シーリングライトの改造、蛍光ランプからLEDに

HNZ2839K外観 修理
HNZ2839K外観

お気に入りの天井照明器具のLED化

お客様のご依頼

奥様から「リビングのシーリングライトがちらつく、しばらくすると暗くなる、修理をお願い」で診断です

HNZ2839K外観

HNZ2839K外観

カバーを外すとFCL40とFCL32の2本です

HNZ2839K本体

HNZ2839K本体

さらに分解します

HNZ2839K基板

HNZ2839K基板

インバーター基板ですが永年の使用で変色しています

LEDのシーリングライトと交換を勧めたのですが、気に入るデザインが無いのと思い入れがあるそうなので外見をそのままに中身をLED化する事になりました

HNZ2839Kベース

HNZ2839Kベース

基板を外してベースの鉄板だけになりました、中に収めるLED器具を重ねてみます

HNZ2839KのベースとLED本体

HNZ2839KのベースとLED本体

何とか収まりそうです

HNZ2839KのベースとLED本体

HNZ2839KのベースとLED本体

ベースの中央部分をくりぬく必要があります

P1020176

幸いにも中央部分はつなぎ合わせの構造だったので、くりぬき作業は意外と簡単にすみました

HNZ2839KのLED化を計量

HNZ2839KのLED化を計量

カバーが立派なので結構重量があります

約5㎏ですね、引っ掛けシーリングの耐荷重が5㎏までなので重さ的にはギリギリセーフですが、安全のためビスで固定できるようにベースにネジ穴を4か所あけておきます

P1020182

ここまで準備ができたら、取り付けに行きましょう

HNZ2839KのLED化

HNZ2839KのLED化

フラッシュを使ったほうがよかったかな?写真の出来が悪いですが、

リモコンで調光と調色できるので、お客様には満足していただきました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました