカートリッジは増量タイプがあるけれど

どれ位、違いがあるの、

メーカーのインクコスト計算だと1枚当たり数円の差があるけれど

実際の分量て・・・?、と思って重さを量って見ました

CIMG3965

まずは、最近のエプソン インクジェット複合機で定番のインク IC6CL70

標準容量 新品未開封の状態で 156.8ḡ です

次に増量タイプ

CIMG3964

エプソン IC6CL70L 増量 6色パック 新品未開封  176.3ḡ です

2種の差は19.5ḡ カートリッジの形状や包装が同じ様なので、

重さの差はインク量の差と考えて良いでしょうか?

6色パックだから1色当たり3.25ḡ

 

販売価格では IC6CL70 3,490円  増量タイプ IC6CL70L 5,490円

旧モデル IC6CL50 5,980円 よりは安くなってます。

 

19.5ḡで2,000円の差・・・

インクって1ḡ約100円!て事・・・・?

メーカーの事情も有るでしょうが、もう少し安くなりませんか! ?

 

もっと旧モデル で 初期のつよインク IC6CL32  6色パック

まだ現役で頑張ってるプリンターも有るでしょう

CIMG3963

エプソン  IC6CL32 6色パック 新品未開封は 281.8ḡ

新型のインクカートリッジよりかなり重い、タンクの形状や構造の違いでしょうか?

以前、自宅で使っていたのでその時の実測データーから

インク単体の重さの比較 IC?32

新品、本体にセットする直前の重さは 39.2ḡ ~ 39.8ḡ でした

残量表示0で取り外し後 27.6ḡ ~ 29.2ḡ でした

使用重量は 10.0ḡ ~ 12.2ḡ その差2.2ḡかなり幅があります

ICチップが計算するインク残量でプリンターが止まるので実際は少しタンクに残ります

 

インクを使い切るには、ICチップをリセットすればいいのですが

いつインク切れするか解らず、最悪 高価な写真用紙をダメにします

更に、一旦インク切れすると、クリーニングに尋常でないインクの量を必要とします

それも1色ではなく、6色全部

 

インクジェットプリンターは2,3ヶ月使わないと、プリントヘッドのつまりで

正常な印刷ができなくなります、その場合、クリーニングと言う操作で、機械が

インクヘッドからポンプで吸い出すことをしますが

エプソンのプリンターは年をとるごとにクリーニングの回数が増えていきました

3、4回続けてクリーニングすると残量計は確実に1目盛り減ります

精神衛生上良くありません、限界です、買い替えです

 

でインクタンクが透けて見えるキャノン製に乗り換えることになりました

現在のインクタンクは透けて無いようですが、 「見えればいいのに・・・」

 

キャノンのインクカートリッジも量ってみました

CIMG3966

BCI326+325 6色パック 195.7ḡ 実売価格5,490円

BCI326+3255色を量る

BCI326+3255色を量る

BCI326+325 5色パック 168.6ḡ 4,690円

次は最新のBCI

CIMG3968

BCI351+350 5色パック 161.9g  実売3,980円

前出の BCI326+325 より軽くなってます、 減量?

この機種も増量タイプがあります

BCI351+350XL 5色パック 増量タイプは型番末尾にXLが付きます 実売価格5,980円

価格設定から察すると「増量タイプが標準品で

標準品が価格対策で出したのかな?と思ってしまいます。」

実物がまだ手元に無いので

測定は後日 をお楽しみに

PR

ブラザーダイレクトクラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました