〇 萱場式・A3−1(主翼・生地完成:胴体ウレタン純白鏡面仕上げ)¥受注生産


 全長・・・・・・650mm

 翼長・・・・・・1700mm

 全備重量・・1100g

 翼面積・・・・50,4du

 翼型・・・・・・ラムロットSカンバー変化翼

 プロポ・・・・・2〜3ch

 仕様・・・・・・無動力・スロープ専用グライダー

 ●  ホルテンタイプの無尾翼である萱場式グライダーのキットはガルモデルより発売されていました。その存在は学生の頃から知っていましたが、実際に手にしたのは自衛官になってからでした。とにかく数が少ないので早めに注文しておかないと九州地区までは廻って来ません。当時の北九州・平尾台の吹き上げ峠にはガルモデルの沢山の機体が舞っていました。その中の一機がこの萱場T型です。ラジコン技術の製作記事では一条氏自身の執筆でキットタイプの二分割翼から一体型の縮小機を紹介しておられました。最近福岡のマニアの方がこの機体のコピーをした記事を同氏のホームページで拝見しました。主翼の動翼にはムクのエルロン材を使用して更にエレボンに変更してありましたが、氏の神業的な操縦技術で画像からは優雅な飛行姿勢が手に取るように伝わってきます。

 ●  今回この萱場式グライダーの実機三面図を元にこの一条氏の機体と合体させてみる事にしました。動翼も一条氏の萱場機同様に徐々に反り返るエレベータ材とエルロン材を自作するつもりです。過去ホビーホークという主翼が綺麗に弧を描いて反り上がる機体のキットを製作した事があります。難しかったのですが当時の技術は今も覚えています。それに比べるとこの動翼の反り上げの加工ぐらい朝飯前で量産可能です。治具を作るのに少々時間が掛かりますが、その上で組んで接着剤で固めてしまえば一条オリジナル工法より確実に量産が可能となります。治具材の製作には小学生が使うコンパスと長めの定規があれば作図は可能です。中学生の頃、ラジコン技術誌の製作記事の常連だった山本昇氏に比例コンパスの使い方を詳しく教えて貰わなかったら、多分今の私は居なかったと思います。比例コンパスを使い倒すと翼型作図のある法則に辿り付きます。山本氏は私に此処に着目して欲しかったのだと思いました。此処から先はCADの世界です。しかし、わざわざCADを使う事も無いと思いましたので、現在も比例コンパスは使いますが片翼2mを越える大型グライダーの場合、リブの数は30枚を超えてきます。自分なりに辿りついた法則を使い作図した後は、比例コンパスをデバイダーに持ち替えサクサクとリブの座標をトレースしていきます。

 ●  コントロール・ファンクションは3ch3サーボですが、主翼は二分割翼となります。カンザシはバルサとカーボンシート・カーボンロッドの混合型、テーパーカンザシとなります。機体もスチレン材とバルサの混合構造となりますので、実機の綺麗なアールが再現出来ると思います。一条氏と同じロッドによるリンケージではありません。テグス・ワイヤーによる両引きのリンケージですので実機と同じくかなり切れのある飛び方をする筈です。

九帝五型・阿蘇号・セミオーダーシステム7部組み生地完成・テスト用の試作機は細身の胴体で既に飛行済みです。後は・・・この図太い胴体をどういう材料で組み立てるか・・・思案中です。

● 詳しくは・・・HANGER-9へ続く