洗濯機修理例、パナソニック NA-FA70H1,エラーU12、H12の場合

NA-FA70H1

全自動洗濯機の修理事例、Panasonic NA-FA70H1 2014年製

NA-FA70H1
NA-FA70H1

症状としては「時々、エラーU12の表示が出て止まる」

この時々というのが 困ったもので、訪問して症状を確認しようとすると決まって正常なふりをする、サービスモードでエラーの記録を見てみる

お客様に話を聞いてみると、センサーの接触不良みたいな感じ

自己診断機能でU12は、ふた開閉異常、正常ならばふたを閉めれば解除されるはず、ふたを閉めても解除されないのなら「ふた開検知センサー」か「ふたロックスイッチ」のどちらか

どちらか一つに絞る方法はおまかせ運転で布量判定後30秒以内にエラーが出る場合は「ふたロックスイッチ」の方、2分くらいでエラーが出るなら「ふた開検知センサー」の方がプログラムに関係するらしい

今回は症状が時々なので判断が難しい、お客様の話から今回は「ふた開検知センサー」を交換をしてみることにする、「予想が外れたら2度手間だね」といってくれるおおらかなお客様で助かります。

エラーU12と似たエラー表示にH12があります

エラーH12は「SFスイッチ異常」です、SFスイッチは脱水時のアンバランス検知用です、洗濯物の片寄りで脱水時に想定外に洗濯槽が揺れた時に働くスイッチです、洗濯機が暴れないようにする安全装置の一つです

脱水時アンバランスでエラーH12が出て止まることが多いとか、変な音がするようになったら、「軸受」の寿命かもしれません

「軸受」はパルセーター(洗濯羽根)の下にあって洗濯機で一番負荷のかかる部品です

このNA-FA70H1の「軸受」はメカケースとモーターが一体になっています

「軸受」部品名メカモータの交換は洗濯槽を外す専用工具(フランジナット回し)が必須です、ちなみにNA-FA70H1のメカモーター部品価格は9000円(税別)です、メカケース、メカモータはメーカー保証期間2年間です、

脱水時のアンバランスにならないようにする裏技的な事に、洗濯物の絡まない方法として、

ワイシャツの袖のボタンを胸ボタンに停めておくとか、長袖の服は袖を引っ込めておく、

少量の洗濯の時は洗濯ネットを使わない

などとテクニックがあります、色々と試しながら洗濯上手に成って下さい。