✈ 昭和の名機(無動力・ガチンコ・グライダー)

● ラジコン技術誌が一番勢いがあって記事が面白かった時代は、昭和40年代初頭から50年代の終わり位まででした。とにかくメーカーのバルサキットも、紙面を彩る自作機の製作記事も・・・どれも良かったです。それだけ、メーカーの開発部も自作大好きのモデラーさんも、熱かった時代でもあります。

● そういう時代において・・・各メーカーから発売されるグライダーのキットは、メーカー毎の色んな特色があってユーザーには選択の自由が沢山あった時代です。此処に記載するグライダーは、私がまだ若かった時代に販売されていた昭和の名機を紹介します。私個人がそう思ってるだけなんですが、現在の業界の状況を見れば一目瞭然・・・。完全完成機でないと売れない時代と成ってしまいました。バルサキットはプラパーツや金属パーツを入れなきゃ不親切・・・とか、フィルム張り完成機はサーボがセットされなきゃボッタくり?・・・とか・・・。いやはや・・・大変な時代に成っちゃいました・・・。

● 此処に紹介する昭和の名機は、誰もが認めるグライダーばかりだと思います。現在の私の年齢より上のモデラーさんも、平成生まれのモデラーさんも・・・、現在でも通用する技術のオンパレードですよ。図面のみの紹介ですが、暗闇の黒猫探しで自作の暗礁に乗り上げてるモデラーの参考になる様に記載していきます。もし・・・図面から欲しい情報があればメールでご連絡下さい。

● 尚・・・此処に紹介する機体の製作販売はしません。しかし、同等の性能を有するオリジナル設計の機体は、受注生産もしくはバルサキットで販売する可能性はあります。まずは、現在の当工房の大先輩であるプライベートワークスの機体から紹介していきましょう。多分・・・懐かしさと新しい発見をされるかと思います。徐々に大手メーカーさんも混じってきますよ・・・。

 ✈ FROSH (フロッシュ=蛙) (オーギ・セール・プレーン

 ✈ B-18 (ガル・モデル)

 ✈ ROSS RS-1 ZANONIA (ガル・モデル)

 ✈ SAGITTA 600 (R/C モデラー・マガジン)

 ✈ ROBIN 25 (丹菊・モデル・クラフト)